X-MEN: ファースト・ジェネレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
X-MEN:
ファースト・ジェネレーション
X-Men: First Class
監督 マシュー・ヴォーン
脚本 ザック・ステンツ
アシュリー・ミラー
ジェーン・ゴールドマン
マシュー・ヴォーン
原案 ブライアン・シンガー
シェルドン・ターナー
製作 グレゴリー・グッドマン
サイモン・キンバーグ
ローレン・シュラー・ドナー
ブライアン・シンガー
製作総指揮 タルキン・パック
スタン・リー
ジョシュ・マクラグレン
出演者 ジェームズ・マカヴォイ
マイケル・ファスベンダー
ケヴィン・ベーコン
音楽 ヘンリー・ジャックマン
撮影 ジョン・マシソン
編集 エディ・ハミルトン
リー・スミス
製作会社 20世紀フォックス
マーベル・エンターテイメント
デューン・エンターテインメント
ザ・ドナーズ・カンパニ
バッド・ハット・ハリー・プロダクションズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年6月3日
日本の旗 2011年6月11日
上映時間 131分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ドイツ語
フランス語
スペイン語
ロシア語
製作費 $160,000,000[1]
興行収入 世界の旗$353,624,124[2]
アメリカ合衆国の旗 $146,408,305[2]
日本の旗 7億230万円[3]
前作 X-MEN: ファイナル ディシジョン
ウルヴァリン: X-MEN ZERO(外伝も含めての前作)
次作 X-MEN: フューチャー&パスト(X-MENシリーズ次作)
ウルヴァリン: SAMURAI(外伝も含めての次作)
テンプレートを表示

X-MEN: ファースト・ジェネレーション』(X-Men: First Class)は、2011年公開のマシュー・ヴォーン監督、共同脚本によるアメリカ合衆国スーパーヒーロー映画である。

概要[編集]

マーベル・コミック」のアメリカン・コミックX-メン』の実写映画化作品。 映画「『X-メン』シリーズ」としては通算で第4作品目。スピンオフ作品も含めると第5作品目となる。「X-MEN」という組織の成り立ちを描く、作中の時系列では1番最初の作品である。初期3部作の前日譚に当たる[4]

本作の主人公はマグニートーとプロフェッサーXである。物語は1962年のキューバ危機を背景とし、後のプロフェッサーXとマグニートーが決別する過程が描かれる。

ストーリー[編集]

1944年。ナチス・ドイツ占領下のポーランド強制収容所で科学者のシュミット博士[5]は両親と引き離されたユダヤ人の少年、エリック・レーンシャーが鉄門を捻じ曲げるのを目撃する。シュミットはエリックの能力を引き出すために母親をわざと彼の目の前で殺害し、エリックは怒りと痛み、そして深い悲しみによってより強い能力に目覚めた。同じ頃、ニューヨーク州ウエストチェスター郡でとある裕福な家庭に育つ少年チャールズ・エグゼビアは、彼の暮らす屋敷に偶然忍び込んだ異質な青い肌と変身能力を持つ少女レイヴン・ダークホルムと遭遇する。チャールズは自分と同じ存在に出会えたことに喜び、彼女を家族として迎え入れた。

18年後の1962年。成人したエリックはシュミットに復讐する為元ナチスの人間を次々と襲撃し、シュミットの消息を追い続けていた。一方チャールズはイギリスでレイブンと共に暮らし、オックスフォード大学で突然変異・ミュータントに関する研究をしていた。その頃、ラスベガスではCIAエージェントのモイラ・マクダガートが米軍大佐のヘンドリーを追跡し、セバスチャン・ショウを中心とする異質な力を使う集団「ヘルファイア・クラブ」の暗躍を突き止める。モイラはミュータントの専門家に意見を求めるためイギリスへと渡り、チャールズに接触する。モイラの記憶を読んだチャールズは危険なミュータントの集団の存在を知り、彼女への協力を約束した。

チャールズたちはCIA本部に行き、ヘルファイア・クラブの持つ力の危険性を説明し協力を申し出るが、長官をはじめ幹部はそれを信じようとしない。仕方なくチャールズ達は彼らの目の前で自分の能力を発動させたが、その異質な能力を目の当たりにしても長官らはチャールズ達の協力を拒否しようとした。しかし、一人の黒服のCIA幹部が支援者として名乗りを挙げる。そしてチャールズはCIAの極秘研究施設「デヴィジョンX」に迎えられた。そこにはミュータントである事を隠している若い科学者ハンク・マッコイが所属していた。そして、チャールズがCIAと共にヘルファイア・クラブの逮捕のために彼らのクルーザーを追った夜、時を同じくしてショウと名を変えたシュミットの居場所を突き止めたエリックもクルーザーを襲撃し、ついに若き二人のミュータントが運命の出会いを果たす。

チャールズはショウの野望を食い止めるために、ハンクが作ったテレパシー増幅装置「セレブロ」(スペイン語で「脳」の意味)を使って各地のミュータントを探索し、仲間になるよう個別に説得を始める。彼とエリックは、ストリッパーのエンジェル・サルバドーレ、タクシードライバーのアーマンド・ムニョス(ダーウィン)、刑務所に収容されていたアレックス・サマーズ(ハヴォック)、そしてショーン・キャシディ(バンシー)の勧誘に成功した。しかしチャールズとエリックがソ連の将軍宅を訪れたエマを捕えている隙に、アザゼル、リップタイト、ショウの3名はディヴィジョンXを襲撃して若いミュータントたちをヘルファイア・クラブに勧誘する。エンジェルはヘルファイア・クラブへと寝返り、そしてダーウィンはショウに殺されてしまった。ショウ打倒の為、残ったミュータントたちはチャールズの自宅で能力をコントロールし使いこなすための特訓を開始する。またハンクは防護ユニフォームとステルス・ジェット機の開発を進めた。

一方モスクワでは、ショウが核ミサイルをキューバに運ぶようソ連の将軍を脅迫していた。やがてキューバ危機を迎えると、ジョン・F・ケネディ大統領はソ連の貨物船が核弾頭ミサイルをキューバに移すのを防ぐために封鎖網を敷いた。チャールズのテレパシーを防ぐヘルメットをかぶったショウは、ミサイルの移動を確実なものにするためにソ連の船隊に同伴する。彼の目的は第三次世界大戦を引き起こし、それをきっかけにミュータントが支配する世界を築くことだった。

キャスト[編集]

チャールズ・エグゼビア / プロフェッサーX
演 - ジェームズ・マカヴォイローレンス・ベルチャー[6](若年期)、日本語吹き替え - 内田夕夜冨澤風斗(若年期)
X-メンのリーダーにして創設者。史上最高のテレパス。後のマグニートーとなるエリックとは唯一の親友関係にある。同時に、人類とミュータントの関係に対する意見は全く違う。本作で、後に彼が車椅子の姿になるきっかけとなる事件が起きる。
エリック・レーンシャー / マグニートー
演 - マイケル・ファスベンダービル・ミルナー[7](若年期)、日本語吹き替え - 三木眞一郎
後のブラザーフッド・オブ・ミュータンツのリーダーであり創設者[8]。磁力で金属等を操るミュータント。家族を奪われながらもホロコーストを生き残った。ミュータントという同胞を知り、ミュータントを拒絶する人類などを憎悪しはじめる。当初は母親を殺したセバスチャンへの復讐を目的としていたが、次第に彼と同じ様な思想を持ち始める。
クラウス・シュミット/ セバスチャン・ショウ
演 - ケヴィン・ベーコン、日本語吹き替え - 安原義人
ヘルファイア・クラブのリーダー[9][10]。ミュータントのための世界を作るべく、米ソ両軍の背後で暗躍することでキューバ危機を引き起こす。あらゆるエネルギーを体内に吸収、蓄積することができ、さらには吸収したエネルギーをカウンター攻撃のように放出する能力を持つ。また、吸収したエネルギーにより年をとらない。テレパスとは相性が悪く、精神支配を防ぐためのヘルメットを着用している。ナチス党時代の名はシュミット[5]
モイラ・マクタガート
演 - ローズ・バーン、日本語吹き替え - 桑島法子
CIAエージェントで、チャールズ・エグゼビアの恋人[11]。バーンの前はロザムンド・パイクが演じる予定だった[12]
レイヴン・ダークホルム / ミスティーク
演 - ジェニファー・ローレンスモーガン・リリー(若年期)[13]レベッカ・ローミン[14](カメオ出演)、日本語吹き替え - 牛田裕子明野響香(幼少期)
変身能力をもつ[15]。幼い頃にチャールズに保護され彼にずっと思いを寄せていたが、妹としてしか見てもらえずにいた。その後、CIAで出会ったハンクと惹かれ合うが、青い肌のありのままの自分を認めてもらいたいという想いが故に、ミュータントの外観を“正常”に戻すべきという彼の考えとの違いに悩み傷つく。やがてその想いを肯定するエリックへと心は移っていく。
エマ・フロスト / ホワイト・クイーン
演 - ジャニュアリー・ジョーンズ、日本語吹き替え - 甲斐田裕子
ヘルファイア・クラブのメンバーで、ブロンドの美女。テレパシー能力と身体をダイヤモンド化する能力をもつ[16]。また幻想を見せる能力も持つ。ダイヤモンド化している間はテレパスは通用せず、チャールズに苦戦を強いる。ジョーンズの前はアリス・イヴが演じる予定だった[17]
ハンク・マッコイ / ビースト
演 - ニコラス・ホルト、日本語吹き替え - 浅沼晋太郎
獣の脚と明晰な頭脳をもつ若き天才科学者。CIAに所属しているが、初対面のチャールズに見抜かれるまでは脚のことは誰にも告げずにいた。ハヴォックの制御装置やブラックバードなどの開発を行う。ヒトと異なるミュータントの外観が差別を生むと考え、採取したミスティークの血清を元に外観を変化させる抗体を開発して自身を実験台に治療を施すが、意図に反して潜在能力が発現したと同時にミスティークの細胞が混じった事で青い毛の野獣と化してしまう[18]。ブロードウェイ俳優のベンジャミン・ウォーカーがビースト役を割り当てられていたが、ブロードウェイ・ミュージカル Bloody Bloody Andrew Jackson に出演する為に降板した[19]
黒服の男
演 - オリヴァー・プラット、日本語吹き替え - 石住昭彦
CIAエージェント[20]
アレックス・サマーズ / ハヴォック[21]
演 - ルーカス・ティル、日本語吹き替え - 鶴岡聡
身体から赤い破壊光線を放つ。
ショーン・キャシディ / バンシー[18]
演 - ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、日本語吹き替え - 西健亮
口から高振動波(ソニック・スクリーム)を発する。
アーマンド・ムニョス / ダーウィン[22]
演 - エディ・ガテギ、日本語吹き替え - 菊本平
その場の環境に応じ、“生き残るため”の最適な姿へと瞬時に身体を進化させる。
アザゼル
演 - ジェイソン・フレミング、日本語吹き替え - 谷昌樹
ヘルファイア・クラブのメンバーで、テレポーター[23]。真紅の肌に悪魔めいた外観をもつ。
エンジェル・サルバドーレ[7]
演 - ゾーイ・クラヴィッツ 、日本語吹き替え - 志田有彩
普段はタトゥーに擬態させている昆虫様の羽をもつ。口から強酸性の唾液を吐く。チャールズとエリックが接触するまでは、ナイトクラブで働いていた。
ヤーノシュ・クエステッド / リップタイド[24]
演 - アレックス・ゴンザレス、日本語吹き替え - 菊本平
ヘルファイア・クラブのメンバーで、手から竜巻を引き起こす能力をもつ。
ヘンドリー大佐
演 - グレン・モーシャワー、日本語吹き替え - 長克巳
ウィリアム・ストライカー・シニア
演 - ドン・クリーチ、日本語吹き替え - 佐々木敏
CIAエージェント。『X-MEN2』でチャールズを拘束しミュータントの殲滅を試み、『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』でウルヴァリンにアダマンチウムを注入する、映画版の人間側での主な黒幕であるウィリアム・ストライカーの父親。
CIA長官
演 - マット・クレイヴン、日本語吹き替え - 塾一久
合衆国の将軍
演 - ジェームズ・レマー、日本語吹き替え - 辻親八
ロシアの将軍
演 - ラデ・シェルベッジア
アメリカ合衆国国務長官[25]
演 - レイ・ワイズ、日本語吹き替え - 坂本くんぺい
合衆国海軍司令官
演 - マイケル・アイアンサイド
ローガン / ウルヴァリン[26]
演 - ヒュー・ジャックマン(カメオ出演)、日本語吹き替え - 山路和弘
チャールズとエリックにX-メン入りを求められるが、断る。

他に、テイラー・ロートナーの出演が企画されていたが、実現しなかった[27]

製作[編集]

企画[編集]

X-MEN: ファイナル ディシジョン』の公開前である2006年4月、脚本家のザック・ペンがスピンオフを監督する為に雇われていたことが明らかとなった[28]。2007年、ペンは若いX-メンを描いたスピンオフのアイデアがあることを説明した[29]。ペンはコミックシリーズ『X-メン: ファーストクラス』と考えを比較し[30]、そしてジョッシュ・シュワルツが2008年5月には脚本を書いていた[31]。シュワルツが『X-メン: ファーストクラス』を監督する可能性もあったが[32]、しかし、フォックス側は2009年10月に『X-メン』と『X-MEN2』の監督のブライアン・シンガーに接近した[33]。元々の考えでは『X-メン オリジンズ: マグニートー』が成功した場合に映画化許可が下りる予定だった[34]が、結局シンガーはマグニートーのスピンオフの要素を加え、ジェイミー・モスによる新しいスクリプトに合併された[33]。モスに加え、アシュリー・ミラーとザック・ステンツがリライトの為に雇われた。ミラーはシンガーが監督した2作品と比較した[35]。2010年3月にシンガーはJack the Giant Killerの映画化作品である『ジャックと天空の巨人』の為に監督を降板し、製作者に留まることが決まった[36][37]。2010年5月にマシュー・ヴォーンがシンガーの後任に決まった。同時にフォックスは2011年6月3日に公開すると発表し[38]、リライトの為にジェーン・ゴールドマンが雇われた[39]。ヴォーンは2009年の『スター・トレック』に倣い、新鮮で若いキャストを使った新シリーズを目指した[40]。ミュータントたちが心理的世界で戦う際に部屋の中をスピンするシーンが脚本にあったが、2010年7月に『インセプション』が公開されるとそれは削除された[41][42]。1960年代のX-メンの設定はジェームズ・ボンド映画の影響を受け、また、キャラクターは国際感を増している[43]

撮影[編集]

主要撮影は2010年8月31日にオックスフォードで始まり、オックスフォード大学でも行われた[44][43]。撮影は後にパインウッド・スタジオに移り[45]、10月にはジョージア州ジキル島などで行われ[46]、さらにその後はノースカロライナ州ルイジアナ州[47]ウェスト・ミシガンも検討された[48]。プロデューサーがGoogle Earthで位置を見直した際、ジキル島付近の海がタイビー島より青く感じた為、ジキル島が選ばれた[47]。また、ロシアで追加撮影が行われた[43]

サウンドトラック[編集]

イングランドのボーイバンドテイク・ザットが本作の公式曲「ラヴ・ラヴ」を提供し、エンドクレジットで使われている。2011年5月11日にデジタルダウンロード発売され、その後EPプログレスド』に収録された[49]。またミュージック・ビデオには映画の映像が使用されている。なおスコア盤に同曲は収録されていない。

評価[編集]

興行収入[編集]

北米では3641館で封切られ、公開初週末に5510万1604ドルを稼いだ[2]

批評家の反応[編集]

2011年6月19日時点で、Rotten Tomatoesでは219のレビュー中87%が支持して「フレッシュ」となっており、平均点は10点満点で7.4点を獲得した[50]。また、Metacriticでは、37のレビューで100点満点中65点となっている[51]

続編[編集]

フォックス側は本作を新3部作の1作目とする構想である[37]。プロデューサーであるドナーは、映画『ハリー・ポッター』シリーズより暗く、より熟したフランチャイズ計画を考えている[52]。マシュー・ヴォーン監督は続編について、「『ファースト・ジェネレーション』は『バットマン ビギンズ』に近く、キャラクターを紹介し、それを知る楽しみがあるが、それには時間がかかる。しかし、2作目はすぐに入り込んで、めちゃくちゃ楽しい時間を過ごせる。それが『ビギンズ』と『ダークナイト』の間の主な違いだ。」と語った[53]。またヴォーンは、続編で車椅子に乗ったエグゼビアの代わりにマグニートーと直接戦う新たなキャラクターがひとり登場するだろうと語った[54]

参考文献[編集]

  1. ^ X-Men: First Class (2011)” (英語). Box Office Mojo. 2011年9月20日閲覧。
  2. ^ a b c Weekend Box Office Results for June 3-5, 2011” (英語). Box Office Mojo. 2011年6月9日閲覧。
  3. ^ キネマ旬報」2012年2月下旬決算特別号 211頁
  4. ^ Marshall, Rick (2010年8月3日). “'X-Men: First Class' Director Isn't Worried About Too Many Mutants, Says Film Is 'Absolutely' In Continuity”. MTV. 2010年8月3日閲覧。
  5. ^ a b Dargis, Manohla. "Movie Review: X-Men: First Class (2011): Born That Way, and Proud Of It", The New York Times, June 2, 2011
  6. ^ “James McAvoy Cast as Charles Xavier”. Superhero Hype!. (2010年5月28日). http://www.superherohype.com/news/articles/101706-james-mcavoy-cast-as-professor-xavier 2010年11月22日閲覧。 
  7. ^ a b McClintock, Pamela (2010年8月17日). “January Jones joins 'X-Men'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118023030.html?categoryId=13&cs=1 2010年8月18日閲覧。 
  8. ^ Friedman, Roger (2010年6月24日). “Michael Fassbender to appear in “X Men: First Class””. hollywoodnews.com. http://www.hollywoodnews.com/2010/06/24/michael-fassbender-to-appear-in-%E2%80%9Cx-men-first-class/ 2010年6月24日閲覧。 
  9. ^ Kit, Borys (2010年7月15日). “'Winter's Bone' star cast in 'X-Men: First Class' (exclusive)”. Heat Vision. オリジナル2010年7月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100716195454/http://heatvision.hollywoodreporter.com/2010/07/winters-bone-star-cast-as-mystique-in-xmen-first-class.html 2010年7月16日閲覧。 
  10. ^ “KEVIN BACON Playing SEBASTIAN SHAW in X-MEN: FIRST CLASS”. forcesofgeek.com. (2010年7月16日). http://www.forcesofgeek.com/2010/07/kevin-bacon-playing-sebastian-shaw-in-x.html 2010年7月20日閲覧。 
  11. ^ Keyes, Rob (2010年8月16日). “Rose Byrne To Play Moira MacTaggert in X-Men: First Class”. screenrant.com. 2010年11月22日閲覧。
  12. ^ “Amber Heard Shapeshifts into Mystique for X-Men: First Class?”. UGO. (2010年6月18日). http://www.ugo.com/movies/amber-heard-rosamund-pike-cast-in-x-men-first-class 2010年6月18日閲覧。 
  13. ^ Alex Dorn (2010年8月16日). “Oliver Platt will be The Man In Black in 'X-Men: First Class'”. HitFix.com. 2010年8月17日閲覧。
  14. ^ Lovece, Frank."Film Review: X-Men: First Class", Film Journal International, June 2, 2011
  15. ^ Wells, Jeffrey (2010年10月24日). “Lawrence on the Line”. Hollywood elsewhere. http://hollywood-elsewhere.com/2010/10/lawrence_on_the.php 2010年11月22日閲覧。 
  16. ^ Lesnick, Silas (2010年8月18日). “January Jones Joins X-Men: First Class”. Superhero Hype!. http://www.superherohype.com/news/articles/105877-january-jones-joins-x-men-first-class 2010年8月18日閲覧。 
  17. ^ Keyes, Rob (2010年6月28日). “Alice Eve Will Play Emma Frost in ‘X-Men: First Class’”. screenrant.com. 2010年11月22日閲覧。
  18. ^ a b “Beast and Banshee Cast for X-Men: First Class”. Superhero Hype!. (2010年7月8日). http://www.superherohype.com/news/articles/103601-beast-and-banshee-cast-for-x-men-first-class 2010年7月8日閲覧。 
  19. ^ “Benjamin Walker to Star in Broadway Transfer of Bloody Bloody Andrew Jackson”. Broadway.com. (2010年7月15日). http://www.broadway.com/shows/bloody-bloody-andrew-jackson/buzz/153013/benjamin-walker-to-star-in-broadway-transfer-of-bloody-bloody-andrew-jackson/ 2010年10月6日閲覧。 
  20. ^ Fleming, Mike (2010年8月16日). “Oliver Platt Joins 'X-Men: First Class'”. Deadline.com. http://www.deadline.com/2010/08/oliver-platt-joins-x-men-first-class/?utm_source=feedburner&utm_medium=twitter&utm_campaign=Feed%3A+deadline%2FLUiP+%28Deadline.comWholeShebang%29&utm_content=Twitter 2010年8月16日閲覧。 
  21. ^ Sperling, Nicole (2010年7月8日). “'X-Men: First Class': Matthew Vaughn fills his cast with up-and-comers”. Entertainment Weekly. http://insidemovies.ew.com/2010/07/08/x-men-nicholas-hoult-caleb-landry-jones/ 2010年7月8日閲覧。 
  22. ^ Fleming, Mike (2010年6月27日). “'X-Men: First Class' Drafts Twilight Vampire Edi Gathegi To Play Biracial Mutant Darwin”. Deadline.com. http://www.deadline.com/2010/07/x-men-first-class-drafts-twilight-vampire-edi-gathegi-to-play-biracial-mutant-darwin/?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter 2010年7月28日閲覧。 
  23. ^ Mortimer, Ben (2010年8月15日). “Jason Flemyng Joining X-Men: First Class”. Superhero Hype!. http://www.superherohype.com/news/articles/105761-jason-flemyng-joining-x-men-first-class 2010年8月15日閲覧。 
  24. ^ Keyes, Rob (2010年9月19日). “Relative Unknown Mutant Named Riptide Joins X-Men: First Class”. screenrant.com. 2010年9月20日閲覧。
  25. ^ Goldman, Eric (2010年11月30日). “Wise Casting for X-Men: First Class”. IGN. http://ie.movies.ign.com/articles/113/1137437p1.html 2010年12月1日閲覧。 
  26. ^ Johnston, Rich (2010年5月25日). “That Big Spoiler Cameo Scene In The Middle Of X-Men: First Class (SPOILERS)”. BleedingCool.com. 2011年6月9日閲覧。
  27. ^ Mike Szymanski (2010年7月18日). “Bryan Singer talks to us about those Taylor Lautner X-Men rumors”. Blastr. http://blastr.com/2010/07/bryan-singer-talks-to-us-about-those-taylor-lautner-x-men-rumors.php 2010年10月23日閲覧。 
  28. ^ Douglas, Edward (2006年4月11日). “Zak Penn on His Potential X-Men Spin-off”. Superhero Hype!. http://www.superherohype.com/features/articles/90651-zak-penn-on-his-potential-x-men-spin-off 2010年12月18日閲覧。 
  29. ^ Davis, Erik (2007年5月1日). “Zak Penn Talks X-Men Spin-Off, Incredible Hulk Casting”. Moviefone. http://www.cinematical.com/2007/05/01/zak-penn-talks-x-men-spin-off-incredible-hulk-casting-with-cine/ 2008年2月9日閲覧。 
  30. ^ Ullrich, Chris (2008年4月15日). “Interview: Zak Penn on The Grand, X-Men Fans and Co-Writing Hulk”. ComicMix. http://www.comicmix.com/news/2008/04/15/interview-zak-penn-on-the-grand-x-men-fans-and-co-writing-hulk/ 2008年4月16日閲覧。 
  31. ^ “Young X-Men Get Gossip Girl Scribe?”. Superhero Hype!. (2008年5月2日). http://www.superherohype.com/news/topnews.php?id=7159 2008年5月3日閲覧。 
  32. ^ Siegel, Tatiana and Marc Graser (2008年11月18日). “Fox, Josh Schwartz mutate 'X-Men'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117996099 2008年11月19日閲覧。 
  33. ^ a b Fleming, Michael (2009年12月17日). “Bryan Singer to direct 'X-Men: First Class'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118012931.html?categoryid=13&cs=1&ref=vertfilm 
  34. ^ Spelling, Ian (2009年4月22日). “Magneto prequel still possible, depending on Wolverine”. Sci Fi Wire. http://scifiwire.com/2009/04/magneto-prequel-still-pos.php 2009年7月10日閲覧。 
  35. ^ Pirrello, Phil (2010年5月6日). “Inside X-Men: First Class”. IGN. http://movies.ign.com/articles/108/1088179p1.html 2010年12月18日閲覧。 
  36. ^ Boucher, Geoff (2010年3月18日). “Bryan Singer on 'X-Men: First Class': It's got to be about Magneto and Professor X”. Los Angeles Times. http://latimesblogs.latimes.com/herocomplex/2010/03/bryan-singer-and-the-xmen-together-again.html 2010年3月20日閲覧。 
  37. ^ a b Fleming, Mike (2010年3月26日). “Bryan Singer Producing 'X-Men: First Class'”. Deadline.com. http://www.deadline.com/2010/03/singer-to-producex-men-first-class/ 2010年7月9日閲覧。 
  38. ^ McClintock, Pamela (2010年5月5日). “'X-Men' prequel to open June 3, 2011”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118018752 2010年12月10日閲覧。 
  39. ^ McClintock, Pamela (2010年7月8日). “Fox cast 'X-Men' mutants”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118021527 2010年12月11日閲覧。 
  40. ^ White, Cindy (2010年8月2日). “X-Men Following Star Trek's Lead”. IGN. http://uk.movies.ign.com/articles/110/1109996p1.html 2010年8月3日閲覧。 
  41. ^ Boucher, Geoff. “'Inception' wake-up call -- 'X-Men: First Class' director jettisons similar dream-time scenes”. Los Angeles Times. 2010年9月2日閲覧。
  42. ^ 新作『X-Men: First Class』が『インセプション』のせいで脚本変更を余儀なくされる”. MovieWalker (2010年8月4日). 2010年12月27日閲覧。
  43. ^ a b c Knowles, Harry (2010年8月20日). “So Bryan Singer just called regarding Matthew Vaughn's X-Men: First Class... I'm quite excited now”. Ain't It Cool News. http://aintitcool.com/node/46217 2010年12月18日閲覧。 
  44. ^ Lees, Rebecca (2010年10月7日). “When the X-Men met the Ox-Men”. The Oxford Student. http://oxfordstudent.com/2010/10/07/when-the-x-men-met-the-ox-men/ 2010年10月7日閲覧。 
  45. ^ Dawtrey, Adam (2010年11月27日). “Snaring the big Hollywood pictures”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118027580 2010年12月10日閲覧。 
  46. ^ Conn, Lesley (2010年9月9日). “X-Men may be landing in Savannah”. Savannah Morning News. http://savannahnow.com/latest-news/2010-09-09/x-men-may-be-landing-savannah 2010年12月11日閲覧。 
  47. ^ a b Conn, Lesley (2010年10月20日). “X-Men pick Jekyll Island over Tybee Island”. Savannah Morning News. http://savannahnow.com/news/2010-10-21/x-men-pick-jekyll-island-over-tybee-island 2010年12月11日閲覧。 
  48. ^ “X-Men: First Class Scouting Locations in Michigan”. Superhero Hype!. (2010年6月7日). http://www.superherohype.com/news/articles/102188-x-men-first-class-scouting-locations-in-michigan 2010年9月10日閲覧。 
  49. ^ Smart, Gordon. "Take That are the X-man band ", The Sun, April 29, 2011
  50. ^ X-Men: First Class Movie Reviews, Pictures”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2011年6月19日閲覧。
  51. ^ Thor Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2011年6月9日閲覧。
  52. ^ De Semlyen, Nick (2009年10月16日). “The Future of the X-Men Franchise: X-Men: First Class”. Empire. 2010年12月18日閲覧。
  53. ^ Leyland, Matthew (2011年4月13日). “X-Men: First Class sequel plans revealed”. totalfilm.com. http://www.totalfilm.com/news/x-men-first-class-sequel-plans-revealed 2011年5月11日閲覧。 
  54. ^ “X-Men - Matthew Vaughn: 'X-Men Sequel Will Only Get One New Character'”. Contactmusic. (2011年5月25日). http://www.contactmusic.com/news.nsf/story/matthew-vaughn-xmen-sequel-will-only-get-one-new-character_1221100 2011年5月11日閲覧。 

外部リンク[編集]