マンガ学科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

マンガ学科(まんががっか)は、マンガについての教育研究を目的とした大学の芸術または文学系の学科の一つである。

概要[編集]

マンガ学とは、図画と文字の組み合わせにより、ストーリーやキャラクター性やメッセージ性をつくられた作品、 もしくは関連する表現媒体などについて研究する学問。

大学におけるマンガ学科の代表的な講義では、マンガ史、マンガ表現法、マンガ分類法、マンガ保存学、マンガ実践理論・実技、 マンガ評論、マンガ翻訳、マンガ発想・構成法、マンガ読解、表現観察、雑誌編集、文体模写、マンガ研究などがある。

また研究対象や方法によって、記号学、心理学、社会学、文化人類学、芸術学、美学、 哲学、文学、文芸学、音楽学、図書館学、展示学、教育学、博物館学 など、他の学問分野からの影響を受けたり、その方法論を援用したりする。

マンガについての教育機関のある日本の大学・短期大学[編集]

関連項目[編集]