ロザリオ・ドーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロザリオ・ドーソン
Rosario Dawson
Rosario Dawson
生年月日 1979年5月9日(34歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
主な作品
シン・シティ
デス・プルーフ in グラインドハウス

ロザリオ・ドーソンRosario Dawson, 1979年5月9日 - )は、アメリカ合衆国女優

来歴[編集]

ニューヨーク州ニューヨークにて、プエルトリコ人とキューバ人の混血である母親とネイティブ・アメリカンアイルランド人の混血である父親[1]のもとに生まれる。ロザリオを生んだ時母親は16歳で、父親である男性とは結婚しなかった[2][3][4]。ロザリオが1歳の時に母親が建築作業員の男性と結婚し、その元で育つ。

家の前のポーチに座っていたところをスカウトされて『KIDS/キッズ』でデビューし、高い評価を得る。その後、本格的にリー・ストラスバーグ演劇学校で学ぶ。以後、クエンティン・タランティーノケヴィン・スミスオリヴァー・ストーンロバート・ロドリゲススパイク・リーなどの作品に出演、コメディからシリアスまで、幅広い演技を見せている。

プライベート[編集]

俳優のジェイソン・ルイスと交際するが2006年に別れている[5]。2012年より映画『Trance』の監督ダニー・ボイルと交際している[6][7][8]


主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1995 KIDS/キッズ
Kids
ルビー
1998 ラストゲーム
He Got Game
ララ
1999 ハイスクール・ジャック 怒りの教室
Light It Up
ステファニー・ウィリアムズ
2001 プッシーキャッツ
Josie and the Pussycats
ヴァレリー・ブラウン
サイドウォーク・オブ・ニューヨーク
Sidewalks of New York
マリア
チェルシーホテル
Chelsea Walls
オードリー
2002 ロード・トゥ・ヘル
Ash Wednesday
グレイス
シリコンバレーを抜け駆けろ!
The First $20 Million Is Always the Hardest
アリサ
メン・イン・ブラック2
Men in Black II
ローラ
プルート・ナッシュ
The Adventures of Pluto Nash
ディーナ
25時
25th Hour
ナチュレル・リヴェラ
2003 ニュースの天才
Shattered Glass
アンディ・フォックス
ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン
The Rundown
マリアナ
2004 アレキサンダー
Alexander
ロクサネ
2005 シン・シティ
Sin City
ゲイル
レント
Rent
ミミ
2006 シティ・オブ・ドッグス
A Guide to Recognizing Your Saints
ローリー
クラークス2/バーガーショップ戦記
Clerks II
ベッキー
2007 デス・プルーフ in グラインドハウス
Death Proof
アバナシー
2008 キルショット
Killshot
ドナ
イーグル・アイ
Eagle Eye
ゾーイ・ペレス
7つの贈り物
Sevenpounds
エミリー・ポーサ
GEMINI DIVISION ジェミナイ・ディビジョン
Gemini Division
アンナ・ディアス テレビシリーズ
2010 パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々
Percy Jackson & the Olympians: The Lightning Thief
ペルセポネー
アンストッパブル
Unstoppable
コニー・フーバー
2011 トラブルナイト in L.A.
Girl Walks Into a Bar
ジューン
Mr.ズーキーパーの婚活動物園
Zookeeper
ケイト
2012 ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い
Fire with Fire
タリア・ダラム
2013 トランス
Trance
エリザベス
Sin City: A Dame to Kill For ゲイル

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Rosario Dawson: Actress Profile - ウェイバックマシン(2006年11月8日アーカイブ分) - Movies.go.com
  2. ^ Isabel Celeste”. Sulafilms.com (2010年). 2010年11月8日閲覧。
  3. ^ Mills, Nancy (2007年9月23日). “Rosario Dawson grabs life by the horns”. London: The Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/home/you/article-481825/Rosario-Dawson-grabs-life-horns.html 2010年11月8日閲覧。 
  4. ^ "The Kid Stays in the Pictures". New York Times. February 19, 2009.
  5. ^ Rosario Dawson and Jason Lewis Split”. Us Weekly. 2007年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年3月20日閲覧。
  6. ^ Sierra Marquina (2012年8月5日). “New Couple Alert: Danny Boyle and Rosario Dawson”. E!Online. 2012年8月8日閲覧。
  7. ^ J. J. Anisiobi (2012年8月5日). “Danny Boyle's girlfriend Rosario Dawson gets patriotic in Union Flag glasses as she visits the Olympic Park”. 2012年8月8日閲覧。
  8. ^ “ダニー・ボイル監督と女優ロザリオ・ドーソンがキス! 新作がきっかけで交際”. 映画.com. (2012年8月14日). http://eiga.com/news/20120814/5/ 2012年10月30日閲覧。 

外部リンク[編集]