バーニー・サンダース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーニー・サンダース
Bernie Sanders.jpg
出身校 シカゴ大学 (B.A.)
現職 大工
映画製作
作家
研究者
所属政党 無所属
配偶者 ジェーン・オメアラ

アメリカ合衆国上院議員
任期 2007年1月3日 - 現職
任期 1991年1月3日 - 2007年1月3日

任期 1981年 - 1989年
テンプレートを表示

バーナード・"バーニー"・サンダース: Bernard "Bernie" Sanders1941年9月8日 - )はアメリカ合衆国政治家ニューヨーク州ニューヨーク市出身で、バーモント州選出の無所属上院議員。信仰する宗教ユダヤ教である。

2007年以来、上院議員を務めている。その前は下院議員(1991年 - 2007年、通算8期16年)、バーモント州バーリントン市長1981年 - 1989年)を務めた。

2006年の下院から上院への鞍替え立候補では、民主党はじめバーモント進歩党アメリカ民主社会主義者などから支援を受ける無所属候補として選挙を戦い、議席を得た。サンダースは自ら民主社会主義者であると名乗っているため、米国上院初の社会主義者の議員となった(下院では過去にサンダース自身をはじめ、アメリカ社会党ヴィクター・L・バーガーなどの例がある)。

2010年12月13日、ブッシュ政権から続いていた減税措置の延長をめぐって8時間半に及ぶフィリバスターを行った。通常フィリバスターはシェイクスピアや合衆国憲法を意味もなく朗読するものであるが、このフィリバスターは減税措置をはじめとする行き過ぎた自由市場主義によってもたらされた貧富の格差の拡大や国内産業の衰退について強い批判の態度を持って行われ、本人も「2時間あれば言い終わると思っていた」と話している。このフィリバスターはたちまちインターネットで話題になり、その様子がツイッターで中継された[1]

左翼系無所属の議員であるが、アメリカ合衆国第112議会の上院では同じく無所属のアンガス・キング(en)とともに、民主党と院内会派を組んでいる。

生い立ち[編集]

ユダヤ系ポーランド人移民の息子としてブルックリンで生まれた。ブルックリンのジェームズ・マディソン高校を卒業、シカゴ大学に進学し1964年に政治学の学位を取得した[2]。卒業後はイスラエルキブツで過ごし、政治的見解を形成した[3]。1964年にバーモント州に移り住み、大工、映画製作、作家、研究者などさまざまな職を経験した[2]

初期の政治経歴[編集]

参照[編集]

  1. ^ http://archive.is/20130330225601/http://www.sanders.senate.gov/newsroom/news/?id=e35eddb4-0d83-4c55-92c0-e448c55526ff
  2. ^ a b Leibovich, Mark (2007年1月21日). “The Socialist Senator”. The New York Times Magazine (The New York Times). http://www.nytimes.com/2007/01/21/magazine/21Sanders.t.html 2007年7月18日閲覧。 
  3. ^ Greaff, Christopher (1991年9月8日). “Socialist in Congress Goes Where Democrats, Republicans Fear to Tread”. Associated Press. The Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/1991-09-08/news/mn-2854_1_major-party/2 2010年9月2日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
ゴードン・パケット
バーリントン市長
1981年 - 1989年
次代:
ピーター・クラヴェール
議会
先代:
ピーター・P・スミス
パーモント州選出下院議員
パーモント州大選挙区

1991年1月3日 - 2007年1月3日
次代:
ピーター・ウェルチ
議会
先代:
ジム・ジェフォーズ
バーモント州選出上院議員(第1部)
2007年1月4日 - 現在
同職:パトリック・リーヒ
現職
儀礼席次
先代:
ベン・カーディン
D-メリーランド州
アメリカ合衆国上院議員序列
61位
次代:
シェロッド・ブラウン
D-オハイオ州