プログレスド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プログレスド
Progressed
テイク・ザットEP
リリース 2011年6月10日
録音 2010年 - 2011年
ジャンル ポップエレクトロポップロック
時間 34分50秒
レーベル ポリドール
プロデュース スチュアート・プライス
チャート最高順位
  • 1位(イギリス、デンマーク、スコットランド)
  • 2位(アイルランド)
テイク・ザット 年表
プログレス
(2010年)
プログレスド
(2011年)
プログレス・ライヴ
(2011年)
プログレスド収録のシングル
  1. ラヴ・ラヴ
    リリース: 2011年5月11日
  2. ウェン・ウィー・ワー・ヤング
    リリース: 2011年8月22日
テンプレートを表示

プログレスド」("Progressed")はテイク・ザットの1stEPである。6thアルバム『プログレス』に8曲の未発表曲を追加した二枚組EPで、CDジャケットも『プログレス』の色違いになっている。2011年5月11日に『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』の公式曲であるリードシングル「ラヴ・ラヴ」が先行発売された。

イギリスではプログレス・ライヴの半ばでの発売となり、ツアー途中での新譜発売は非常に歓迎された。また二枚組の内半分が既発表曲にもかかわらず、デイリー・ミラーBBCなど各メディアでのレビューは軒並み高得点をつけた。

解説[編集]

当初ロビー・ウィリアムズのテイク・ザットへの復帰は『プログレス』とプログレス・ライヴのみの限定的なものだと噂されていたが、2011年3月29日に「最初は僕たち全員も5人での活動はアルバム1枚だけ、と考えていた。だが今は新しい曲を書いている」とゲイリー・バーロウが発言[1]し、近いうちにニューアルバムが出ることを示唆した。

6月10日に『プログレスド』が発売。なお日本では2012年8月24日現在未発売である。

収録曲目[編集]

ディスク2 プログレスド
# タイトル 作詞 作曲・編曲 リード・ボーカル 時間
1. ウェン・ウィー・ワー・ヤング(When We Were Young)     ロビー・ウィリアムズ、ゲイリー・バーロウ
2. マン(Man)     ゲイリー・バーロウ、マーク・オーエン
3. ラヴ・ラヴ(Love Love)     ゲイリー・バーロウ、マーク・オーエン
4. ザ・デイ・ザ・ワーク・イズ・ダン(The Day the Work Is Done)     マーク・オーエン、ゲイリー・バーロウ
5. ビューティフル(Beautiful)     ゲイリー・バーロウ
6. ドント・セイ・グッドバイ(Don't Say Goodbye)     ゲイリー・バーロウ
7. エイリアンズ(Aliens)     ハワード・ドナルド、マーク・オーエン
8. ワンダフル・ワールド(Wonderful World)     マーク・オーエン、ジェイソン・オレンジ

脚注[編集]

  1. ^ "Take That release new mini-album" The Sun. News Group Newspapers Ltd.. 19 May 2011. Retrieved 20 May 2011.