北海道における2019年コロナウイルス感染症の流行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北海道における新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の流行
疾病 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)
ウイルス株 2019新型コロナウイルス (SARS-CoV-2)
場所 日本の旗 日本 北海道
出現した日付 2020年1月28日
確定症例数 1078人[1][2]
回復者数 770人[1][2]
死者数
86人[1][2]

北海道における2019年コロナウイルス感染症の流行(ほっかいどうにおける2019ねんコロナウイルスかんせんしょうのりゅうこう)では、日本における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行のうち、北海道内での流行について述べる。

北海道内で初めて患者が確認されたのは2020年1月28日[2][3]、北海道民で感染者が初めて確認されたのは同年2月14日であった[2][4]。道内での感染拡大を抑えるため、北海道知事鈴木直道は同年2月28日に「新型コロナウイルス緊急事態宣言」を発表し、道民に対して外出の自粛などを求めた[5]。緊急事態宣言は3月19日に終了したが[5]、4月の第2週に再び感染拡大の傾向がみられたため[6]、4月12日、道は札幌市と共同で「北海道・札幌市緊急共同宣言」を出した[7]

2020年5月28日現在、道内で1078名の感染者、86名の死亡者および770名の回復が確認されている[8][2]

感染者数[編集]

北海道におけるCOVID-19の症例数  ()
     死亡        退院        現存症例

1月 1月 2月 2月 3月 3月 4月 4月 5月 5月 最近15日 最近15日

日付
症例数
死者数
2020-01-28
1(n.a.)
1(=)
2020-02-14
2(+100%)
2(=)
2020-02-18
3(+50%)
2020-02-19
4(+33%)
2020-02-20
5(+25%)
2020-02-21
8(+60%)
2020-02-22
17(+112%)
2020-02-23
26(+53%)
2020-02-24
30(+15%)
2020-02-25
35(+17%) 1(n.a.)
2020-02-26
39(+11%) 1(=)
2020-02-27
54(+38%) 2(+1)
2020-02-28
66(+22%) 2(=)
2020-02-29
70(+6.1%) 3(+1)
2020-03-01
72(+2.9%) 3(=)
2020-03-02
77(+6.9%) 3(=)
2020-03-03
79(+2.6%) 3(=)
2020-03-04
82(+3.8%) 3(=)
2020-03-05
83(+1.2%) 3(=)
2020-03-06
90(+8.4%) 3(=)
2020-03-07
98(+8.9%) 3(=)
2020-03-08
101(+3.1%) 3(=)
2020-03-09
108(+6.9%) 3(=)
2020-03-10
111(+2.8%) 3(=)
2020-03-11
118(+6.3%) 3(=)
2020-03-12
128(+8.5%) 4(+1)
2020-03-13
137(+7%) 4(=)
2020-03-14
144(+5.1%) 4(=)
2020-03-15
148(+2.8%) 5(+1)
2020-03-16
152(+2.7%) 6(+1)
2020-03-17
152(=) 6(=)
2020-03-18
154(+1.3%) 6(=)
2020-03-19
157(+1.9%) 6(=)
2020-03-20
158(+0.64%) 6(=)
2020-03-21
159(+0.63%) 6(=)
2020-03-22
162(+1.9%) 6(=)
2020-03-23
162(=) 6(=)
2020-03-24
163(+0.62%) 6(=)
2020-03-25
167(+2.5%) 6(=)
2020-03-26
168(+0.6%) 7(+1)
2020-03-27
169(+0.6%) 7(=)
2020-03-28
172(+1.8%) 7(=)
2020-03-29
176(+2.3%) 7(=)
2020-03-30
177(+0.57%) 7(=)
2020-03-31
177(=) 7(=)
2020-04-01
182(+2.8%) 8(+1)
2020-04-02
185(+1.6%) 8(=)
2020-04-03
190(+2.7%) 8(=)
2020-04-04
193(+1.6%) 8(=)
2020-04-05
194(+0.52%) 8(=)
2020-04-06
194(=) 9(+1)
2020-04-07
198(+2.1%) 9(=)
2020-04-08
208(+5.1%) 9(=)
2020-04-09
226(+8.7%) 10(+1)
2020-04-10
239(+5.8%) 10(=)
2020-04-11
255(+6.7%) 10(=)
2020-04-12
267(+4.7%) 11(+1)
2020-04-13
272(+1.9%) 11(=)
2020-04-14
290(+6.6%) 13(+2)
2020-04-15
313(+7.9%) 14(+1)
2020-04-16
336(+7.3%) 14(=)
2020-04-17
369(+9.8%) 16(+2)
2020-04-18
407(+10%) 18(+2)
2020-04-19
434(+6.6%) 18(=)
2020-04-20
451(+3.9%) 21(+3)
2020-04-21
473(+4.9%) 23(+2)
2020-04-22
495(+4.7%) 25(+2)
2020-04-23
540(+9.1%) 25(=)
2020-04-24
562(+4.1%) 25(=)
2020-04-25
601(+6.9%) 25(=)
2020-04-26
615(+2.3%) 25(=)
2020-04-27
650(+5.7%) 26(+1)
2020-04-28
688(+5.8%) 27(+1)
2020-04-29
726(+5.5%) 27(=)
2020-04-30
767(+5.6%) 29(+2)
2020-05-01
790(+3%) 37(+8)
2020-05-02
823(+4.2%) 40(+3)
2020-05-03
848(+3%) 41(+1)
2020-05-04
879(+3.7%) 43(+2)
2020-05-05
891(+1.4%) 45(+2)
2020-05-06
914(+2.6%) 46(+1)
2020-05-07
928(+1.5%) 47(+1)
2020-05-08
934(+0.65%) 48(+1)
2020-05-09
945(+1.2%) 51(+3)
2020-05-10
954(+0.95%) 56(+5)
2020-05-11
966(+1.3%) 62(+6)
2020-05-12
979(+1.3%) 68(+6)
2020-05-13
983(+0.41%) 70(+2)
2020-05-14
989(+0.61%) 72(+2)
2020-05-15
999(+1%) 73(+1)
2020-05-16
1,006(+0.7%) 74(+1)
2020-05-17
1,014(+0.8%) 75(+1)
2020-05-18
1,015(+0.1%) 76(+1)
2020-05-19
1,018(+0.3%) 77(+1)
2020-05-20
1,019(+0.1%) 77(=)
2020-05-21
1,024(+0.49%) 78(+1)
2020-05-22
1,030(+0.59%) 78(=)
2020-05-23
1,039(+0.87%) 79(+1)
2020-05-24
1,054(+1.4%) 81(+2)
2020-05-25
1,057(+0.28%) 83(+2)
2020-05-26
1,066(+0.85%) 84(+1)
2020-05-27
1,071(+0.47%) 85(+1)
2020-05-28
1,078(+0.65%) 86(+1)
出典: 北海道報道発表資料


北海道の新型コロナウイルス感染確認事例数 ) [9]
2020年5月28日時点、国籍を問わず
居住市町村 / 地域 感染 死亡 備考
01000合計(全体) 1078 86 死亡者のうち31人の居住地は未公表。
01100札幌市 631 42 退院後、再び陽性反応が出た3人は重複計算。 [10]
01202函館市 7 1 [11]
01203小樽市 17 2 札幌市内で感染が確認された同市在住の2人(うち2人死亡)を含む。 [12]
01204旭川市 14 退院後、再び陽性反応が出た2人は重複計算。 [13]
01205室蘭市 1 [14]
01206釧路市 1 [15]
01208北見市 13 [16]
01210岩見沢市 6 [17]
01212留萌市 3 [18]
01213苫小牧市 7 [19]
01215美唄市 1 [20]
01217江別市 6 [21]
01223根室市 1 [22]
01224千歳市 103 2 退院後、再び陽性反応が出た1人は重複計算。 [23]
01225滝川市 2 [24]
01228深川市 1 [25]
01229富良野市 2 [26]
01230登別市 7 [27]
01231恵庭市 7 [28]
01234北広島市 12 1 札幌市内で感染が確認された同市在住の1人を含む。 [29]
01235石狩市 4 [30]
01333知内町 1 1 [31]
01334木古内町 1 [32]
01337七飯町 1 [33]
01346八雲町 1 [34]
01371せたな町 3 [35]
01400倶知安町 2 退院後、再び陽性反応が出た1人は重複計算。 [36]
01430月形町 1 [37]
01456愛別町 1 [38]
01459美瑛町 3 [39]
01460上富良野町 5 [40]
01461中富良野町 5 退院後、再び陽性反応が出た1人は重複計算。 [41]
01519利尻富士町 3 [42]
01555遠軽町 1 [43]
01564大空町 1 [44]
01610新ひだか町 3 [45]
01638中札内村 1 [46]
01662厚岸町 1 [47]
X1-01渡島総合振興局管内 1 市町不明
札幌市内で感染が確認された同管内在住の1人を含む。
X1-02檜山振興局管内 1 町不明
X1-03胆振総合振興局管内 1 市町不明
X1-05空知総合振興局管内 20 市町不明
札幌市内で感染が確認された同管内在住の2人を含む。
X1-06石狩振興局管内 45 4 市町村不明
札幌市内で感染が確認された同管内在住の12人を含む。
X1-07後志総合振興局管内 5 市町村不明
X1-08上川総合振興局管内 10 市町村不明
X1-09留萌振興局管内 1 市町村不明
札幌市内で感染が確認された同管内在住の1人を含む。
X1-10宗谷総合振興局管内 2 市町村不明
札幌市内で感染が確認された同管内在住の2人を含む。
X1-11オホーツク総合振興局管内 44 市町村不明
札幌市内で感染が確認された同管内在住の1人を含む。
X1-12十勝総合振興局管内 2 市町村不明
札幌市内で感染が確認された同管内在住の1人を含む。
X1-13釧路総合振興局管内 18 1 市町村不明
X1-14根室振興局管内 1 市町不明
X2他都府県 9
  • 東京都 感染3(旭川市 2)
  • 神奈川県 感染2(釧路総合振興局管内 2)
  • 茨城県 感染2(小樽市 2):退院後、再び陽性反応が出た1人は重複計算。
  • 大阪府 感染1(札幌市 1)
  • 京都府 感染1(札幌市 1)
X3中華人民共和国 1
X4不明 37 1 札幌市 32(うち1人死亡)
退院後、再び陽性反応が出た6人は重複計算。


流行の動向[編集]

2020年[編集]

1月[編集]

1月28日、中華人民共和国から来日し、同月22日から観光で北海道を訪れていた湖北省武漢市在住の40代女性が、北海道内で初めての新型コロナウイルス感染症患者と確認された[2]。この患者は1月27日に道内の医療機関を受診し[2]、同日入院したが[2]、容体は安定し[2]、回復して2月14日に退院した[4]

2月[編集]

2月14日、札幌市在住の50代男性について、新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たことが判明した[2]。道内で2例目の感染事例で[2][4]、北海道民としては初めての感染者となった[4]。外国への渡航歴はなかった[2]

2月28日までに感染は函館市苫小牧市根室市旭川市中富良野町北見市など、道内各地の21市町に広がり、感染者数は60人以上となり、都道府県別では国内最多となった[48]

2月28日、鈴木直道北海道知事は「新型コロナウイルス緊急事態宣言」を発表し、道民に対して外出の自粛などを求めた[5]

3月[編集]

鈴木直道知事が2月28日に発表した緊急事態宣言は、危機的状況が一定程度回避されたとして、3月19日をもって終了した[5]

4月[編集]

4月12日、鈴木直道知事と札幌市の秋元克広市長は、道内の新たな感染者数が5日連続で二桁となるなど、感染が再び拡大傾向にあることを考慮して「北海道・札幌市緊急共同宣言」[7][49]を出し、4月14日から5月6日までの間、札幌市立の小中高校および近隣の道立高校を再び臨時休校にする方針を決めた[6]

4月17日、陽性患者の生活支援を理由に陸上自衛隊北部方面総監(札幌市)へ災害派遣要請した[50]。28日には、職員への防護服着用などの教育支援を理由に、陸上自衛隊北部方面総監に災害派遣要請した[51]

集団感染(クラスター)発生事例[編集]

さっぽろ雪まつり(札幌市)[編集]

2020年1月31日から2月11日まで開催され、202万人が来場した[48]さっぽろ雪まつりには中国人も多く訪れており[52]、道内外から複数の観光客が発症前に訪れていたことが判明した[48]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報”. 北海道庁. 2020年5月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 道内の発生状況”. 北海道庁. 2020年5月28日閲覧。
  3. ^ 新型肺炎患者、道内で初確認 中国人女性、道内で入院”. 北海道新聞電子版 (2020年1月28日). 2020年3月25日閲覧。
  4. ^ a b c d 新型肺炎 道民が初感染 50代男性、容体は重篤”. 苫小牧民報電子版 (2020年2月15日). 2020年3月25日閲覧。
  5. ^ a b c d 新たなステージへ(コロナ)|総合政策部知事室広報広聴課”. 北海道庁. 2020年3月25日閲覧。
  6. ^ a b 札幌市内の小中高校、再び休校 知事と札幌市長、早期収束へ緊急共同宣言”. 北海道新聞電子版 (2020年4月12日). 2020年4月12日閲覧。
  7. ^ a b 札幌市の小中高校など臨時休校に”. NHK NEWS WEB (2020年4月12日). 2020年4月12日閲覧。
  8. ^ 新型コロナウイルス感染症について | 総合政策部知事室広報広聴課”. 北海道庁. 2020年5月28日閲覧。
  9. ^ 道内の発生状況 北海道
  10. ^ 新型コロナウイルス感染症の市内発生状況 札幌市
  11. ^ 新型コロナウイルス感染症について 函館市
  12. ^ 新型コロナウイルス感染症の市内発生状況 小樽市
  13. ^ 新型コロナウイルス感染症の市内発生状況 旭川市
  14. ^ 新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況 室蘭市
  15. ^ 新型コロナウイルス感染症について(発生状況・相談・予防など) 釧路市
  16. ^ 新型コロナウイルス感染症に関連した患者の発生について 北見市
  17. ^ 新型コロナウイルス感染症と予防【岩見沢市内での発生について】 岩見沢市
  18. ^ 新型コロナウイルスに関連した肺炎に関する注意喚起 留萌市
  19. ^ 新型コロナウイルス感染症について 苫小牧市
  20. ^ 新型コロナウイルス感染症患者の発生について 美唄市
  21. ^ 新型コロナウイルスに関連した注意喚起/江別市内での発生について 江別市
  22. ^ 新型コロナウイルス感染症関連情報 根室市
  23. ^ 新型コロナウイルス感染症の市内の発生状況 千歳市
  24. ^ 新型コロナウイルスに関する感染症について 滝川市
  25. ^ 新型コロナウイルス感染症について 深川市
  26. ^ 新型コロナウイルス感染予防について 富良野市
  27. ^ 新型コロナウイルス感染症について 登別市
  28. ^ 市内の発生状況について 恵庭市
  29. ^ 市内の新型コロナウイルス感染症の発生状況について 北広島市
  30. ^ 市内の新型コロナウイルス感染症の発生状況について 石狩市
  31. ^ 新型コロナウイルスに関連した肺炎について 知内町
  32. ^ 新型コロナウイルス感染症について 木古内町
  33. ^ 新型コロナウイルス感染症について 七飯町
  34. ^ 新型コロナウイルス感染症について 八雲町
  35. ^ 新型コロナウイルス情報 せたな町
  36. ^ 新型コロナウイルス関連情報 倶知安町
  37. ^ 町内の新型コロナウイルス感染症の発生状況について 月形町
  38. ^ 新型コロナウイルスに関連した肺炎の情報について 愛別町
  39. ^ 新型コロナウイルス感染症について 美瑛町
  40. ^ 新型コロナウイルス感染症対策について 上富良野町
  41. ^ 新型コロナウイルスについて 中富良野町
  42. ^ 新型コロナウイルス感染症への対応について 利尻富士町
  43. ^ 新型コロナウイルスに関連した患者の発生について 遠軽町
  44. ^ 新型コロナウイルス感染症患者の発生について 大空町
  45. ^ 新型コロナウイルス関連 新ひだか町
  46. ^ 新型コロナウイルス感染症について 中札内村
  47. ^ 町からのお知らせ 厚岸町
  48. ^ a b c 国内最多の感染者、北海道が「突出して多い理由」”. 読売新聞オンライン (2020年2月29日). 2020年3月25日閲覧。
  49. ^ 道・札幌市緊急共同宣言 全文”. NHK NEWS WEB (2020年4月12日). 2020年4月12日閲覧。
  50. ^ 北部方面隊の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月17日)
  51. ^ 北部方面隊の新型コロナウイルス市中感染拡大防止に関する災害派遣の実施について - 防衛省・統合幕僚監部(2020年4月28日)
  52. ^ 新型コロナ、全国最多なぜ 複合要因で感染拡大―緊急事態続く北海道”. 時事ドットコム (2020年3月5日). 2020年3月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]