企画者104

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
横田誠から転送)
移動先: 案内検索
企画者104
本社所在地 102-007
東京都千代田区九段南4-7-16
業種 編集プロダクション
代表者 横田誠
テンプレートを表示

企画者104(きかくしゃいちまるよん)は、日本の編集プロダクション[1]。特撮テレビドラマスーパー戦隊シリーズメタルヒーローシリーズで「企画協力」としてクレジットされている企業として知られる[2]

概要[編集]

特撮テレビドラマやテレビアニメなどの設定管理[注釈 1]やデザインコーディネート業務[注釈 2]をなどを手掛ける[2]。番組の企画制作から携わっており、そのほかシナリオの管理・資料の収集・衣裳合わせ・オーディションの手伝いなど活動は多岐に渡る[2]

1970年代に雑誌記者であった市川信吾が設立[2][注釈 3]東映の特撮テレビドラマが石ノ森章太郎原作作品と並行してオリジナル企画作品を制作しており、作品の情報を児童誌などの出版社へ提供する窓口として『忍者キャプター』より東映特撮作品に携わる[2][注釈 4]

裏方に徹するという方針であるためインターネット上にも情報が少なく、特撮ファンだけでなく業界関係者の間でもあまり実態を知られていなかったが[2]、2010年代からはFacebookの開設や雑誌でのインタビュー掲載など露出の機会が増えている。

主な所属者[編集]

横田 誠(よこた まこと)
現社長。1954年6月9日生まれ[2]。東京都出身[2]
1976年に入社[2]。『電子戦隊デンジマン』などの設定制作を手掛けた[2]
1984年より代表取締役を務める[2]
松井 大(まつい ひろし)
デザイナー・イラストレーター。1973年2月10日生まれ[2]。千葉県出身[2]
フリーのイラストレーターとして『特捜戦隊デカレンジャー』に参加し、横田の誘いを受けて入社[3]。『デカレンジャー』『魔法戦隊マジレンジャー』で小道具やサブキャラクターのデザインを担当し[3]、その後もスーパー戦隊シリーズに資料担当として携わる[2]

過去の所属者[編集]

個別項目のある人物の詳細はそちらを参照。

市川信吾
初代社長。週刊誌記者を経て、企画者104を設立した[2]。『テレビマガジン』などの企画ページを多数担当。本人はこれについて「テレビに映らない仮面ライダーの秘密を捏造していました(笑)」「やっぱり『仮面ライダーのひみつ100』が印象に残っています」とコメントしている[4]
葛西 おと
劇団の仕事と並行して1978年頃にバイトとして参加[2]。資料担当として東映作品の多くに携わってきた[2]
2012年3月9日にくも膜下出血で死去[2]
聖咲奇
編集者。関西のデザイナー志望の学生と東京のマスコミとの橋渡し役を務め、久保宗雄ら多くのデザイナーを業界に引き入れている[5]
104を退社した後、雑誌『宇宙船』の創刊に携わった[1]
久保 宗雄(くぼ むねお)
編集者・デザイナー・脚本家。
大学在学中に聖咲奇の紹介で『スパイダーマン』に参加し、企画者104に入社した[6]
『スパイダーマン』や『バトルフィーバーJ』から『大戦隊ゴーグルファイブ』までのスーパー戦隊シリーズでキャラクターデザインを担当[6]。『科学戦隊ダイナマン』『超電子バイオマン』では設定関連を担当[6]。雑誌『宇宙船』の創刊にも携わり、ヒロイン特集の構成なども担当した[6]
イラストレーターの板橋しゅうほう米田仁士・増尾隆幸らは京都市立芸術大学での同級生であり、その繋がりで『スパイダーマン』などに引き入れている[7]
河野 成寛(かわの なりひろ)
編集者・デザイナー。1988年頃にアルバイトとして参加[8]
光戦隊マスクマン』から小道具のデザインなどを手掛け、『鳥人戦隊ジェットマン』からスーパー戦隊シリーズの専任となり、『五星戦隊ダイレンジャー』まで小道具やサブキャラクターなどのデザインを担当した[8]
神田正宏(かんだ まさひろ)
編集者・デザイナー。1984年大学在籍中にアルバイトとして編集を務めた後、『超電子バイオマン』『電撃戦隊チェンジマン』でキャラクターデザインを担当[9]。並行して漫画家としてデビュー、代表作としてコミックボンボンでのSDガンダムフォース、武者ガンダムシリーズなどがある。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ キャラクターやアイテムの数値データや各部名称の設定など[2]
  2. ^ 怪人や小道具などのデザイン・劇中イラストの発注・管理など[2]
  3. ^ 2代目社長の横田誠は、創立についての具体的な部分は複雑であると述べている[2]
  4. ^ 横田は企画者104の立ち位置について石ノ森章太郎原作作品における石森プロ円谷プロダクション作品における竹内博安井尚志のようなものであるとしている[2]

出典[編集]

  1. ^ a b 宇宙船150 2015, p. 19, 「特別寄稿 「宇宙船」の誕生 聖咲奇」
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 宇宙船151 2015, pp. 112-113, 「特別対談 横田誠(企画者104)×松井大(企画者104)×野中剛
  3. ^ a b 百化繚乱 下之巻 2012, pp. 221-222, 「DESIGNER'S INTERVIEW 10 松井大」
  4. ^ 『テレビマガジン特別編集・テレビマガジン70's ヒーロー創世期メモリアル』 講談社、1998年12月27日、79頁。ISBN 4-06-178421-8
  5. ^ 百化繚乱 上之巻 2011, p. 92, 「DESIGNER'S INTERVIEW 04 増尾隆幸」.
  6. ^ a b c d 百化繚乱 上之巻 2011, pp. 86-87, 「DESIGNER'S INTERVIEW 01 久保宗雄」
  7. ^ 百化繚乱 上之巻 2011, p. 91, 「DESIGNER'S INTERVIEW 03 板橋しゅうほう」.
  8. ^ a b 百化繚乱 上之巻 2011, p. 362, 「DESIGNER'S INTERVIEW 15 河野成寛」
  9. ^ 百化繚乱 上之巻 2011, p. 233, 「DESIGNER'S INTERVIEW 10 神田正宏」.

参考文献[編集]

  • 『東映スーパー戦隊シリーズ35作品記念公式図録 百化繚乱 [上之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1975-1995』 グライドメディア、2011年12月15日ISBN 978-4813021636
  • 『東映スーパー戦隊シリーズ35作品記念公式図録 百化繚乱 [下之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1995-2012』 グライドメディア、2012年10月16日ISBN 978-4-8130-2180-3
  • 宇宙船ホビージャパン
    • 『宇宙船』Vol.150(AUTUMN 2015.秋)、ホビージャパン、2015年10月1日ISBN 978-4-7986-1099-3
    • 『宇宙船』vol.151(WINTER 2016.冬)、ホビージャパン、2015年12月29日ISBN 978-4-7986-1147-1

外部リンク[編集]