アリーナフットボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アリーナフットボール (Arena Football) は、アメリカンフットボールをホッケーリンクなどの室内で行えるようにルールを変更したもの。アメリカにはプロリーグであるアリーナフットボール1(AF1)がある。

ルール[編集]

基本的にアメリカンフットボールのルールに準じるが、大きな部分では以下の点が異なる。括弧内はアメリカンフットボールでのもの。

  • フィールドは、縦50ヤード(100ヤード)、横85フィート(53 1/3ヤード=160フィート)、エンドゾーンがそれぞれ8ヤード(10ヤード)。
  • プレイヤーは各チーム8人(11人)。
    • 2006年シーズンまでは、2名ずつを除いて攻守で同じ選手がプレーしなければならないというルールがあった(選手交代は自由で、攻撃専門、守備専門の選手に分かれる)。
  • エンドゾーンの奥にはネットが張られ、ネットにあたって跳ね返ったボールはインプレーである(通常ネットは張られない。エンドゾーンから出たボールはアウトオブバウンズである)。
  • パントは禁止。第4ダウンではフィールドゴールかファーストダウン更新を狙う。
  • 得点はアメリカンフットボールと同じだが、ドロップゴールが4点(3点)、トライフォーポイントでのドロップゴールが2点(1点)の違いがある。

外部サイト[編集]

関連項目[編集]