ウイニングイレブン 2017

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウイニングイレブン 2017
Winning Eleven 2017
Pro Evolution Soccer 2017
ジャンル スポーツ - サッカー - アクション
対応機種 国内版・国外版両方発売[1]
PlayStation 4
PlayStation 3
国外版のみの発売[2]
Xbox One
Xbox 360
Microsoft Windows
開発元 ウイニングイレブンプロダクション
発売元 コナミデジタルエンタテインメント
シリーズ ウイニングイレブン
発売日

アメリカ合衆国の旗 2016年9月13日[3]
欧州連合の旗 2016年9月15日[2]
イギリスの旗 2016年9月15日[2]

日本の旗 2016年9月15日[1]
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
エンジン Fox Engine
テンプレートを表示
ウイニングイレブン 2017 Lite
PES 2017 Trial Edition
ジャンル スポーツ - サッカー - アクション
対応機種 PlayStation 4
PlayStation 3
開発元 ウイニングイレブンプロダクション
発売元 コナミデジタルエンタテインメント
シリーズ ウイニングイレブン
発売日 2016年11月24日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
エンジン Fox Engine
Havok
テンプレートを表示
ウイニングイレブン 2017 KONAMI THE BEST
ジャンル スポーツ - サッカー - アクション
対応機種 PlayStation 4
PlayStation 3
開発元 ウイニングイレブンプロダクション
発売元 コナミデジタルエンタテインメント
シリーズ ウイニングイレブン
発売日 2017年4月13日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
エンジン Fox Engine
Havok
テンプレートを表示

ウイニングイレブン2017』(英語表記:Winning Eleven 2017、欧州名:Pro Evolution Soccer 2017)は、コナミデジタルエンタテインメントより発表されたサッカーゲーム。ウイイレシリーズとしては今作で21作目(PS(2000も含む。)、PS2、PS3、PS4の通算。Jリーグ版、ファイナルエヴォリューション等は除く)である。略称は『ウイイレ 2017』。

今作よりスペインのバルセロナとプレミアムパートナー契約を締結し[4]、クラブのライセンス化やホームスタジアムであるカンプ・ノウを搭載しているほか[4]、グローバルパッケージには同クラブの選手達(メッシネイマールルイス スアレスラキティッチジェラール ピケの5人)が起用されている[5]UEFAチャンピオンズリーグUEFAヨーロッパリーグ、およびAFCチャンピオンズリーグは引き続き搭載されるが[6]コパ・リベルタドーレスコパ・スダメリカーナのライセンスが消滅。

ゲーム内容[編集]

最新のFox Engineを搭載し、選手のモデル、スタジアム、観客、ライティングなどが細部に至るまで改良され、リアリティがさらに向上しており、対戦時のゴールの興奮がさらに引き立っている[7]。 数百もの新しいアニメーションが追加され、選手の動きをリアルに演出し、特にゴールキーパーは、100以上ものモーション追加により、シュートへの反応の速さと次のプレイへの動き出しのスムーズさが向上、ゴール前のGKとの攻防がよりエキサイティングになっている[7]

Liteバージョン[編集]

2016年11月24日に配信開始。PS4・PS3版ウイイレ2017の「myclub」モード、そしてe-Sports専用モード「PES LEAGUE」モードをプレイできるダウンロードゲーム。前作同様全世界で配信され、ダウンロード&プレイは基本無料のアイテム課金制。内容は製品版のmyclub・PES LEAGUEと同じで、データパックやライブアップデートも適用される。また、トレーニングモードや各種設定も利用可能。エキシビジョンマッチも前作同様収録されているが、収録チームは本ゲームの体験版と同じものとなっている。

新機能[編集]

新モード「PES LEAGUE」
11月24日配信のデータパック2.0にて追加されたe-Sports専用モード。このモードから誰でも期間限定の大会や、世界を舞台に開催されるイベントに参加することが出来る。
試合

  • 「攻守レベル」が復活し、試合展開に応じてチームの攻守バランスをリアルタイムに変更可能となった[7]
  • 選手の体勢や能力によって、パスの質が変化する「パス バリエーション」を導入。ベストな体勢で繰り出したパスは、決定的な得点チャンスを生み出すことが可能になる[7]
  • 「コンセプトアレンジ」により、“ティキ・タカ”のような個性的な攻撃戦術、“ハードマーク”といった守備的な戦術を指示できるようになる。コーナーキック時には、攻撃時4パターン、守備時3パターンから戦術を選択できる[7]
  • 冬の試合中には白い息が出たり、ユニフォームがなびき、少しだが腹も見えるなど細かい演出が追加。
  • インタラクティブゴールパフォーマンスのバリエーションが増加。また、ネイマールのみユニフォームを脱ぐパフォーマンスが追加され[7]、R3を押すとユニフォームを脱ぐ。イエローカードも出されるが、既に1枚貰っている場合はR3を押してもユニフォームは脱がない。ゴールパフォーマンスは数に変動はないものの一部新しいものに変更されている(ムーンウォーク等のパフォーマンスが消滅)。

フットボールライフ

  • myClubではノーマルエージェントで使用する「スカウト」がゲーム内オークションで入手可能になる。獲得したスカウトの組み合わせにより、条件次第で100%獲得も可能になる。また、相手チームの分析データを見ることもできる[7]
  • マスターリーグでは、移籍交渉やチームロールのバリエーションが増加。また、選手のポジション追加も復活する[7]
  • ビカム・ア・レジェンドでは背番号とポジションの希望を出す事が出来る。

エディット

  • PS4ではリージョン(国・地域)に関係なくUSBメモリ経由でのデータ共有が可能に(PESのデータをそのままウイイレにも使用可能、逆も然り)。また、USBメモリを通じて一括インポートも可能になった[7]
  • ユニフォーム画像は解像度を下げる(2048×2048から1024×1024等)事により、取り込み枚数の上限が増加する[4]
  • 襟の種類が13に増加。
  • 背番号・ユニフォームネーム・胸番号の位置・大きさを調整可能[7]。これにより、Jリーグのチームなどに見られるスポンサーロゴ下・右下の番号も再現可能となった。
  • スタジアムのイメージ画像を貼る事が可能になる[7]
  • 地域名実況が増加。その中には日本も含まれており、J1J2J3は全チーム再現可能。なお、バイエルンの実況が消滅したり、イギリスからイングランドウェールズ北アイルランドスコットランドへ分裂したりと2016から変更が加えられている実況がある。

マイクラブ内キャンペーン[編集]

  • バルセロナのレジェンド選手が登場。
マラドーナ リネカー ロナルド クーマン ストイチコフ セルジ
ハジ ブラン ビトール バイーア ルイス エンリケ リヴァウド
ライツィハー ロナルド デ ブール コク クライフェルト シャビ
リトマネン フランク デ ブール プジョル オフェルマルス リケルメ
ファン ブロンクホルスト ロナウジーニョ ダーヴィッツ ラーション ジュリ
デコ アルベルティーニ ファン ボメル テュラム アンリ
  • リヴァプールのレジェンド選手が登場。

イアン ラッシュオーウェンロビー ファウラー

  • アンバサダー選手が昔の姿で登場。これらは元選手がウイイレに収録されている選手のため、名前には「★」が付いている。

★イニエスタ★香川 真司★ピエール オーバメヤング★ガビゴル

ライセンス[編集]

リーグライセンス[編集]

その他ヨーロッパ[編集]

この他に多くの架空チームが収録されている。また、ドルトムントのピエール=エメリク・オーバメヤンがKONAMIアンバサダーに選ばれている。

所属リーグ国 チーム名
 ベルギー クラブ ブルッヘ
クロアチアの旗 クロアチア ディナモ ザグレブ[16]
ドイツの旗 ドイツ[17] バイヤー レヴァークーゼン
ボルシア ドルトムント[18]
シャルケ04
ロシアの旗 ロシア CSKAモスクワ
スイスの旗 スイス FCバーゼル1893
トルコの旗 トルコ ベシクタシュ
 ウクライナ ディナモ キエフ

その他南米[編集]

この他に多くの架空チームが収録されている。

所属リーグ国 チーム名
ブラジルの旗 ブラジル レッド ブル ブラジウ[19]

AFC Champions League 2016[編集]

所属リーグ国 チーム名
オーストラリアの旗 オーストラリア メルボルン ヴィクトリー
シドニーFC
中華人民共和国の旗 中国 広州恒大淘宝
江蘇蘇寧
山東魯能泰山
上海上港集団
イランの旗 イラン フォーラド セパハン
トラクター サジ
ゾブ アハン
日本の旗 日本 FC東京
ガンバ大阪
サンフレッチェ広島
浦和レッドダイヤモンズ
カタールの旗 カタール エル ジャイシュ
レフウィヤ
サウジアラビアの旗 サウジアラビア アル アリ
アル ヒラル
アル イテハド
アル ナスルFC
大韓民国の旗 韓国 FCソウル
全北現代モータース
浦項スティーラース
水原三星ブルーウィングス
タイ王国の旗 タイ ブリーラム ユナイテッド
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 アル アイン
アル ジャジーラ
アル ナスル SC
 ウズベキスタン ブニョドコル
ロコモティフ タシケント
ナサフ カルシ
パフタコール タシケント
 ベトナム ベカメックス ビン ズオン

その他ライセンス[編集]

バイエルン ミュンヘンなどその他ヨーロッパチームの一部が未収録となっている。

その他ヨーロッパチーム多数が未収録となっている。

リーグモードなどでレアル マドリーまたはセビージャを選択すると2016年版がプレイ可能。

偽名カップとなり、2016でフルライセンスとなったチームの多くが選手のみライセンスまたは偽名となる。

ライセンスが消滅となったが偽名カップとして残る。リーグのある3ヶ国以外のクラブチームはその他南米の架空チームが使用される。

ライセンス消滅。偽名収録もなし。

ナショナルチーム[編集]

詳細
太字 - フルライセンス
Fict. - 偽名で収録される国

2016で新たにフルライセンスとなった10ヵ国のうち、アルバニアクロアチアスロバキアはフルライセンス継続、イングランドが偽ユニフォーム、他6ヵ国が偽名となった。
新たに実名化されたのはエクアドルベネズエラの2ヵ国。
新たに偽名となったのはハンガリーポーランドロシアカメルーンの4ヵ国。

スタジアム[編集]

リストはPS4版のもの。PS3版ではデータパックでの追加スタジアムをはじめ、一部スタジアムでプレイする事は出来ない。

実名スタジアム

架空スタジアム

  • コナミ・スタジアム [15]
  • ノイ・ゾネ・アレナ
  • メトロポール・アレナ
  • ホーフドスタッドゥ・シュタディオン
  • エスタディオ・カンペオン
  • エスタディオ・エスコルピオ
  • エスタディオ・ヌエボ・トリウンフォ
  • スタッド・ド・サジテール
  • スタジオ・オリオン
  • ブルク・スタディオン
  • エスタディオ・デル・マルタンガル
  • ローズパーク・スタジアム
  • コロッセオ・デ・ロス・デポルス
  • スポーツ・パーク

ボール[編集]

エキシビジョン使用可能ボール

  • Classic
  • Plain
  • WE-PES 00′s
  • WE-PES 30′s
  • WE-PES 40′s
  • WE-PES 50′s
  • WE-PES 60′s
  • WE-PES 2002
  • WE-PES 2003
  • WE-PES 2007
  • WE-PES 2008
  • WE-PES 2009 Claw
  • WE-PES 2010
  • WE-PES 2011
  • WE-PES 2012
  • WE-PES 2013
  • WE-PES 2014
  • WE-PES 2015
  • WE-PES 2016
  • CONTINUA
  • ForçaChape [注釈 2] [21]
  • Adidas Errejota
  • Nike Ordem 4
  • Puma evoPOWER 1
  • Umbro Neo Pro

楽曲[編集]


実況・解説[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日本国内版のみライセンスを取得している。
  2. ^ a b c d 発売後のデータパックにより追加。
  3. ^ 消滅都市』の同名BGMのアレンジバージョン。

出典[編集]

  1. ^ a b ウイニングイレブン2017公式サイト”. www.konami.com. 2017年7月28日閲覧。
  2. ^ a b c Pro Evolution Soccer 2017 Official Website”. www.konami.com. 2017年7月28日閲覧。
  3. ^ Pro Evolution Soccer 2017 Official Website”. www.konami.com. 2017年7月28日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m ライセンス / ウイニングイレブン2017公式サイト”. KONAMI. 2017年7月28日閲覧。
  5. ^ ウイニングイレブン2017(PS4)”. KONAMI STYLE. 2017年7月28日閲覧。
  6. ^ ゲームモード一覧 / ウイニングイレブン2017公式サイト”. KONAMI. 2017年7月30日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l ゲームプレイ / ウイニングイレブン2017公式サイト”. KONAMI. 2017年7月28日閲覧。
  8. ^ a b c 「リヴァプールFC」とオフィシャルパートナー契約を締結”. KONAMI (2016年8月16日). 2016年8月16日閲覧。
  9. ^ 「FCバルセロナ」とプレミアムパートナー契約を締結”. KONAMI (2016年7月26日). 2016年9月15日閲覧。
  10. ^ CBF + Konami = PES com Brasileirão oficial”. 2017年8月26日閲覧。
  11. ^ 「SCコリンチャンス」と独占ライセンス契約を締結”. KONAMI (2016年8月31日). 2016年9月15日閲覧。
  12. ^ 「フラメンゴ」と独占ゲームライセンス契約を締結”. KONAMI (2016年8月31日). 2016年9月15日閲覧。
  13. ^ a b c PES 2017 - 30 Argentinean Clubs”. 2017年8月26日閲覧。
  14. ^ 「リーベル・プレート」とオフィシャルパートナー契約を締結”. KONAMI (2016年8月26日). 2016年9月15日閲覧。
  15. ^ a b PES 2017 will feature all 16 teams in the first division of the Chilean national league!”. 2017年8月31日閲覧。
  16. ^ Dinamo will be the only Croatian club licensed in Pro Evolution Soccer 2017!” (2016年7月15日). 2017年7月28日閲覧。
  17. ^ a b PES 2017 Gamescom Trailer” (2016年8月17日). 2016年8月17日閲覧。
  18. ^ パートナー契約を締結している。「ボルシア ドルトムント」とオフィシャルパートナー契約を締結”. KONAMI (2016年8月17日). 2016年9月15日閲覧。
  19. ^ パートナー契約を締結している。「レッドブル・ブラジウ」と独占パートナーシップ契約を締結”. KONAMI (2016年8月31日). 2016年9月15日閲覧。
  20. ^ a b c d e f PES 2017 will also feature ALL of Brazil’s most popular stadiums as well!”. 2017年8月29日閲覧。
  21. ^ ウイイレのコナミがシャペコエンセに義援金を寄付 SoccerKing 2017年2月7日
  22. ^ a b ウイニングイレブン2017 × FCバルセロナ トレーラー”. YouTube KONAMI公式チャンネル. 2017年7月28日閲覧。

外部リンク[編集]