岩佐美咲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
わさみんから転送)
移動: 案内検索
いわさ みさき
岩佐 美咲
プロフィール
愛称 わさみん、みっきー
生年月日 1995年1月30日
現年齢 19歳
出身地 日本の旗 日本千葉県
血液型 O型
公称サイズ(2010年12月時点)
身長 / 体重 156 cm / kg
スリーサイズ 74 - 56 - 80 cm
活動
ジャンル アイドル演歌
備考 AKB48 チームKメンバー
(元7期研究生→チームA→チームB)
他の活動 渡り廊下走り隊7(2010年6月30日 - 2014年2月9日)
モデル: テンプレート - カテゴリ

岩佐 美咲(いわさ みさき、1995年1月30日 - )は、日本アイドル女性アイドルグループAKB48チームKのメンバーであり、演歌歌手としても活動している。

千葉県出身。長良プロダクション所属。

来歴[編集]

2009年

  • 8月23日、『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演において、同年10月よりチームAメンバーに昇格することが発表され、2010年7月27日にチームAメンバーへ正式に昇格した。なお、新チーム公演開始時期の関係上、前田亜美とともに7期生最後の昇格者となった。昇格発表からチームAの初回公演までに約1年掛かり、研究生時代よりも暇となり「何かしないといけないが、何をして良いのか分からず」苦悩の日々を過ごす[1]
  • 9月27日、AKB48初の日本国外単独コンサート『AKB48 NY公演 supported by スカパー!HD』(ニューヨーク市・WEBSTER HALL)に研究生としては佐藤すみれと共に参加。
  • 10月30日、正式昇格前に初舞台としてAKB歌劇団「∞・Infinity」に参加。

2010年

2011年

  • 3月29日に開催された『チームA 6th「目撃者」』公演において、演歌歌手を目指すためプロダクション尾木から氷川きよし山川豊らが所属する長良プロダクションへ移籍することを自ら発表[2][3]。同事務所に所属する初のAKB48メンバーとなる。
  • 4月1日、長良プロダクションへ正式移籍。ただし移籍後当面は「渡り廊下走り隊7」や「Team Ogi祭」など、プロダクション尾木所属時代からの活動を並行して行っている[3]

2012年

  • 2月1日に徳間ジャパンコミュニケーションズから「無人駅」でソロデビューした。AKB48メンバーのソロデビューは板野友美前田敦子に次いで3人目[注 1]であり、演歌歌手としてのソロデビューは初となる。前日には、東京・台東区の浅草寺でヒット祈願、新橋駅前のSL広場などでソロデビューイベントを開催。また、2月21日には『NHK歌謡コンサート』(NHK総合)にも出演[4]
  • 4月3日よりTBSラジオミュージックナビ〜昨日と今日との交差点〜』のアーティストコーナーにおいて初のソロレギュラー番組「こんばんわさみん」が始まる。
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル選抜総選挙』では33位で、ネクストガールズに選出された[5]
  • 7月29日、いすみ鉄道国吉駅で『無人駅で「無人駅」を歌おう!!』イベントを開催。イベント後、同駅から大原駅まで岩佐が「一日車掌」として乗務する団体列車「特別急行 わさみん号」が運行される[6][7]
  • 8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チームBに異動することが発表された[8]
  • 10月20日、「『無人駅』フォトコンテスト」表彰イベントにてセカンドシングルの発売を発表[9]
  • 11月1日、チームBに異動。
  • 11月3日、チームBウェイティング公演のスターティングメンバーとして新チームでの活動を開始する[10]

2013年

  • 1月9日、ソロとして2枚目のシングル「もしも私が空に住んでいたら」発売。同月21日付オリコン週間シングルチャートにおいて初登場5位を記録。
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』では56位となり、フューチャーガールズに選出された[11]

2014年

  • 1月7日、発売に先立ち東京都で行われた「鞆の浦慕情」初披露イベントにおいて、曲の舞台となった福山市から「福山・鞆の浦応援特別大使」に任命された。これに対して岩佐もサプライズで、同市のイメージキャラクター「ローラ」を「わさみん鞆の浦慕情応援隊長」に任命した[12]
  • 1月8日、ソロとして3枚目のシングル「鞆の浦慕情」発売。同月20日付オリコン週間シングルチャートにおいて初登場1位を記録、演歌歌手としては氷川きよしときめきのルンバ」以来約4年5か月ぶり、10代の演歌歌手に限ると城之内早苗あじさい橋」以来約27年7か月ぶりの同チャート1位獲得を記録。演歌・歌謡ソロアーティストによるデビューから3作連続でのトップ10入りは約39年3か月ぶり、女性演歌歌手としては1973年2月に森昌子が「中学三年生」で達成して以来、約41年ぶり[13]
  • 2月24日、Zepp DiverCityで開催された「AKB48グループ大組閣祭り」において、チームKへの異動が発表される[14]
  • 4月11日、MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島で開催された日本プロ野球広島東洋カープ中日ドラゴンズ第4回戦[15]において国歌独唱始球式を行う[15][16]。AKB48のメンバーによる国歌独唱はこれが初めてとなった[15][16]
  • 4月24日、チームKへ異動。
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル選抜総選挙』では49位で、フューチャーガールズに選出された[17]

人物[編集]

3人姉妹の次女[18]

物心がついた頃から歌手志望で、幼稚園の頃には近所の人の前で歌っていた[19]。小学校では生徒会長を務め、中学校の入学式では新入生代表の挨拶を行うなど、元々人前に出ていくことが好きであった[19]

小学校1年生の頃からダンスを習い始める[19]。AKB48加入前に、玉置成実のバックダンサーを務めた経験もある[20]。羽島ボーカルアカデミー出身[20]

祖父母と同居しているために岩佐自身も演歌を好むようになり、カラオケなどでも歌っている。2010年10月9日・10日に開催された『AKB48 東京秋祭り』では、1日目の「ゆるゆるカラオケ大会」で十八番の「津軽海峡・冬景色」を、2日目の「ぐだぐだカラオケ大会」で「天城越え」をこぶしの効いた歌声で熱唱した[3]。1日目は「睡蓮花」(湘南乃風)を披露した大家志津香内田眞由美ペアにモノボケ対決で勝利し、MYP (Most Yuruyuru Performer) に選ばれハワイ旅行を獲得した。この際に篠田麻里子は「大漁まつり」(さくらまや)を披露した中村麻里子と演歌ユニットを結成してみるのはどうか、と提案している[21]。 ちなみにこの時のハワイ旅行は手元に届いていない[22]

料理が得意な母親の助けを借りてハンバーグ筑前煮などを自作し、それが予想外に上出来だったため、番組で「料理が得意」と紹介されたことがある[23]が、実は「玉子焼きしか一人で作れない」。ただし本人曰く、料理は「レシピがわかれば作れる」[18]。好きな食べ物はもつ煮、辛いもの、ツブ貝などのおつまみ系、硬めに炊いた白米[18]。苦手な食べ物は数の子栗ご飯[24]

2次元好きである。好きな作品として『ソードアート・オンライン』などの電撃文庫原作のアニメ[25]や、『鋼の錬金術師[23]、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない[25]、『けいおん![25]を挙げている。キャラクターでは、PSPゲーム『うたの☆プリンスさまっ♪』の登場人物である「来栖翔」の推しである[25]

漫画をため込んでいることもあり、部屋の中がベッドの上以外足の踏み場もないほど雑然とした状態になっているが、「部屋を物置として考えている」ため、「別にきれいにする気がない」[18]

声優としての活動も希望している[25]。『AKB0048』の声優選抜のオーディション時、それとは聞かされずにセリフ読みの録音に参加したが、もっと一生懸命セリフを読めばよかったと悔やんでいる[25]。好きな声優として自らと同じ演歌経験者の水樹奈々を挙げている[25]

元SDN48の野呂佳代をこよなく愛している。ちなみに野呂はAKB48での推しメンは岩佐であると公言している[要出典]

『「Beginner握手会」 ネ申10番勝負』においてチームキャプテンを任せられたことがある。勝敗はファンの声援の大きさを測定して決定。その際、最後のキャプテン対決の歌勝負にて歌詞が飛んでしまい申し訳ない気持ちでいたのだが、相手キャプテンの増田有華を僅差で抑えファンの温かさに涙した[要出典]

オフ日にスケジュールが合わずに仕方なく一人で外出したことがきっかけで一人での外出に嵌り、秋葉原カラオケボックス一人カラオケをしたり、大戸屋で一人で食事するなどしている[18]自身ではこのことを「ぼっち活動」と呼んでいる。また、独自に「ぼっち活動」をしていた田名部生来と「ぼっち兄弟」となっている[要出典]

自らを「ネット弁慶」と称し、ネット上では面白いことが書けるがリアルなメディア対応等で面白いことが出てこないことに悩んでいる[26]

演歌歌手としてソロデビューしてから、歌唱キャンペーンを通してCD1枚を買っていただく重みを感じ、より一層ファンのありがたみを感じるようになったと第4回総選挙でコメントしている[要出典]

AKB48関連[編集]

仲の良いメンバーは同期(7期)の小森美果と同年齢(1994年度生まれ)の多田愛佳(現・HKT48)。多田についてはAKB48に入る前から「推しメン」だった[18]藤江れいなとは出身高校が同じ[27][要検証 ]

研究生時代に、正式メンバーの代役として劇場公演に出るように要請され、短期間で歌とダンスを覚えた経験を持つ努力家でもある[28]

「わさみん」という愛称は元メンバーの成瀬理沙によって命名されたもの[29]。最初は「みっきー」という愛称にしようとしたが、1週間程度で変えた[18]。また、元メンバーの仲谷明香や、同じチームBの片山陽加は岩佐のことを「わさ」と呼ぶ。また、石田晴香は「いわみん」と呼ぶ。自身の公式ブログ記事を投稿する毎に自分も1回はコメントを残している[18]

2009年に参加したAKB歌劇団「∞・Infinity」を 企画・構成・演出した広井王子に認められ、その後の渡り廊下走り隊7への参加に繋がったとされている[30]

チームBからは以前は無かった『あなたの心に走り隊(たい)!!始発駅は「無人駅!!」』というキャッチフレーズで自己紹介をすることとなる。なお、それ以前からキャッチフレーズを作りたいと上述のソロレギュラー番組「こんばんわさみん」にてキャッチフレーズを募集して『あなたの!あなたの!あなたの!心に美しく咲く花になりたい!』というキャッチフレーズに決定し使用するとのことだったが、こちらは「こんばんわさみん」だけでの使用となっている[要出典]

チームBの定番曲「チームB推し」では、「無人駅」のサビをこぶしを回しながら歌う仕草を披露している[要出典]

受賞歴[編集]

2012年

AKB48での参加楽曲[編集]

シングルCD選抜楽曲[編集]

アルバムCD選抜楽曲[編集]

  • 神曲たち」に収録
    • 君と虹と太陽と
  • ここにいたこと」に収録
    • Overtake - 「チームA」名義
    • ここにいたこと - 「AKB48+SKE48+SDN48+NMB48」名義
  • 1830m」に収録
    • Hate - 「チームA」名義
    • ぐ〜ぐ〜おなか
    • 青空よ 寂しくないか? - 「AKB48+SKE48+NMB48+HKT48」名義
  • 次の足跡」に収録
    • 悲しき近距離恋愛 - 「Team B」名義

劇場公演ユニット曲[編集]

チームA 5th Stage「恋愛禁止条例」公演(劇場初出演)

  • スコールの間に(バックダンサー)
  • 真夏のクリスマスローズ(バックダンサー)
  • 恋愛禁止条例
    宮崎美穂のアンダー

チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」公演

  • ごめんねジュエル(バックダンサー)

チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」公演

  • 純情主義(バックダンサー)

チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」公演

多田愛佳の全員曲アンダー
  • 片思いの対角線(バックダンサー)
  • 天国野郎(バックダンサー)

チームK 5th Stage「逆上がり」公演

研究生「アイドルの夜明け」公演

  • 口移しのチョコレート
  • 天国野郎(バックダンサー)

THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームA 6th Stage「目撃者」公演

梅田チームB ウェイティング公演

チームK 7th Stage「RESET」公演

  • 明日のためにキスを

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

音楽番組[編集]

バラエティなど[編集]

テレビアニメ[編集]

スポーツ[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

  • AKB歌劇団「∞・Infinity」(2009年10月30日 - 11月8日、THEATRE G-ROSSO) - 愛 役
  • Arts Fusion in KANAGAWA ドリル魂 YOKOHAMA ガチンコ編(2010年2月26日 - 2月28日、神奈川県立青少年センターホール
  • らめらめ(2010年5月18日・5月22日・5月23日、八幡山ワーサルシアター) - 主演・スーちゃん 役(仁藤萌乃小原春香とのトリプルキャスト)

CM[編集]

イベント[編集]

  • 長良グループ「新春演歌まつり」(2012年2月9日、日本ガイシホール/11日、大阪城ホール/25日、横浜アリーナ
  • 東日本大震災被災地支援チャリティー「第17回輝け!歌の祭典」紅白歌合戦(2012年3月7日、ゆうぽうとホール五反田)
  • 長良グループ「夜桜演歌まつり」(2012年4月11日、大田区民ホール・アプリコ)
  • 長良グループ主催「ティーンズカラオケ大会本選大会」(2012年8月19日、メルパルク東京ホール)
  • 岩佐美咲の『無人駅』へようこそ(2012年7月11日、AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA シアターエリア)
  • 第三回 演歌歌謡大行進〜山野楽器創業120周年スペシャル〜(2012年9月24日、中央区立日本橋公会堂)
  • 長良グループ「新春演歌まつり」告知イベント(2012年10月3日、ラクーア ガーデンステージ)
  • 第12回虹の架け橋 まごころコンサート(2012年10月4日、NHKホール
  • 第八回大江戸うた祭り ふれあいコンサート(2012年10月17日、北とぴあ さくらホール)
  • 大月みやこ香西かおりジョイントコンサート(2012年11月21日、神奈川県民ホール
  • 長良グループ「新春演歌まつり」(2013年2月7日、日本ガイシホール/10日、大阪城ホール/23日、横浜アリーナ

PV[編集]

  • 玉置成実『You are the music in me』(バックダンサー)
  • 玉置成実 コンサート(バックダンサー)

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

リリース日 タイトル 最高位 販売形態 レコードNo: 形態
徳間ジャパンコミュニケーションズ
1 2012年2月1日 無人駅 5位 CD
CD+DVD
TKCA-73745
TKCA-73741
通常盤
初回盤
2 2013年1月9日 もしも私が空に住んでいたら 5位 CD
CD+DVD
TKCA-73865
TKCA-73860
通常盤
生産限定盤
3 2014年1月8日 鞆の浦慕情 1位 CD
CD+DVD
TKCA-74055
TKCA-74050
通常盤
生産限定盤

カバーアルバム[編集]

リリース日 タイトル 最高位 販売形態 レコードNo: 形態 備考
徳間ジャパンコミュニケーションズ
1 2013年11月6日 リクエスト・カバーズ 9位 CD
CD+DVD
TKCA-74015
TKCA-74010
通常盤
初回生産限定盤

DVD[編集]

書籍[編集]

雑誌・新聞連載[編集]

  • 月刊歌の手帖(2012年4月25日 - 、マガジンランド) - 「追跡わさみん」を掲載。

写真集・カレンダー[編集]

  • 岩佐美咲 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 卓上 岩佐美咲 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)
  • 卓上 岩佐美咲 2014年カレンダー(2013年12月6日、ハゴロモ)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 企画物の大堀めしべ、秋元康がプロデュースに関与しない増田有華おぐまなみを含めると6人目となる。

出典[編集]

  1. ^ 「無人駅」DVD(岩佐美咲HISTORY MOVIE)
  2. ^ 「目撃者」 - AKB48オフィシャルブログ(2011年3月30日)
  3. ^ a b c “AKB岩佐美咲、演歌歌手に“転身””. デイリースポーツオンライン (デイリースポーツ社). (2011年3月31日). オリジナル2011年4月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110402174424/http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/03/31/0003908517.shtml 2012年8月5日閲覧。 
  4. ^ AKB岩佐 アキバじゃなく新橋でデビュー曲披露 - Sponichi Annex 2012年2月1日
  5. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ 2012年6月6日
  6. ^ AKBの岩佐美咲が一日車掌!「鉄道オタクになりそう」 - スポーツニッポン 2012年7月29日
  7. ^ いすみ鉄道で「特別急行 わさみん号」運転 - 『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース(交友社) 2012年7月30日
  8. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日
  9. ^ 岩佐美咲 来年1月に第2弾シングル発売決定に大感激 - スポーツニッポン 2012年10月20日
  10. ^ 小嶋陽菜、親知らずでツインテール封印-AKB48・新チームBウェイティング公演 - マイナビニュース(2012年11月4日)
  11. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2013年6月8日)
  12. ^ 「鞆の浦慕情」の舞台!福山・鞆の浦 福山市ホームページ
  13. ^ “41年ぶりの快挙「AKB48」岩佐美咲 演歌界の救世主となるか”. THE PAGE (Wordleaf Corporation). (2014年2月10日). http://thepage.jp/detail/20140210-00000005-wordleaf 2014年2月10日閲覧。 
  14. ^ AKB48グループ 大組閣祭り 組閣後 AKB48 AKB48オフィシャルサイト
  15. ^ a b c “岩佐、AKB初のソロ国歌独唱!「すごく緊張しました」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2014年4月12日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140412/akb14041205020001-n1.html 2014年4月17日閲覧。 
  16. ^ a b “AKB48初のソロ国歌斉唱、岩佐美咲が広島戦で下手投げ”. ナタリー (ナターシャ). (2014年4月15日). http://natalie.mu/music/news/114523 2014年4月17日閲覧。 
  17. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2014年6月7日)
  18. ^ a b c d e f g h 『岩佐美咲のラジカントロプス2.0』2011年8月21日付放送分
  19. ^ a b c 【Power Push】 岩佐美咲「もしも私が空に住んでいたら」インタビュー (1/4) - ナタリー 2013年1月14日閲覧
  20. ^ a b 岩佐美咲 AKB48名鑑 - Sponichi Annex
  21. ^ 『AKB48 東京秋祭り』DVDより
  22. ^ 今日は一日"AKB"三昧 IN 幕張メッセ 2012年12月1日
  23. ^ a b 音の素』(読売テレビ)2011年1月31日放送分
  24. ^ 「☆ありがとやま☆」 - 本人公式ブログ(2011年8月23日)
  25. ^ a b c d e f g 【Power Push】 岩佐美咲「もしも私が空に住んでいたら」インタビュー (3/4) - ナタリー 2013年1月14日閲覧
  26. ^ 『2012/05/14、「目撃者」公演 』
  27. ^ 「質返43(-ω-)★」 - 藤江れいな公式ブログ(2010年9月25日)
  28. ^ アートディンク. AKB1/48 アイドルと恋したら… (日本語). (バンダイナムコゲームス). PlayStation Portable. シーン: アドレス帳内メンバー紹介. (2010-12-23)
  29. ^ 『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2011』コメンタリーで本人が発言。
  30. ^ 2010年9月25日発行『AKB48 じゃんけん選抜 公式ガイドブック』95Pに記載。
  31. ^ 第45回日本有線大賞 - TBS、2012年11月1日閲覧。

外部リンク[編集]