この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

ポケットモンスター ソード・シールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ネギガナイトから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

ポケットモンスター > ポケットモンスター ソード・シールド
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Pokemonのeにアクセント記号アキュート・アクセント」がついた(é)もの)が含まれています詳細
ポケットモンスター
ソード・シールド
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 Nintendo Switch
開発元 ゲームフリーク
発売元 株式会社ポケモン
販売元 任天堂
プロデューサー 増田順一
ディレクター 大森滋
音楽
シリーズ ポケットモンスター
メディア
発売日 世界の旗 2019年11月15日(予定)[2][3][4]
対象年齢
テンプレートを表示

ポケットモンスター ソード・シールド』(英語: Pokémon Sword and Shield)は、株式会社ポケモンより2019年11月15日に発売されたNintendo Switchロールプレイングゲームポケットモンスター ソード』と『ポケットモンスター シールド』の総称。ポケットモンスターシリーズ完全新作の8作目。公式の略称は「ポケモン剣盾」。

2019年2月27日に『Pokémon Direct 2019.2.27』で発表された[注 1][5]。本作の「ポケットモンスター」のロゴマークは、海外版のロゴマークと同様のフォントが使用されている。

全世界で同時発売され、対応言語日本語英語スペイン語フランス語ドイツ語イタリア語韓国語中国語繁体字)、中国語(簡体字)の9言語である[6]

ポケモン

本作に初登場するポケモンも含めて、これまでに登場したポケモンも数多く登場する。

最初にもらえる3匹のポケモン

サルノリ
こざるポケモン タイプ・くさ
緑色のサルのような姿をしたポケモン。好奇心旺盛な性格で木登りが得意。手先が器用で、頭の枝を叩く習性がある。
ヒバニー
うさぎポケモン タイプ・ほのお
白いウサギのような姿をしたポケモン。鼻の上に絆創膏のような模様がある。元気が良く、足に火花を放ちながら走り回る。
メッソン
みずとかげポケモン タイプ・みず
青いトカゲのような姿をしたポケモン。少々臆病な性格。体をカメレオンのように透明にして、水に隠れて狙い撃つ。

伝説のポケモン

どちらも見た目がオオカミのようなポケモンである。
ザシアン
華麗な動きが得意で相手を魅了させる。口にを咥えている。「ソード」のみ登場。
ザマゼンタ
威風堂々とした振る舞いで相手を圧倒させる。顔をのようなで覆っている。「シールド」のみ登場。

その他のポケモン

ヒメンカ
はなかざりポケモン タイプ・くさ
のような姿をしたポケモン。風に吹かれて飛ばされる。花粉には治療効果がある。新特性「わたげ」は戦闘中に攻撃を受けると綿毛が飛び散り、相手の素早さを下げる効果。
ワタガシラ
わたかざりポケモン タイプ・くさ
頭がタンポポの綿毛のような姿をしているポケモン。ヒメンカの進化系。頭の綿毛は相手からの攻撃を和らげるためのクッションの役割をしている。種は栄養満点。
ウールー
ひつじポケモン タイプ・ノーマル
ヒツジのようなポケモン。体から取れる毛は衣類などに利用され、ガラル地方では名産品となっている。刈られても三ヶ月後にはまた生える。
アーマーガア
カラスポケモン タイプ・ひこう・はがね
黒いカラスのようなポケモン。全身を鎧のような羽で覆っている。ガラル地方の空ではアーマーガアに敵う者はないと言われる。ガラル地方では「空飛ぶタクシー」として、行ったことのある場所に連れてってくれるというライドポケモンのような役割をしている。専用特性の「ミラーアーマー」は相手が使用した能力を下げる効果(技も特性も可)を跳ね返す。
キョダイマックスのすがた
全身のアーマーが強化され、空中戦がさらに得意となり地上の相手にも強くなった。翼は「ブレードバート」となり、標的に向けて飛ばし相手を切り裂く。
カジリガメ
かみつきポケモン タイプ・みず・いわ
カミツキガメをモチーフにしたポケモン。頑丈なアゴと鋭い牙は岩や鉄骨ですら噛み砕くほどのパワーを持つ。カメがモチーフでありながら、足の筋肉のおかげで速く走れる。甲羅はかなり重く、足腰で支えている。性格はかなり凶暴で優れたトレーナーでないと扱いが難しい。育てるのを諦めて逃がすトレーナーも多く、その個体が大量に野生化している。
キョダイマックスのすがた
四足歩行から二足歩行となった。その巨体で相手を押し潰す。顔は甲羅にすっぽり覆われ隠れているものの、顔を急激に出して攻撃の力と噛み付きの力がアップする。
マホイップ
クリームポケモン タイプ・フェアリー
ホイップクリームの姿をしたポケモン。クリームの髪とトレードマーク。体から出すクリームはとても美味しくパティシエの憧れ。このクリームは相手を戦意喪失させる効果もあり、敵に襲われると香で視界を奪ったり食べさせる。姿や色が異なるものもいる(現在判明しているのはミルキィバニラとミルキィまっちゃ)。
キョダイマックスのすがた
 体が積み重なってデコレーションケーキのような姿となった。体は衝撃を受ければ受けるほど固くなり、体に付いている木の実はダイヤモンド並みの強度がある。高カロリーのクリームをミサイルのように飛ばして攻撃する。
ワンパチ
こいぬポケモン タイプ・でんき
子犬のような姿をしたポケモン。元気が良く、走り回って静電気を起こしエネルギーを蓄える。動くものに反応する習性がある。特性の「たまひろい」は「ものひろい」と同様、アイテムを拾う効果があるが一度投げてゲットに失敗したボール系のアイテムも拾う。
タンドン
せきたんポケモン タイプ・いわ
石炭を寄せ集めた姿をしたポケモン。暗い洞窟に住み着いており、赤い一つ目で暗がりを照らし車輪のような足で洞窟内を進む。100年前にはタンドンの体から取れる石炭で生活した人が多く、今でもブームになっている。専用特性の「じょうききかん」は、ほのお・みずタイプの技を受けると素早さが上がる。
ジュラルドン
ごうきんポケモン タイプ・はがね・ドラゴン
全身が金属でできたポケモン。重そうな見た目でありながら体重は意外と軽く、そのため見た目に反して機敏な動きをする。一方で体は錆びやすい。山奥に住んでおり、両手の爪で山を削り取って食べる。同じ生息地に住むバンギラスとはよく縄張り争いをしており、しばしば争っている。
モルペコ
にめんポケモン タイプ・でんき・あく
モルモットのような姿をしたポケモン。顔つきや頬にでんきぶくろを持っているなどピカチュウに類似している部分が多い。普段は大人しい性格だが、空腹になると凶暴になる二重人格の持ち主。空腹時とそうでない時とで外見が変わる。専用特性の「はらぺこスイッチ」はターンごとに姿が変わる。さらに専用技の「オーラぐるま」は「まんぷくもよう」の時はでんきタイプ、「はらぺこもよう」の時にはあくタイプになる。
タチフサグマ
ていしポケモン タイプ・あく・ノーマル
ガラル地方のマッスグマが進化した姿。四足歩行だった進化前とは違い、二足歩行となった。非常に好戦的な性格だが自分から戦うのを好まず、相手を挑発して攻撃を誘い出し、腕をクロスしてブロッキングして迎え撃つ。鋭い爪で攻撃するのが得意。
ウッウ
うのみポケモン タイプ・ひこう・みず
のようなポケモン。青いスマートな体でクチバシは黄色、首が長く目が大きい。食欲旺盛で何でも飲み込む。手ごろな大きさのものを見つけると獲物以外でも飲み込むが、気づくとすぎに吐き出す。物忘れがひどく肝心な時にすぐ忘れるが、トレーナーとの絆は決して忘れない。ただし、食べ物を取られるとトレーナーでも容赦はしない。専用特性の「うのミサイル」はバトル中に「なみのり」や「ダイビング」を使用すると獲物を咥える。この獲物は相手から攻撃を受けると相手に向かって一気に吐き出す。
ポットデス
こうちゃポケモン タイプ・ゴースト
欠けたコーヒーポットに入っているポケモン。紫色の紅茶で出来ている方が本体で、これは独特の香りと風味を持っており、信頼するトレーナーにだけ味見させてくれる。ただし、一度にたくさん飲むと胃もたれ腹痛になるので飲み過ぎには注意が必要。ほとんどのポットデスはホテルレストランに生息しており、食器擬態して生活している。飲み残しの紅茶に自分の力を注ぎこみ、仲間を増やしているためホテルやレストランの従業員や客たちには大抵厄介者扱いされている。
ネギガナイト
かるがもポケモン タイプ・かくとう
カモネギの進化系。体が白くなり、手に持っていたクキが長く伸び、剣のようになった。ガラル地方に生息したカモネギが戦いの果てに進化したと言われている。冷静沈着な性質で正々堂々と戦うことをモットーにしている。その戦いぶりは絵画のモチーフにされるほど気高く、シュバルゴとの決闘を描いた絵画はガラル地方で広く知られている。クキの剣と葉の盾は進化前のクキよりも大切なもので枯れると戦場を去りバトルから引退する。専用技はクキの剣を突き刺して攻撃する「スターアサルト」。威力は強烈だが、次の反動で動けなくなる。『ソード』のみ登場。
ベロバー
 ???ポケモン タイプ・あく・フェアリー
ピンク色の悪魔のような姿をしたポケモン。海外の体験版にて先行登場。現時点で公式での詳細は不明。

リージョンフォームのポケモン

アローラ地方同様、ガラル地方には特定の姿を持つポケモンがいる。現在判明しているのは以下の通り。
マタドガス(ガラルのすがた)
どくガスポケモン タイプ・どく・フェアリー
体色は灰色で、頭部に長いシルクハットのような煙突、口にガスのヒゲをつけたような姿。汚い空気やガスを栄養にしており、体内に溜めたガスを頭から出す。この空気は綺麗。専用特性の「かがくへんかガス」は特性の効果を打ち消す。
ジグザグマ(ガラルのすがた)
まめだぬきポケモン タイプ・あく・ノーマル
外見は変わっていないが、体色が黒と白のツートンカラーで目が赤くとなった。好戦的なポケモンで人やポケモンに突進して挑発する。ただし、人間にとってはただじゃれているだけとしか思えていないため、本人はそのことに不満を持っている。エール団のポケモンとして登場。
マッスグマ(ガラルのすがた)
とっしんポケモン タイプ・あく・ノーマル
本来の姿と同様に真っ直ぐ走るのを好んでおり、時速100キロから出す突進は、自動車ですら跳ね飛ばすほどの威力。一方で外した時に生じる隙も大きい。向こう見ずな性格で自分より強い相手でも構わず戦いを挑む。その特徴からやり場のない怒りや悩みを抱える人も多い。こちらもエール団のポケモンとして登場。また、本来の姿と違い進化できる。

世界観

舞台であるガラル地方は、田園風景や雄大な草原、険しい雪山など、さまざまな表情を持つ地方である。近代的な都市もあり、人々はポケモンと協力して産業を発展させている[7]

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ この日は『ポケットモンスター 赤・緑』発売から23周年の日。

出典

外部リンク