ハルモス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハルモス古希: Ἅλμος, Halmos; Almos)は、ギリシア神話の人物である。アルモスとも表記される。

コリントスの王シーシュポスメロペーの子で、グラウコスオルニュティオーンテルサンドロスと兄弟[1]。クリューソゴネイア、クリューセーという娘がいた。クリューセーはアレースとの間にプレギュアースを生み[2]、クリューソゴネイアはポセイドーンとの間にクリューセースが生まれ、クリューセースからミニュアースが生まれた[3]

ハルモスはボイオーティアオルコメノスの王エテオクレース(アンドレウスの子)に土地を分けてもらって住んだが[4] 、エテオクレースの死後、オルコメノスの王権はハルモスの子孫に移り、プレギュアース、クリューセース、ミニュアース、ミニュアースの子オルコメノスと続いた。しかしオルコメノスには子がなかったため、王権はプリクソスの子孫に移った[5]

系図[編集]

 
 
 
 
アイオロス
 
アトラース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シーシュポス
 
メロペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハルモス
 
オルニュティオーン
 
テルサンドロス
 
 
 
 
 
グラウコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリューセー
 
アレース
 
 
 
クリューソゴネイア
 
ポセイドーン
 
ベレロポーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エラトス
 
プレギュアース
 
 
 
 
 
 
 
クリューセース
 
 
 
ラーオダメイア
 
ヒッポロコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イスキュス
 
コローニス
 
イクシーオーン
 
 
 
ミニュアース
 
 
 
サルペードーン
 
グラウコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アスクレーピオス
 
ペイリトオス
 
ヒッポダメイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



脚注[編集]

  1. ^ パウサニアス、2巻4・3。
  2. ^ パウサニアス、9巻36・1。
  3. ^ パウサニアス、9巻36・4。
  4. ^ パウサニアス、9巻34・10。
  5. ^ パウサニアス、9巻36・1~37・1。

参考文献[編集]