ウェルシュ・コーギー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェルシュ・コーギー・カーディガン
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

ウェルシュ・コーギー(英語:Welsh Corgi)は、犬の品種(犬種)。ウェルシュ・コルギーとも。

起源は曖昧な部分が多くはっきりしないが、数百年もの間、ウエールズの牧畜において関与してきた。「ヤード・ロング・ドッグ」という別称があり、体長がほぼ40インチ(ウェールズの1ヤードに相当)であることを意味する。

解説[編集]

平均的なウェルシュ・コーギーは体高が約25〜30cmで、体重約15kgである。もともと牧羊犬で羊や牛を追うために開発されており、活発で頭がいいとされる。同伴動物として適していると同時に、シープドッグ・トライアル(羊追い競技)やアジリティ・トライアル(障害競技)で優秀な成績を見せる。

この名で呼ばれる犬種には、ウェルシュ・コーギー・カーディガン(Cardigan)、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク(Pembroke)の2つがある。両者は同じイギリス西部のウェールズの原産で、形態・用途も似ているが、それぞれ独自に開発された犬種である。

カーディガンは比較的大きく、丸くなった大きめの耳と狼のような流れた尾が特徴。ペンブロークは丸くなったとがった耳といくぶん低めの姿勢が特徴。ドッグショーの草創期から1934年まで、この二種類のコーギーは同一犬種としてショーに出陳され、また、英国のケネルクラブも区別せずに登録していた。それもあって互いの交配が進み、融合していったと考えられている。アメリカのケネルクラブが、1934年にカーディガンとペンブロークを違う犬種に分類した。

2000年ごろに人気犬種となったウェルシュ・コーギーは、ペンブロークの方である。エリザベス女王が飼っているものもウェルシュ・コーギー・ペンブロークである。

個体によっては10歳前後から、変性性脊髄症(Degenerative Myelopathy、DM)を発症する場合がある。また原因不明のため治療方法が存在しない。よって発症から約3年で死に至る。

関連項目[編集]