テキサス独立宣言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

テキサス独立宣言(テキサスどくりつせんげん、Texas Declaration of Independence)は、テキサス革命におけるメキシコからのテキサス共和国の正式な独立の宣言を指す。ワシントン・オン・ザ・ブラゾス1836年会議で採択され、1836年3月2日に署名された。

リチャード・エリス議長はジョージ・C・チルドレスエドワード・コンラッドジェームス・ゲインズベイリー・ハードマンコリン・マキンニーの5名の委員を任命した。中でもマキンニーは、会議で最年長の70歳であった。彼ら5名で宣言を書き起こしたが、大部分はチルドレスの仕事だった。宣言はとりわけ、メキシコからの分離が以下の理由によることを言及している。

  • 連邦共和国を建てたメキシコの1824年憲法は不法使用され、アントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナの下で、中央集権主義の軍事独裁政治に変化した。
  • メキシコ政府はテキサスに入植者を招き入れ、憲法の保障する自由と共和制の政府を約束したが、これらの保証を破った。
  • テキサスはコアウイラ・イ・テハス州としてメキシコの州コアウイラ州と連合していたが、そのためテキサスの問題は州からとても離れたサルティリョ(Saltillo、コアウイラ・イ・テハス州の州都)で、スペイン語で決定されていた。
  • 入植者が以前から慣れていた「武器を持つ権利」「陪審審理を受ける権利」などの政治的な権利が否定された。
  • 公立教育のシステムがひとつも創られなかった。
  • 入植者に宗教の自由が許されなかった。

アメリカ合衆国独立宣言を基本に、テキサスの宣言には、アメリカの政治原則の多くの記念すべき表現が含まれている。

外部リンク[編集]