ヒッペー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒッペー古希: Ἵππη, Hippē)、あるいはヒッポー古希: Ἱππώ, Hippō)は、ギリシア神話の女性、あるいは馬である。「牝馬」の意。長母音を省略してヒッペヒッポとも表記される。ケンタウロスケイローンニュムペーカリクローの娘で、もともとはオーキュロエーという名前だったといわれる[1]ヘレーンの子のアイオロスとの間にメラニッペーを生んだ[2][3]

ヒッペーはケイローンに医術を学び、さらに予言の術にも長けていた。しかしヒッポーは人々に神託を授けたため、ゼウスによって栗毛色の牝馬に変えられた[2]

オウィディウスによれば、ケイローンのところにアポローンの赤子アスクレーピオスが連れてこられたとき、オーキュロエーは霊感によって赤子の運命を、さらにケイローンの死の運命を予言し、さらにもっと多くの予言を告げようとした。しかしゼウスはそれらすべてを言い終わる前に牝馬の姿に変えたため、それ以降、オーキュロエーはヒッペーと呼ばれるようになった[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b オヴィディウス『変身物語』2巻。
  2. ^ a b エウリーピデース『女学者メラニッペー』断片、481。
  3. ^ コリントスのグレーゴリウス(エウリーピデース『女学者メラニッペー』梗概)。

参考文献[編集]