プレギュアース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プレギュアース古希: Φλεγύας, Phlegyās )は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してプレギュアスとも表記される。

コリントスの王シーシュポスの子のハルモスの娘クリューセーとアレースの子で[1]、娘コローニスの父[2]。一説によるとプレギュアースはボイオーティアの女性ドーティスとアレースの子とされ[3]イクシーオーンの父であるとも[4]ラピテースの父であるともいわれる[5]

プレギュアースはテッサリアーラピテース族の王といわれるが、ボイオーティアのオルコメノスの王であるともいわれ、娘のコローニスがアポローンとの間に医術の神アスクレーピオスをもうけたために、アスクレーピオスの聖域エピダウロスとも結びつけられる。

神話[編集]

プレギュアースは好戦的で暴虐な人物で、アポローンの聖域デルポイを焼き打ちしたことで知られる。この冒涜的な行為のために、ウェルギリウスはプレギュアースが冥府で罰を受けている姿を描いた[6]

ボイオーティアの伝承では、プレギュアースはオルコメノスの王エテオクレース(アンドレウスの子)の死後にオルコメノスの王となり、さらにプレギュア市を創建し、ギリシアの優れた戦士たちを集めた。彼らはプレギュアース人(プレギュアイ)と呼ばれ、ギリシア人でも特に好戦的な部族として知られたが、やがて傲慢となり、周辺地域を荒らした末にデルポイを襲撃したという。アルゴス人のピラムモーンはこの戦いで戦死した。このためプレギュアイは神の怒りに触れ、雷、地震、さらに疫病に襲われて滅び、わずかな者だけがポーキスに逃げることができた[7]

ヘーシオドスによると、プレギュアースはアポローンの子アスクレーピオスを身ごもっていたコローニスをイスキュスと結婚させた[8]。エピダウロスの詩人イシュロスによればプレギュアースはエピダウロスの最初の王で、ムーサの1人エラトーとマロスの娘クレオペマーと結婚したと述べ、娘アイグラーはその美しさからコローニスと呼ばれたという[9]。対してパウサニアスは、プレギュアースが視察のためにエピダウロスにやって来たときにはすでにコローニスはアポローンの子を身ごもっていて、エピダウロスでアスクレーピオスを出産したと述べている[10]

系図[編集]



ペラスゴス
 
アイオロス
 
プレーイオネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リュカーオーン
 
シーシュポス
 
メロペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カリストー
 
ハルモス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グラウコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルカス
 
クリューセー
 
 
 
 
 
エリクトニオス
 
クリューソゴネイア
 
ベレロポーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エラトス
 
プレギュアース
 
 
 
 
 
パンディーオーン
 
クリューセース
 
ラーオダメイア
 
ヒッポロコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イスキュス
 
コローニス
 
イクシーオーン
 
ブーテース
 
ミニュアース
 
サルペードーン
 
グラウコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アスクレーピオス
 
ペイリトオス
 
ヒッポダメイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ パウサニアス、9巻36・1。
  2. ^ アポロドーロス、3巻10・3。ヒュギーヌス、202ほか。
  3. ^ アポロドーロス、3巻5・5。
  4. ^ エウリーピデース『イクシーオーン』断片(fr.424)。ロドスのアポローニオス、3巻62への古註による。
      ピンダロス『ピュティア祝勝歌』第2歌40への古註b。
  5. ^ 高津『辞典』298a。
  6. ^ ウェルギリウス『アエネーイス』6巻618。
  7. ^ パウサニアス、9巻36・2~36・3。
  8. ^ カール・ケレーニイ『医神アスクレピオス』邦訳、p134。
  9. ^ カール・ケレーニイ『医神アスクレピオス』邦訳、p.48~49。
  10. ^ パウサニアス、2巻26・3~26・4。

参考文献[編集]