ワカンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワカンダ王国
Kingdom of Wakanda
作者 スタン・リー(ライター)
ジャック・カービー(アーティスト)
種類 アフリカ君主制
主な
キャラクター
ブラックパンサー
マン・エイプ英語版
Vibraxas
ストーム
ジェントル英語版
初登場ファンタスティック・フォー英語版』#52(1966年7月)

ワカンダ(Wakanda)は、マーベル・コミックより出版されているアメリカン・コミックスに登場する、アフリカの架空の国[1]。アフリカ先住民の国々の中でも主要とされ、スーパーヒーローのブラックパンサーの本拠地およびヴィブラニウムの原産国でもある。

スタン・リージャック・カービーにより生み出され、『ファンタスティック・フォー英語版』#52(1966年7月)で初登場した[2]

語源[編集]

"Wakanda"(ワカンダ)の名称の語源には諸説ある。スー族"Wakanda""Wakonda""Waconda"ワカン・タンカ)と呼ばれる神にインスピレーションを受けたとする説、エドガー・ライス・バローズ1915年に執筆した小説(出版は死後の1957年)『The Man-Eater』に登場する架空のアフリカ部族 "Wakandas" を由来とする説[3]ケニアカンバ族"Akamba""Wakamba" を由来とする説[4][5]コンゴ語で家族を意味する "kanda" を由来とする説[6]がある。

所在地[編集]

MCUでは、ワカンダはトゥルカナ湖の真北で、ケニアエチオピアウガンダ南スーダンに隣接する架空の地点となっている。

ワカンダの位置は東アフリカと設定されているが、その正確な位置は出版時期によって様々となっている。タンザニアの真北に位置するとするものや[7]、『Marvel Atlas』#2[8]のようにトゥルカナ湖の北端に位置し南スーダンウガンダケニアソマリアエチオピアの間(かつ架空の国 Azania、Canaan、Narobia に囲まれている)に位置するとするものもある[9]マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)では、『Marvel Atlas』#2での位置が採用されている(詳細は後述)。タナハシ・コーツによる近年のストーリーでは、ワカンダは架空の国 Mohannda、Canaan、Azania、Niganda の近くのヴィクトリア湖に位置している[10]

原作上の歴史[編集]

信仰[編集]

主に古くからの伝説に登場するパンサーの神を信仰している。また、禁止された宗教にはホワイトゴリラ教が存在する。

他のメディア[編集]

テレビ[編集]

OVA[編集]

  • Ultimate Avengers 2』では、エイリアンの侵攻の標的として登場。外部のすべての者を敵とみなす極度の孤立主義国家として描かれる。

映画(MCU[編集]

概要と歴史[編集]

MCUにおけるワカンダは、中央アフリカの小国である。国土の位置としてはトゥルカナ湖の北端で、エチオピア南スーダンウガンダケニアに隣接する架空の地点となっている。この地域は現実ではイレミ・トライアングルとして知られる国境地域で、周囲の国々が領有権を主張している。『シビル・ウォー』では描かれた地図に加え、立地が海岸から遠く離れた中央山脈の中にある内陸国であることが裏付けられた。

表向きは農牧業が盛んで、古来の文化と歴史と伝統を有する発展途上国だが、実は太古の昔にこの地に落下した隕石に秘められた希少鉱石“ヴィブラニウム”の研究を進め、最先端の科学技術や高度な医療技術などの文明を急発達させており、現時点において地球上でもっとも発展した国家を形成している。

非常に高度な文明を有していることから、世界中からヴィブラニウムや先進技術をはじめとした本国の資産の盗難・悪用・争奪を想定して、大昔から国自体の存在を厳重に秘匿しており、国内に侵入者が現れたら決して生かしては帰さない姿勢を崩さず、同時にスパイを世界中に放って国際的動向を探り続けてきた。外界で起こっていた奴隷や戦争などの人類の残虐な歴史を認知しながらも歴代の国王は、本国を守護する戦士“ブラックパンサー”として本国の秘密とヴィブラニウムを守ることに徹し、外界に干渉せずに世界から本国の存在を隠す目的で、辺境の山々などの大自然に加えて、ジャングルに偽装した高度なホログラフィックプロジェクションとバリヤーで国境の周りを覆い、外部からの隔離を強固にした。そのため、本国は貧しい牧畜民の住む第三世界の小国に見せかけて、他国の支援を受けず、国民もスパイ以外は滅多に国外に出ないなど、厳格な鎖国状態を長年一貫してきた。

だが2016年、国王“ティ・チャカ”のソコヴィア協定調印式への出席、その際のテロ攻撃に巻き込まれたティ・チャカの死、それに伴って彼の息子である王子“ティ・チャラ”への王位継承、本国と因縁を持つテロリスト“エリック・キルモンガー”こと“ウンジャダカ”による王位強奪に始まる本国の内乱など、前代未聞の事態が立て続けに起こり、これを機に新国王となったティ・チャラは、本国を全世界に開国することを決意した。

余談だが、国内から拝める朝日と夕日は、この地に慣れ親しんだ国民たちをも飽きさせずにその心を奪うほど美しい。

地理[編集]

ゴールデン・シティ
ワカンダの首都で、別名“ビルニン・ザナ”。緑豊かな河谷、天然資源の豊富な山脈のほか、そびえ立つガラスの超高層ビルはわらぶき小屋の円筒形の屋根のような独特な形状をしているなど、最先端の技術と伝統的なデザインを融合した街並みを築いている。ビルの谷間にはバザーが開催されており、その雑踏の中を交通機関である磁気浮上式バスが運行している。“ステップタウン”という地区もあり、そこでは流行の最先端を行く民たちがアフロパンク風の服を着ている。
宮殿
ゴールデン・シティに位置する、ゴールデン族の御殿。国王と各部族のリーダーたちが集い評議会を開く謁見の間や、航空機の発着設備などが構えられている。
航空機の発着設備は、鎖国時代には専ら王族の専用機である“ロイヤル・タロン・ファイター”のためのものだったが、開国後の『インフィニティ・ウォー』では、本国に来訪したスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカたちアベンジャーズが乗ってきたクインジェットを着陸させている。
バシェンガ山
ワカンダの代表的な山岳で、その名はワカンダの歴史の中で最初にブラックパンサーとなった男の名前に由来している。山頂には航空機の発着設備が、中腹には巨大な黒豹の像がそれぞれ構えられており、双方共に山岳の地下の“グランド・マウンド”へ繋がる空洞がある。
キルモンガーにより、本国が一時的に支配され、ティ・チャラたちとの間で発生した内戦の舞台にもなった。
グランド・マウンド
バシェンガ山の地下に位置する、太古にこの地に落下したヴィブラニウムの隕石によって形成された、世界で唯一のヴィブラニウムの巨大な鉱床。前述の2つの空洞とは複数のエレベーターで繋がっており、鉱床の所々が青色に妖しく光り、高速でヴィブラニウムを運ぶ目的で複数の“マグレヴ・トレイン”が走る線路が張り巡らされている。線路には加工前のヴィブラニウムを不活性化させて、安全に高速輸送させるために必要な“ソニック・スタビライザー”という光るパネルが多数備わっている。
ここの線路で、ティ・チャラとキルモンガーの最後の決闘が繰り広げられた。
シュリのラボ
バシェンガ山地下に建てられた、“ワカンダ・デザイン・グループ”の技術開発研究所。所内はシュリの発明品や医療設備が多数置かれており、ここから“リモート・アクセス・キモヨ・ビーズ”を取り付けたビークルを遠隔操作することも可能で、さらに壁際の巨大な窓からグランド・マウンドを見渡すことができる。窓は強化ガラスとなっており、ブラストを浴び続けても一定時間分は耐えられる。
ワカンダ・メディカル・センター
世界最先端の医療技術を誇る、ワカンダの医療施設。『シビル・ウォー』のラストでは、バッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャーがここの冷凍睡眠装置を身を委ね、『インフィニティ・ウォー』ではシュリがヴィジョンの額のマインド・ストーンを取り除くための手術を行った。
ウォーリアー・フォールズ
ワカンダの王位継承の儀式の場となる一組の滝。滝の頂上の水中に隠されている装置に衝撃を与えることで流れ落ちる水を抑えて、儀式を見届ける各部族の人たちが立ち並ぶための岩肌を露出させる。
共同墓地
ワカンダの国民たちが崇拝する、彼らの先祖が眠る場所。同時にここでヴィブラニウムの影響で数百万年前から変異してきた原産植物の“神秘のハーブ”を貯蔵しており、ズリによってこの場所と共に管理されていた。
ジャバリ・ランド
ゴールデン・シティから遠く離れた雪に覆われる岩山一帯に、ジャバリ族が自分たちの土地として築き上げた孤立した領地。
ティ・チャラがキルモンガーに儀式で一度敗れた後に逃げ延びたナキアたちは、エムバクらジャバリ族の協力を得ようとこの地を訪ねた。
ゴリラ・シティ
ジャバリ族が住む町。雪山の中腹に築き上げられた集落は、広大で美しい木造建築の数々が立ち並び、山頂には別荘のようで長大な橋が架かったエムバクの御殿が構えられている。
キルモンガーに一度敗れて意識を失った状態のティ・チャラも、エムバクによってここに収容されていた。

このほかにも、ボーダー族の集落や、バッキーが眠っていた村などが、ワカンダが登場するMCU作品で描写される。

部族[編集]

ワカンダの国民は、“ゴールデン族(王族)”を筆頭に、“リバー族(川族)”・“ボーダー族(国境)”・“マーチャント族(商人)”・“マイニング族(鉱山)”・“ジャバリ族”の計6つの小部族で構成される。公用語は英語とコサ語だが、前者は過去に他国によってワカンダが植民地化されたことがないため全てアフリカ訛りで、文字は象形文字を使用している。また、国民には姓名がなく、親子であるティ・チャラとティ・チャカも“ティ”が姓字というわけではない。部族ごとに物事に対する見方が異なり各々の指針があるが、そのうちの4つ(リバー族、マイニング族、マーチャント族、ボーダー族[11])は1万年前に初代ブラックパンサーの統治下で統一され、原作同様に“バースト”と呼ばれる守護神の黒豹を信仰している。

彼らは挨拶や敬礼の表明などの際には、拳を握った両腕を身体の前にクロスしながらワカンダ・フォーエバー(Wakanda Forever)と発声し、祖国を讃える。

ゴールデン族
黒や紫をイメージカラーとする、ワカンダの頂点に立ち、統率する部族。ティ・チャラや彼の家族が属する。
ボーダー族
青をイメージカラーとする、ワカンダの国境を警備し、他国からの侵入を防ぐことを使命とする部族で、リーダーはウカビ。この部族に属する者たちの髪型は、男性が刈り上げ、女性は現代的なアップヘアとなっている。その使命から、攻守のバランスがとれた武器を装備し、村で戦闘のためのサイたちを飼育・訓練している[注釈 1]。国への忠誠心も高いため、例え他所者に王位が移行しても、ウカビが認めればその者に従う。
リバー族
緑をイメージカラーとする部族で、この部族に属する者は草花や貝殻で作られた髪飾りを装飾品として身につけている。この部族のリーダーは、下唇に円盤を埋めており、ナキアも属している。
マーチャント族
ワカンダの国内貿易を使命とする部族。
マイニング族
ヴィブラニウムと、その鉱床であるグランド・マウンドの管理・採掘を使命とする部族。この部族に属する者は、頭髪に赤土を塗る。
ジャバリ族
1万年前の初代ブラックパンサーの統治による統一を唯一拒否し、ワカンダの人里を離れて遠くの山奥で暮らしてきた部族。リーダーはエムバクで、彼らは独自の文化を築いただけあって、英語とイボ語の方言を言語とし、ハヌマンと呼ばれるホワイトゴリラ神を信仰して、自らヴィブラニウムの使用を断ち、自然主義を表す毛皮と木を主な資源として活かすなど、他の部族とは異なる点を数多く有している。ワカンダの国民の一部ではあるが、彼らに対するブラックパンサーの支配は薄く、何世紀もの間国王に忠誠を誓わずにいたため、昔の取り決めにより王位継承の儀式への実質的な参加資格はない。この部族の戦士たちは皆、他の部族以上で大柄で屈強な体躯を誇り、木や毛皮を加工しただけの武装を用いる。さらに戦地に現れた際には、敵への威嚇としてゴリラのように吠える。

役職[編集]

ウォー・ドッグ
世界各地で諜報活動を行うワカンダの国際スパイ。ワカンダの秘密を狙う外敵の対処と、ワカンダが世界から隔絶しないように、国際的動向の調査を主任務とする。彼らの下唇の裏には、ワカンダ人の証明である青く光る象形文字のタトゥーが彫られている[注釈 2]
ブラックパンサー』には、ナキア、ウンジョブ、ズリがこの役職に就く者として登場する。
ドーラ・ミラージュ
ワカンダ国王親衛隊であり、本国最強の女戦士部隊。オコエが隊長を務め、隊員たちは皆スキンヘッドが特徴で、選りすぐりの戦闘能力を誇る者たちであり、国王への忠誠心も厚い。赤い防護服を着用し、戦士を守り階級を表す首のリングとビーズで飾られた甲冑を身に付け[注釈 3]、ヴィブラニウム・スピアで武装する。ナキアもかつてウォー・ドッグに就く前には、この部隊に属していた。
ワカンダ・デザイン・グループ
バシェンガ山地下のラボを活動拠点とし、シュリに率いられる世界最高水準の技術開発チーム。その技術力を活かして、ワカンダ国民の暮らしから業務にまで幅広い分野で使われる、ヴィブラニウム製のものを中心とした世界屈指の超高性能ツールやビークルなどを多数開発しており、今日でもシュリたちによって最新鋭の発明品が生み出されている。

行事[編集]

王位継承の儀式
ワカンダで新国王就任の資格を持つ者が、その王位へ即位するために挑む伝統的な儀式。その儀式はウォーリアー・フォールズでの決闘と、共同墓地での神秘のハーブの飲用の2段階となっている。
ウォーリアー・フォールズでの決闘では、全ての部族の代表者たちが前座の踊りを披露して新国王候補者の入場を迎え、儀式を執り行うズリが、各部族へ儀式の“挑戦者”がいるかどうかを尋ねる。この時、新国王候補者が既に神秘のハーブの力を得ていたら、尋ねる直前にハーブとは別の薬草を飲用して力を一度抹消しなければならない。尋ねられた全部族の代表者は、挑戦の放棄を表明する若しくは挑戦者を名乗り出させる。後者の場合は、ここから新国王候補者と挑戦者の最小限の武装による1対1の決闘が開始され、浅い滝壺に両足を浸からせながら、どちらかが降参或いは死亡することで勝敗が決まり、挑戦者全てに勝利するまで戦い続けなければならない。また、決闘中は自身の仲間たちに武器を構えさせ、自身の背後を取り囲ませることも許可されている。戦いに勝ち続けた者は正式に王位継承者と認められ、その人物による“ワカンダ・フォーエバー”の発声でその場を閉幕する。
そして共同墓地での神秘のハーブの飲用に移り、王位継承者はズリたちによってハーブを飲用され、その直後に一定の時間だけ精神世界で亡くなった近親者を含めた自身の先祖と出会い、言葉を交わせる。これを終えると、王位継承者は晴れてワカンダの国王、そしてブラックパンサーに就任する。
以上が本儀式の流れであり、『ブラックパンサー』でティ・チャラは2度に渡ってこの儀式に臨み、1度目は実質的な参加資格を持っていないにもかかわらず挑戦してきたエムバクに苦戦しながらも勝利し、王位を継承したが、2度目はキルモンガーの挑戦に敢えて応えたものの敗北し、王位を奪われてワカンダを一時支配されることとなった。

各作品での描写[編集]

アイアンマン2』(2010年)
直接の言及はないが、終盤でトニー・スタークニック・フューリーの背後のモニターに映し出された地図にワカンダの位置が大まかにマーキングされている。
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
MCUにおいては初めて国名が登場する。ユリシーズ・クロウが入手したヴィブラニウムの唯一の原産国と判明し、ブルース・バナーが初見で発音を間違えながらも国名を口にする。
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)
MCUにおいては初めて、ティ・チャカとティ・チャラ、その別の顔であるブラックパンサーが登場する。本作の終盤ではスティーブとバッキーの避難先として国の内部も初めて描かれる。
本作ではティ・チャラとティ・チャカがコサ語で会話するシーンがあり、ティ・チャラ/ブラックパンサーを演じたチャドウィック・ボーズマンは「ワカンダがどこにあるかに基づいて地域的なアクセントを付けている。キャラクターの文化的側面を大量に調査し、たとえ架空の文化でも、実際のアフリカの文化と地続きになる方法を考えた」と述べている[12]
『ブラックパンサー』(2018年)
本作でワカンダが顕著に描かれ、劇中でその背景と文化をさらに進展させた。原作同様、ブラックパンサーの超人的な強さは、神秘のハーブによって得られていることも描かれている。本作開始時点では国王は不在で、新しいブラックパンサーであるティ・チャラが、王としてワカンダを隠し守り続けたい忠誠心と、国境を越えて混沌とした外界を助けたい良心との葛藤や、キルモンガーとの王位の争いが描かれる。最終的にティ・チャラはキルモンガーを打ち負かし、国連の演説にて真のワカンダを世界中に明らかにした。
本作の人気によって、現実での世界中の選手や有名人の間で、勝利後にワカンダ・フォーエバー(Wakanda Forever)の敬礼を表明することが流行した[13]
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年)
サノスがインフィニティ・ストーンを狙っていることを知ったアベンジャーズは、ヴィジョンの額から彼を殺さずにマインド・ストーンを取り除く先進科学を持つワカンダを訪れる。そこにサノスの軍団の攻撃を受け、アベンジャーズはワカンダ軍に加勢し応戦する。

ゲーム[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 戦闘時にはウカビが角笛を吹いて呼び寄せ、地面を掘りながら現れる。
  2. ^ この役職に就いていないキルモンガーの下唇の裏にも彫られている。
  3. ^ 設定では、このビーズはドーラの戦士たちが自分の娘へと引き継いでいく家族のお守りとしての役割も果たすと言われる。

参考[編集]

  1. ^ GEORGE GENE GUSTINES (2016年7月22日). “Marvel’s World of Wakanda Will Spotlight Women, on the Page and Behind It”. NYT. https://www.nytimes.com/2016/07/23/books/black-panther-marvel-comics-roxane-gay-ta-nehisi-coates-wakanda.html 2016年7月26日閲覧。 
  2. ^ Cronin, Brian (2010年9月19日). “A Year of Cool Comics – Day 262”. Comic Book Resources CSBG Archive. 2010年9月29日閲覧。
  3. ^ The surprising religious backstory of ‘Black Panther’s’ Wakanda
  4. ^ Kenya: The Kamba tribe, including its traditions and beliefs; the religion practised; and whether female genital mutilation is practised
  5. ^ Black Panther: storia, cultura, geografia e religioni del Wakanda,
  6. ^ Black Panther – Découvrez la vraie signification de Wakanda
  7. ^ Fantastic Four vol. 3 #21
  8. ^ Michael Hoskin, Anthony Flamini, Eric J. Moreels & Stuart Vandal (w). Marvel Atlas #2 (2008年5月), Marvel Comics
  9. ^ Searching for Wakanda: The African Roots of the Black Panther Story
  10. ^ Conceptualizing the Black Panther
  11. ^ Teen Vogue, Black Panther
  12. ^ Russell, Scarlett (March 11, 2016). "Captain America: Civil War won't be visiting Black Panther's home country Wakanda". Digital Spy.
  13. ^ Weaver, Hilary. “The “Wakanda Forever” Symbol Is Showing Up Everywhere” (英語). Vanities. https://www.vanityfair.com/style/2018/03/the-black-panther-wakanda-forever-symbol-is-showing-up-everywhere 2018年3月27日閲覧。 
  14. ^ Todd Spangler (2015年10月9日). “‘Marvel Battlegrounds’ Disney Infinity Play Set Features Revealed – Variety”. Variety.com. 2018年2月21日閲覧。
  15. ^ Schmidt, Joseph (2017年7月21日). “SDCC17 Marvel Vs. Capcom: Infinite: Live Blog”. Comicbook.com. 2018年2月21日閲覧。

外部リンク[編集]