阿野季忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阿野季忠

阿野 季忠(あの すえただ、1886年明治19年)10月4日[1] - 1944年昭和19年)12月3日[1][2])は、大正・昭和期の実業家政治家華族貴族院子爵議員

経歴[編集]

子爵阿野実允の三男として生まれ、父の死去に伴い、1887年10月20日、子爵を襲爵した[1][3][4][5][6]

1912年7月、東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業[2][4][7]1913年十五銀行に入行し、秘書業務部副長、監理課長、大阪支店長、取締役、副頭取などを歴任[2][4]。その他、藤永田造船所取締役、第一信託取締役、園池製作所会長、蓬莱殖産専務取締役、帝国倉庫運輸監査役などを務めた[2][4]

1944年3月、貴族院子爵議員補欠選挙で当選し[8]研究会に所属して活動したが、同年12月に死去した[2]

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『平成新修旧華族家系大成』上巻、38頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』33頁。
  3. ^ a b 『華族畫報』下、704頁。
  4. ^ a b c d 『人事興信録』第14版 上、ア23頁。
  5. ^ 『大日本華族大鑑』210頁。
  6. ^ 『官報』第1295号、明治20年10月21日。
  7. ^ 『東京帝国大学一覧 從大正元年 至大正2年』東京帝国大学、1913年、学士及卒業生姓名98頁。
  8. ^ 『官報』第5158号、昭和19年3月27日。
  9. ^ 『官報』第3672号「叙任及辞令」1924年11月18日。

参考文献[編集]

  • 杉謙二編『華族畫報』下、吉川弘文館、2011年(華族画報社大正2年刊の複製)。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1943年。
  • 筒井住蓮編『大日本華族大鑑』都通信社、1911年。


日本の爵位
先代:
阿野実允
子爵
阿野家第2代
1887年 - 1944年
次代:
栄典喪失