eFootball ウイニングイレブン 2020

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
eFootball ウイニングイレブン 2020
eFootball Winning Eleven 2020
eFootball Pro Evolution Soccer 2020
ジャンル スポーツ、サッカー、アクション
対応機種 日本版・日本版以外両方発売
PlayStation 4
日本版以外のみの発売
Xbox One
Microsoft Windows(Steam)
開発元 ウイニングイレブンプロダクション
発売元 コナミデジタルエンタテインメント
シリーズ ウイニングイレブン
発売日 アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗イギリスの旗 2019年9月10日
日本の旗 2019年9月12日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
エンジン Fox Engine
Enlighten (ミドルウェア)
テンプレートを表示

eFootball ウイニングイレブン2020』(海外版:eFootball Pro Evolution Soccer 2020)は、コナミデジタルエンタテインメントより2019年9月発売のサッカーゲーム。ウイニングイレブンシリーズとしては今作で24作目[注釈 1]である。日本版はPlayStation 4のみ発売。

ウイニングイレブン 2016以降タイトルの「ウイニングイレブン」の前に何かしら付くことはなかったが、今作では『eFootball』がタイトルの先頭に付くこととなった。
パッケージにはバルセロナメッシマンチェスター ユナイテッドマクトミネーバイエルンニャブリユヴェントスピャニッチが描かれる。

ゲーム内容[編集]

体験版[編集]

2019年7月30日配信。初報では11クラブがアナウンスされ、7月3日に12クラブ目のマンチェスター ユナイテッド、7月12日に13クラブ目のバイエルン ミュンヘン、7月16日に14クラブ目のユヴェントスが追加。ただし、ユヴェントス発表の際に体験版収録予定だったウニベルシダ チリがチームリストから消滅しており、使用可能チーム数は13となっている[1]
今作はエディットモードが追加され、イングランド1部・2部、スペイン1部、PEU/PLA/PASの架空3リーグのエディットが可能[2]。また、エディットしたチームをエクスポートをする事で製品版へ引き継げる(インポート出来る)仕様となっている。

新要素・変更要素[編集]

ゲームプレイ[編集]

  • イニエスタ監修の下、キック、ディフェンス、ドリブル等に新たなモーションを追加。新ドリブル「フィネスドリブル」を搭載している。
  • 新能力としてアグレッシブネスとボールキープ、新スキルとしてスルーパス、ミドルシュートが追加。
  • 選手の能力に応じて、ボールを持った際の味方選手の動きが変わる「選手長所」が追加。
  • R2がトラップスルーとなり、これまで同ボタンで可能だったトラップ時ボールを止める動作がR1+R2に変更。また、R2+右スティックのボール蹴り出しが今作は無くなった。

マスターリーグ[編集]

  • マスターリーグでは監督オフィス等といった要素が追加。インタビューや記者会見、会議等、特別な条件下で選択肢が発生し、選んだ選択肢によってクラブ経営の動き方や選手のモチベーション等が変わっていく。
  • 監督容姿は従来のモンタージュ制から監督アバター制となり、架空監督アバター10人と後述のレジェンドアバターから選択可能。
  • クライフマラドーナジーコロマーリオベベトロベルト カルロスマテウスフリットといったレジェンドを監督アバターとして使用可能となっている。
  • 実際の選手の推定移籍金や推定年俸をアップデートにより更新。現実さながらの移籍マーケットを楽しめる。

myClub[編集]

  • 2019ではLv30だった選手本来の能力値が今作ではLv1となる。
  • 注目選手にナショナルチームが追加される。

Matchday[編集]

  • 大きな試合等で行われるイベントであり、エル・クラシコならバルセロナとマドリー、ミラノダービーならインテルとミランといった派閥に分かれオンラインで総力戦を行い、選ばれた代表者同士の決戦やランキング上位を目指すモード。

その他[編集]

  • マスターリーグやmyClubの選手獲得演出等で使用可能な会見場の背景のスポンサーロゴを画像取り込みで設定可能。
  • ユニフォームネームがクラブとナショナルで個別に設定可能に。
  • 上記のマスターリーグの仕様変更によるあおりを受け、監督のモンタージュが無くなった。

myClubレジェンド[編集]

公式サイト上で判明しているレジェンド選手は以下の通り[3]

ライセンス[編集]

コナミ発表時点のもの[4]。本作ではイングランドリーグ、イングランド2部リーグ、スペインリーグ、スペイン2部リーグの偽名クラブの名称が「実名の一部(地名)+アルファベット1-2文字」に統一され、わかりやすくなった。

今作では2019で非搭載だったスペイン、イタリアの2部が再収録。また、ブラジル2部が新規収録されている。
各国カップ戦は特記事項がないものは全て偽名。

リーグライセンス[編集]

スマートフォン版のみのライセンス[編集]

Jリーグは2019年10月における2020へのアップデート後も継続収録される予定[7]

その他クラブライセンス[編集]

実名クラブのみ掲載。
P - パートナークラブ

所属リーグ国 チーム名
クロアチアの旗 クロアチア ディナモ ザグレブ
 チェコ スラヴィア プラハ
スパルタ プラハ
ドイツの旗 ドイツ バイヤー レヴァークーゼン
バイエルン ミュンヘンP
シャルケ 04P
ギリシャの旗 ギリシャ AEKアテネ
オリンピアコス ピレウス
パナシナイコス
PAOK
 ウクライナ ディナモ キエフ
シャフタール ドネツク
ペルーの旗 ペルー アリアンサ リマP
スポルト ボーイズP
スポルティング クリスタルP
ウニベルシタリオP
所属リーグ国 チーム名
イランの旗 イラン エステグラル
ペルセポリス
ゾブ アハン
イラクの旗 イラク アル ザウラー
カタールの旗 カタール アル ドゥハイル
アル ラーヤン
アル サッド
サウジアラビアの旗 サウジアラビア アル アリ
アル ヒラル
アル イテハド
アル ナスル
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 アル アイン
アル ワフダ
アル ワスル
 ウズベキスタン ロコモティフ
パフタコール
オーストラリアの旗 オーストラリア メルボルン ヴィクトリー
シドニー
中華人民共和国の旗 中国 北京国安
広州恒大
山東魯能
上海上港集団
日本の旗 日本 鹿島アントラーズ
川崎フロンターレ
サンフレッチェ広島
浦和レッズ
大韓民国の旗 韓国 大邱
慶南
全北現代モータース
蔚山現代
マレーシアの旗 マレーシア ジョホール ダルル タクジム
タイ王国の旗 タイ ブリーラム ユナイテッド

ナショナルチーム[編集]

コナミ発表時点のもの[4]

詳細
太字 - フルライセンス
Fict. - 選手偽名
DP1Full - DP1.0によるフルライセンス化[5]
DP1NonFict. - DP1.0による実名化[5]

その他ライセンス[編集]

  • UEFA EURO 2020
    • 2016に引き続き搭載。春のデータパックにてモードが追加され、50以上のナショナルチームライセンスを取得。

スタジアム[編集]

コナミ発表時点のもの[4]

  • 架空
    • コナミ・スタジアム
    • ノイ・ゾネ・アレナ
    • メトロポール・アレナ
    • ホーフドスタッドゥ・シュタディオン
    • エスタディオ・カンペオン
    • エスタディオ・エスコルピオ
    • エスタディオ・ヌエボ・トリウンフォ
    • スタッド・ド・サジテール
    • スタジオ・オリオン
    • ブルク・スタディオン
    • エスタディオ・デル・マルタンガル
    • ローズパーク・スタジアム
    • コロッセオ・デ・ロス・デポルス
    • スポーツ・パーク
    • ヴィレッジ・ロード
    • ナショナル・スタジアム
    • エスタディオ・タウロ
    • eFootball スタジアム
    • eFootball.Pro アレーナ

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ PS(2000も含む。)、PS2、PS3、PS4の通算。Jリーグ版、ファイナルエヴォリューション等は除く。

出典[編集]

  1. ^ The full #eFootballPES2020 DEMO team lineup is now confirmed, with @juventusfcen being the final club revealed.”. Twitter (2019年7月16日). 2019年7月19日閲覧。
  2. ^ Edit Mode includes the options to edit the following teams.ENG div. 1 & div. 2 ESP div. 1 PEU league PLA league PAS league”. Twitter (2019年6月30日). 2019年7月8日閲覧。
  3. ^ Pre Order”. ウイニングイレブン 2020 公式サイト. コナミ (2019年6月11日). 2019年6月15日閲覧。
  4. ^ a b c License”. ウイニングイレブン 2020 公式サイト. コナミ (2019年8月21日). 2019年8月21日閲覧。
  5. ^ a b c d eFootball ウイニングイレブン 2020アップデートおよびイベント開催のお知らせ”. ウイニングイレブン 2020 公式サイト. コナミ (2019年9月4日). 2019年9月4日閲覧。
  6. ^ リヴァプールFCライセンスに関するお知らせ”. ウイニングイレブン 2019 公式サイト. コナミ (2019年6月28日). 2019年6月28日閲覧。
  7. ^ モバイルゲーム『eFootball ウイニングイレブン 2020』の配信も10月に決定!”. コナミ公式サイト. コナミ (2019年8月21日). 2019年8月22日閲覧。

外部リンク[編集]