阿野家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
阿野氏から転送)
Jump to navigation Jump to search
阿野家
家紋
からはな
唐花
本姓 1.藤原北家閑院流滋野井庶流
2.清和源氏為義流
家祖 1.阿野公佐
2.阿野全成
種別 1.公家羽林家
 華族子爵
2.武家
出身地 山城国
主な根拠地 1.山城国
2.駿河国阿野荘
著名な人物 1.阿野廉子
 阿野実為
 阿野実顕
支流、分家 1.山本家羽林家
 北大路家奈良華族
 玉松家華族男爵))
凡例 / Category:日本の氏族

阿野家(あのけ)は、羽林家の家格を有する公家藤原北家閑院流滋野井庶流

家業は神楽有職故実家紋は唐花。近衛家家礼江戸時代家禄は478。(旧家外様明治維新後は子爵

阿野の家名は草創期における武家との相続関係に由来しており、源義朝の七男で義経の同母兄である今若丸駿河国駿東郡阿野荘静岡県沼津市西部)を領し、その地名を苗字の地として阿野全成と称したことがもともとの始まりである。

概要[編集]

公家の阿野家は、藤原成親の四男で滋野井実国猶子である公佐を家祖とする。阿野全成の女が阿野荘の一部を相続して公佐に嫁した後、公佐および全成女の子孫が代々これをそのまま相続し、やがて「阿野」が一流の家名となった。

家祖公佐の官歴は不詳だが、その子実直宝治3年(1249年公卿に列した。実直の子には公寛公仲がおり、家系もこの二流に分かれたが、近代まで続くのは後者である。公寛の子孫は季長以後公卿に昇った者はおらず、実益が嫡家である滋野井家遺跡を再興した。阿野家の嫡流となった3代公仲と4代公廉は不遇に終わるが、その子5代実廉後醍醐天皇に仕えて公卿に昇り、妹の廉子は天皇の後宮に入って後村上天皇を産んだ。この縁から阿野家は代々南朝に仕えたが、これが家の分裂や弱体化を避けることにつながり、南北朝合一後も公家社会に留まることを可能にしたとみられる。南朝では、6代季継権大納言に、8代実為後亀山天皇の信任を得て異例の内大臣に昇進したほか、その子9代公為権中納言に進んだものとみられるが、彼については北朝から叙任を受けた形跡もある。10代実治は合一後の朝廷に仕えて権中納言となり、中流公家の家格を保持したが、その子11代公熙応仁の乱で西軍に属し、その子13代季綱将軍足利義稙の信頼を得たものの参議のまま頓死する。これを継いだ14代季時早世したために後嗣なく、ここに阿野家は中絶することとなった。

その約半世紀後、季時の孫16代実顕が阿野家を再興する。実顕は慶長17年(1612年公卿に列して正二位権大納言に進み、江戸時代の阿野家はこれを極位極官としたが、40代で没した者が多い関係で実際に極位極官に達したのは18代公業・19代実藤・21代公緒・23代公縄の4代にとどまる。明治維新後の太政官政府で27代公誠参与に補任、その子28代実允華族令子爵を授けられた。菩提所は松林院。

分家に羽林家山本家(子爵)、維新後に堂上格となった奈良華族北大路家(男爵)、同じく維新後に堂上格となった玉松家(男爵)がある。

武家[編集]

阿野全成を祖とする武家の阿野氏に全成の嫡男時元の系統があるが、時元が失脚して後は振るわず、南北朝期には記録が絶えている。

歴代当主[編集]

  1. 阿野公佐(? - ?)
  2. 阿野実直(1209年 - 1251年)
  3. 阿野公仲(? - ?)
  4. 阿野公廉(? - ?)
  5. 阿野実廉(1288年 - ?)
  6. 阿野季継(? - 1355年?)
  7. 阿野実村(? - ?)
  8. 阿野実為(? - 1399年頃)
  9. 阿野公為(? - 1403年頃)
  10. 阿野実治(1393年? - 1449年)
  11. 阿野公熙(1418年 - 1472年)
  12. 阿野季賢(1454年 - ?)
  13. 阿野季綱(1471年 - 1511年)
  14. 阿野季時(1507年 - 1532年)
  15. 阿野実時(? - 1606年)
  16. 阿野実顕(1581年 - 1645年)
  17. 阿野公福(1598年 - 1619年)
  18. 阿野公業(1599年 - 1683年)
  19. 阿野実藤(1634年 - 1693年)
  20. 阿野実字(1665年 - 1689年)
  21. 阿野公緒(1666年 - 1741年)
  22. 阿野実惟(1700年 - 1743年)
  23. 阿野公縄(1728年 - 1781年)
  24. 阿野実紐(1746年 - 1786年)
  25. 阿野公倫(1773年 - 1800年)
  26. 阿野実典(1798年 - 1838年)
  27. 阿野公誠(1818年 - 1879年)
  28. 阿野実允(1850年 - 1887年)
  29. 阿野季忠(1886年 - 1944年)
  30. 阿野佐喜子(1935年 - )

系譜[編集]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末の阿野家領は以下の通り。(7村・478石余)

  • 山城国葛野郡上嵯峨村のうち - 59石余
  • 山城国葛野郡天竜寺門前のうち - 21石余
  • 山城国葛野郡池裏村のうち - 8石余
  • 山城国葛野郡川端村のうち - 125石余
  • 山城国葛野郡生田村のうち - 9石余
  • 山城国紀伊郡六地蔵村のうち - 30石余
  • 山城国宇治郡木幡村のうち - 223石余

参考文献[編集]