独立記念日 (アメリカ合衆国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Independence Day
Independence Day
ワシントン記念塔越しに見る独立記念日の花火
別名 The Fourth of July
The Glorious Fourth
The Fourth
挙行者 アメリカ合衆国
種類 国民
趣旨 1776年大陸会議にてアメリカ独立宣言が採択されたことを記念
日付 7月4日
行事 花火, 家族親睦会, コンサート, バーベキュー, ピクニック, パレード, 野球の試合
テンプレートを表示
フィラデルフィアでの祝賀(1819年

独立記念日(どくりつきねんび、: Independence Day)は、1776年アメリカ独立宣言が公布されたことを記念して、毎年7月4日に定められているアメリカ合衆国祝日[1]。アメリカでは「独立記念日(インディペンデンス・デイ)」と呼ばれるのがもっとも一般的であるが、単に「7月4日」("Fourth of July")とだけ言うことも多い。

独立記念日には各地でパレード、バーベキュー、ピクニック、野球などのイベントが開かれる。また独立記念日恒例の打ち上げ花火1777年以来の伝統行事である。独立記念日に限ったことではないが、アメリカ国内では祝日の前後数日間、乗用車などの高額な耐久消費財も含めて多くの店舗が特売を実施する。アメリカの祝日の多くは日付が年によって前後し、その月の第何週の月曜日という形で設定されているため土日を含めた3連休がもっとも商店にとって書き入れ時となるためであるが、毎年日付が変わらない独立記念日の場合は、その週すべてを独立記念日セールと銘打っている店舗もある。なお、日付が固定されている祝日は他にもあるが、復員軍人の日は官公庁のみの休日であるため商店にとってはビジネスチャンスにはなりにくく、クリスマスと元日はクリスマス休暇の一部になることが多いうえに商店も休業であることが多いほか、感謝祭以降から始まるクリスマス商戦は他の祝日前後の特売とは一線を画す。

歴史[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「年中行事事典」p26 1958年(昭和33年)5月23日初版発行 西角井正慶編 東京堂出版

外部リンク[編集]