タッチラグビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タッチラグビー (Touch Rugby) は、ラグビーで用いられるタックルを、より安全な「タッチ(後述)」に置き換えた、より親しみやすい簡易型フットボール

1960年代オーストラリアラグビーリーグ選手のウォームアップ用として始められたとされ、簡単な競技方法から、次第に競技人口が拡大して行った。現在、オーストラリア(現地では主に「タッチ・フッティ (Touch Footy) 」と呼ばれている)、ニュージーランドを始め、アメリカカナダ、欧州各国等で広く競技されている。日本では1989年口元周策により紹介された。Mixed,Mens,Womens,Over30等に分けられ試合が行なわれる。また、サッカー等と同様に4年に1度World Cupが開催される。2003年のWorld Cupは日本(埼玉県熊谷市)で行なわれ、Mixed openで第3位に輝いた。また全国各地でタッチラグビーの公式試合がある。「JAPANカップ」、「関西大会」、「関東大会」、「学生選手権」など多数開催されている。基本的には社会人チームと学生チーム混ざって試合をしている。

通常のラグビーチームでも、ウォーミングアップ等の練習の一環としてこのようなルールで行われることも多く、広く親しまれている。

競技方法[編集]

  • 1チームの人数は6人(登録可能なのは1チーム14人)で選手の交代はいつでも何度でも可能。
  • 試合開始は「タップ」による。これは地面に置かれたボールを軽く蹴り、両手で拾う。
  • タックルの代わりにタッチ片手または両手でボールキャリアの体に触れること。最小限の力で行う。強く押したり危険な行為とみなされると、反則になる)を使う。6回タッチされると攻守が交替となる。
  • タッチされた後は、ボールを地面に置き、背後の『アクティングハーフ』、『ダミーハーフ』または単に『ハーフ』と呼ばれるプレイヤー(誰がなってもよい)へ足で転がすか、ボールをまたぐ「ロールボール」で試合を再開する。
  • 相手側スコアライン(ゴールラインに相当)を越えて、タッチダウンゾーンにボールを持ち込むと『タッチダウン』として1点を得る。
  • ハーフ(ロールボールを拾う人)が、タッチをされると、「ハーフタッチ」となり、相手に攻撃権が渡る。なおこのとき、ロールボールの状態から始めなければいけない。
  • ハーフがタッチダウンすることは許されていない。
  • タッチされた地点から前進して、ボールを置く(ロールする)と、「オフ・ザ・マーク」となり、相手に攻撃権が渡る。このとき、「タップ」で始めなければいけない。
  • ボールを地面に落としてしまうと(ノックオンとは異なる)、「ボール・トゥ・グラウンド」となり、相手に攻撃権が渡る。ハーフタッチのときと同様、ロールボールの状態から始める。


ジャパンタッチ協会「試合ルール詳細」より

■ロールボール(※)による攻守交替スタートは、以下の場合に行われる。

1.プレー中にボールを落としてしまった場合

2.ハーフがタッチダウンゾーンにボールを付けてしまった場合

3.6回目のタッチが行われた場合

4.ボールを持っているプレーヤーがグラウンド外に出たり、サイドラインを踏んだ場合

5.タップ(※)を正確に行わなかった場合

6.ロールボールを正確に行わなかった場合


■タップによる攻守交替スタートは、以下の場合に行われる。

1.フォワード・パス(前方にボールをパスする)

2.タッチ・アンド・パス(タッチ成立後に味方チームにパスする)

3.オフ・ザ・マーク(タッチが行われた位置を越えてロールボールする)

4.オフサイド(守備側チームのプレーヤーが、ロールボール時に5m以上、タップ時には10m以上後退しないで、攻撃側チームのプレーヤーに働きかける)

5.遅滞プレー(ゲームの進行を妨げる行為をする)

6.7人以上のプレーヤーが同時にグラウンド内に入る

7.交代違反(オフサイド位置で交代したり、ミックスゲーム(※)で男女の人数比を間違える、など)

8.クレーム・タッチ(タッチしていないのにタッチしたと主張)

9.力まかせにタッチする

10.不品行・不行跡

全国のタッチラグビー協会[編集]

などなど

学生チーム[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]