エル・パソ (テキサス州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカ合衆国 > テキサス州 > エル・パソ (テキサス州)
エルパソ市
City of El Paso
Elpcollage scaled.jpg
Flag ElPasoTX.jpg Seal ElPasoTX.jpg
市旗 市章
愛称 : The Sun City[1]
位置
エルパソ市の位置(テキサス州)の位置図
エルパソ市の位置(テキサス州)
座標 : 北緯31度47分25秒 西経106度25分24秒 / 北緯31.79028度 西経106.42333度 / 31.79028; -106.42333
行政
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
  テキサス州
  エルパソ郡
 市 エルパソ市
市長 オスカー・リーサー
無所属
地理
面積  
  市域 663.7km2(256.3mi2
    陸上   661.1km2(255.3mi2
    水面   2.6km2(1.0mi2
      水面面積比率     0.39%
標高 1,140m(3,740ft
人口
人口 2012年現在)
  市域 672,538人
  都市圏 830,735人
その他
等時帯 山岳部標準時UTC-7
夏時間 山岳部夏時間UTC-6
公式ウェブサイト : www.elpasotexas.gov

エル・パソ英語: スペイン語: El Paso)は、アメリカ合衆国テキサス州最西端エルパソ郡にある都市。同郡の郡庁所在地である。

概要[編集]

メキシコとの国境に非常に近く、メキシコ人が多く移住している。そのため、事実上スペイン語英語が公用語となっている。近くには原油など鉱産資源が豊富で、銅精錬所や石油精製工場の立地が相次いでいる。また食品加工のほか、近年は電子機器エレクトロニクス関連産業なども集積している。

また、リオ・グランデ川を挟んでメキシコのシウダー・フアレスと隣接するが、そのシウダー・フアレスとは対照的に治安は比較的良好である。

歴史[編集]

アステカ帝国を滅ぼしたスペインの植民地時代の1659年、「エル・パソ・デル・ノルテ」(El Paso del Norte)という町がリオ・グランデ川対岸に作られる。エル・パソの領域は、スペインの植民地を経て1810年からのメキシコ独立革命に伴う独立宣言により、1821年に独立が承認されたメキシコ領土の内部にあった。そして、1827年に集落が作られた。

米墨戦争終結後の1848年グアダルーペ・イダルゴ条約により、アメリカに編入されることとなり、アメリカ側から入植者が押し寄せた。1850年3月に「エル・パソ郡」(El Paso County)が創設される。1881年に鉄道が開通し、発展を遂げる。

一方で、メキシコ側に残った「エル・パソ・デル・ノルテ」は、1888年にメキシコ初代大統領ベニート・フアレスに因んで「シウダー・フアレス」(Ciudad Juárez)と改名され、現在に至る。

エルパソの全景。

地理[編集]

エル・パソはアメリカ=メキシコ国境およびニューメキシコ州との州境付近の北緯31度47分25秒、西経106度25分24秒(31.790208, -106.423242)1に位置している。エル・パソの山の山頂は標高7200フィート(2200m)に達する。

アメリカ合衆国統計局によると、この都市は総面積663.7km²(256.3mi²)である。このうち661.1km²(255.3mi²)が陸地で2.6km²(1.0mi²)が水地域である。総面積の0.39%が水地域となっている。

気候[編集]

ケッペンの気候区分では砂漠気候(BWh)に属する。年間を通して気温差が大きく、年間降水量は250mm程度と少ない。夏季は暑く多少の湿度があり、7月から9月にかけて降水量が集中する。一方、冬季は穏やかな寒さで乾燥した気候である。

エル・パソ(エルパソ国際空港)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 27
(80)
30
(86)
34
(93)
37
(98)
41
(105)
46
(114)
44
(112)
42
(108)
40
(104)
36
(96)
31
(87)
27
(80)
46
(114)
平均最高気温 °C (°F) 14.3
(57.7)
17.3
(63.1)
21.3
(70.3)
25.9
(78.6)
31
(87.8)
35.3
(95.5)
34.8
(94.7)
33.6
(92.4)
30.9
(87.6)
25.7
(78.2)
19
(66.2)
13.9
(57.1)
25.2
(77.4)
平均最低気温 °C (°F) 0.3
(32.5)
2.8
(37.1)
6.1
(42.9)
10.4
(50.7)
15.6
(60.0)
20
(68.0)
21.6
(70.9)
20.9
(69.7)
17.4
(63.3)
11.1
(52.0)
4.5
(40.1)
0.3
(32.5)
10.9
(51.6)
最低気温記録 °C (°F) −22
(−8)
−17
(1)
−10
(14)
−5
(23)
−1
(31)
8
(46)
13
(56)
11
(52)
5
(41)
−4
(25)
−17
(1)
−21
(−5)
−22
(−8)
降水量 mm (inch) 10
(0.4)
11.7
(0.46)
6.6
(0.26)
5.8
(0.23)
11.7
(0.46)
23.9
(0.94)
39.4
(1.55)
51.1
(2.01)
38.4
(1.51)
15.5
(0.61)
12.4
(0.49)
19.6
(0.77)
246.1
(9.69)
降雪量 cm (inch) 2
(0.8)
1.3
(0.5)
0.5
(0.2)
1.5
(0.6)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
1.5
(0.6)
5.6
(2.2)
12.4
(4.9)
平均降水日数 (≥ 0.01 in) 3.8 3.4 2.4 1.9 2.7 3.9 8.3 8.7 6.3 4.7 3.0 3.9 53
平均降雪日数 (≥ 0.1 in) 0.6 0.4 0.1 0.1 0 0 0 0 0 0.1 0.2 0.8 2.3
平均月間日照時間 254.2 265.6 325.5 348.0 384.4 384.0 359.6 334.8 303.0 297.6 258.0 244.9 3,759.6
出典 1: NOAA(extremes 1879–present)[2] The Weather Channel (extremes),[3]
出典 2: HKO(sun only, 1961–1990)[4]

人口動勢[編集]

2000年現在の国勢調査2で、この都市は人口563,662人、182,063世帯および141,098家族が暮らしている。人口密度は873.7/km²(2,263.0/mi²)である。300.2/km²(777.5/mi²)の平均的な密度に193,663軒の住宅が建っている。この都市の人種的な構成は白人73.28%、アフリカン・アメリカン3.12%、ネイティブ・アメリカン0.82%、アジア1.12%、太平洋諸島系0.10%、その他の人種18.15%および混血3.40%である。人口の76.62%はヒスパニックまたはラテン系である。

この都市内の住民は31.0%が18歳未満の未成年、18歳以上24歳以下が10.0%、25歳以上44歳以下が29.1%、45歳以上64歳以下が19.2%および65歳以上が10.7%にわたっている。中央値年齢は31歳である。女性100人ごとに対して男性は90.4人である。18歳以上の女性100人ごとに対して男性は85.0人である。

この都市の世帯ごとの平均的な収入は32,124米ドルであり、家族ごとの平均的な収入は35,432米ドルである。男性は28,989米ドルに対して女性は21,540米ドルの平均的な収入がある。この都市の一人当たりの収入(per capita income)は14,388米ドルである。人口の22.2%および家族の19.0% は貧困線以下である。全人口のうち18歳未満の29.8%および65歳以上の17.7%は貧困線以下の生活を送っている。

エル・パソ遠景

交通[編集]

エルパソ国際空港航空写真

エル・パソ市中心部から北東約12kmに位置するエルパソ国際空港がある。アメリカン航空サウスウエスト航空などの各航空会社が、主にテキサス州周辺の空港との間で就航している。

脚注[編集]

  1. ^ Visit El Paso, Texas”. El Paso Convention & Visitors Bureau. 2013年11月6日閲覧。
  2. ^ NowData – NOAA Online Weather Data”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2012年2月7日閲覧。
  3. ^ Monthly Averages for El Paso International Airport”. The Weather Channel. 2011年10月4日閲覧。
  4. ^ Climatological Normals of El Paso”. Hong Kong Observatory. 2010年5月13日閲覧。

外部リンク[編集]

公式
観光