SYUFO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

SYUFO(しゅうほう、1954年昭和29年〉4月7日 - )は、日本漫画家である。媒体制作活動の基礎とする分野では旧来のペンネームである板橋 しゅうほう(いたはし しゅうほう)を用いる。 本名は板橋 秀法(いたはし ひでのり)。滋賀県生まれ[1]京都市立芸術大学日本画科卒業[1]

来歴[編集]

大学在学中であった1976年(昭和51年)、アニメ雑誌月刊OUT』誌上にてデビュー[1]SFアクション漫画を得意とする[2]1981年(昭和56年)には少年向け漫画雑誌週刊少年ジャンプ』(集英社)で発表した「いたはししゅうほうとアルゴノウツ」名義作品「ラッキールートへランナウェイ」で第21回手塚賞準入選を受賞している[1]

2014年現在は、SYUFO名義でウェブコミックを中心に作品を発表している[1]ほか、板橋しゅうほう名義で京都精華大学マンガ学部マンガ学科および大学院マンガ研究科の教授も務めている[1]

人物・エピソード[編集]

  • 幼少期に図書館に務めていた祖父母が展示されなくなった洋書の絵本やアメリカンコミックを持ち帰っていたことから、日本の漫画よりアメコミに親しむようになった[2]
  • イラストレーターの開田裕治やキャラクターデザイナーの久保宗雄は大学時代の同級生であった[3][2]。『スパイダーマン』や『バトルフィーバーJ』への参加は企画者104へ入社した久保からの繋がりによるものであった[2]
  • 大学時代は自ら初代部長となって漫画研究会を設立し、黎明期のコミックマーケットに同人誌を出品していた[2]。この同人誌をみのり書房に務めていた聖咲奇が購読していたことがきっかけで、同社の雑誌『オカルト時代』のイラストを担当するようになり、デビューへとつながっていった[2]
  • 『ベイルココーン』の連載も『月刊OUT』の創刊に際して聖から声をかけられたことによる[2]。大学卒業を控えていたため3回程度のつもりであったが、連載が続いたことから執筆のため上京することとなった[2]
  • 1980年頃に体調を崩し東京から関西の実家へ戻った[2]。その後も漫画家としての活動は続けたが、東映でのキャラクターデザインからは離れることとなった[2]

作品リスト[編集]

  • ペイルココーン 蒼ざめた繭
1977- 1978年11月、アニメ雑誌『月刊OUT』と増刊の『ランデヴー』『ランデヴーコミック』(みのり書房)等に掲載されたデビュー作品[1]
当初は真面目でシリアスな内容だったが読者に受けず、やけくそでギャグを織り交ぜた途端に(「平行宇宙の町内会編」直前から)、大人気になった作品である。『OUT』誌上での特集も組まれ、作者も悪のりしてペイルココーン偽LPの嘘宣伝なども展開された。『ペイルココーン』単行本では主に本作が単品収録されている。
単行本は全1巻。東京三世社から1982年にハードカバー版。1984年にソフトカバー版。フロム出版社から1992年にベル・コミックス版が出版されている。
  • 熱中ジアーラ怪物編
アニメ誌『アニメック[4]で連載された、ジアーラ他、『ペイルココーン』のキャラクターを用いたギャグ漫画。と見せかけて『ペイルココーン 蒼ざめた繭 第二部』との正体を晒した途端、連載を打ち切られる(アニメック編集部も『ペイルココーン』第二部であるとは知らされてなかったため)[5]。なお、この第二部では衛星軌道上で瀕死のガーホンも国際防衛機構に救助されて助かっている。本作は『ペイルココーン』単行本には収録されておらず、その存在を知る者が少ない『ペイルココーン』幻の第二部である。
近未来超能力SFOVA化および劇場アニメ化されている[1]
単行本は1984-85年に双葉社から全2巻。映画化記念スペシャル版として1990年に、描き下ろしが追加された全2巻が出版された。他、1996年大都社が全2巻を出している。
  • Hey! ギャモン
単行本は1984-85年に双葉社より全3巻。1990年に判型を変えて全2巻。
  • エイリアンクラッシュ
単行本は1984年に潮出版社から全1巻。
  • ヘクトパスカルズ
  • 妖術本舗
  • パパキングママジェット
単行本は1984年に東京三世社より全1巻。
  • DAVID
  • シルベスター
  • グランドメーカー
  • スリック・スター
単行本は1992-94年に潮出版社から全4巻。
  • That's 荒神
ザッツアラジン 傑作短編集。大都社、1997年。
  • ラッキールートへランナウェイ
単行本は1984年に集英社から全1巻。
  • セブンブリッジ
潮出版社より、1986-90年に単行本全7巻。
  • 凱羅(がいら)
単行本は双葉社より1987年に2巻。出版社を変更してアスキーより完全版が1993年に4巻。
  • FUNKY GUTSMAN !
  • G-CUP
コミック・ガンボ』掲載。全2巻予定であったが、出版社の倒産により、第2巻は未発売となった。
雑誌『小学五年生』 1979年5月号- 11月号。
  • 化虎 -KETORA-
ウェブコミック誌e-manga』掲載。未単行本化。

キャラクターデザイン[編集]

イラスト[編集]

  • 『ファンタスティックTVコレクションNo3 科学忍者隊ガッチャマンPART2』(朝日ソノラマ 1978年8月1日発行)。
書き下ろし絵物語「嵐を呼ぶミイラ巨人」を収録。
  • 『エキセントリック・サウンド・オブ・スパイダーマン』(『スパイダーマン』サウンドトラックLP)ジャケット
CDでは著作権上の問題から、表面は楽譜の写真に、裏面は番組のタイトル画面の画像に差し替えられている。
  • 『組曲 バトルフィーバーJ』(『バトルフィーバーJ』サウンドトラックLP)ジャケット
のちに『バトルフィーバーJ MUSIC COLLECTION』のジャケットにも流用されている。

ゲーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 板橋しゅうほう - 教員紹介 - 京都精華大学
  2. ^ a b c d e f g h i j 「DESIGNER'S INTERVIEW03 板橋しゅうほう」『東映スーパー戦隊シリーズ35作品記念公式図録 百化繚乱 [上之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1975-1995』 グライドメディア、2011年12月15日、91頁。ISBN 978-4813021636
  3. ^ 全怪獣怪人』上巻、勁文社1990年、433頁。ISBN 4-7669-0962-3
  4. ^ 『アニメック」1981年、8、9、10号。
  5. ^ 連載前『アニメック』1981年、7号で行われた編集部との対談でも「『ペイルココーン』ではなく、あくまで連載は『熱中ジアーラ』と言う番外編ですよ」とアニメック側から釘を刺されていたのだが、この約束を反故する形となったのが打ち切りの理由であろうと推測できる。

外部リンク[編集]