PlayStation 5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
PS5から転送)
PlayStation > PlayStation 5
PlayStation 5
PlayStation 5の本体とDualSense
開発元 ソニー・インタラクティブエンタテインメント
種別 据置型ゲーム機
世代 第9世代
発売日 2020年11月12日[1]
売上台数 5,920万台(2024年3月時点)[2]
日本の旗 546万台(2024年3月時点)[注 1]
対応メディア Ultra HD Blu-ray[注 2]
Blu-ray Disc
DVD
CPU AMD 8コア Zen 2 カスタム 最大3.5GHzまで可変[5]
メモリ 16 GB GDDR6 SDRAM
ストレージ 825GB SSD[6]
グラフィック AMD RDNA 2-based
36 CUs @
最大2.23GHzまで可変, 10.3 TFLOPS[7][8]
コントローラ入力
オンラインサービス PlayStation Network
後方互換 PlayStation 4[9]
前世代ハード PlayStation 4

PlayStation 5(プレイステーション ファイブ、略称: PS5)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(略: SIE)が2020年11月12日に発売した家庭用据置型ゲーム機キャッチコピーは「Play Has No Limits(遊びの限界を超える)」[10]

概要[編集]

ディスクドライブを搭載した通常モデルの「PlayStation 5」に加え、ディスクドライブ非搭載でダウンロード販売のみに対応する「PlayStation 5 デジタル・エディション」の2種類がラインナップされている[11]

超高速SSDにより読み込み速度が飛躍的に向上。プロセッサにはAMD製のRyzen CPURadeon GPUを搭載し、4K/120Hz出力とリアルタイムレイトレーシングに対応する。「Tempest 3Dオーディオ」と呼ばれる専用プロセッサを用いた立体音響を備え、DualSenseコントローラはハプティクスが強化された。また、ほとんど(99%以上)のPlayStation 4およびPlayStation VRゲームに対して後方互換性がある[12]

別売りのPlayStation VR2(PS VR2)とPS VR2用ソフトを追加すれば、解像度2000x2040および進化したセンサ技術で深い没入感を実現したVRゲームをプレイすることもできる[13]

沿革[編集]

2019年[編集]

  • 4月16日 ‐ WIREDマーク・サーニーの独占インタビューを掲載。PlayStation 4(PS4)の後継機となる次世代ゲーム機(この時点では名称未発表)の概要が公表された。
  • 10月8日 ‐ 次世代機の名称がPlayStation 5(PS5)に決定したことと、2020年の年末商戦期の発売を予定していることが明らかとなった[14]

2020年[編集]

  • 1月7日 ‐ SIEは米国ラスベガスで開催された電子機器見本市「2020 International CES」にて、PS5のロゴおよび搭載予定となるハードウェアの一部を発表した。
  • 3月19日 ‐ マーク・サーニーによるハードウェアの技術解説動画の公開と共に、PlayStation BlogにPS5の基本スペックが掲載された[5]
  • 4月8日 ‐ PlayStation Blogにて、PS5用の新ワイヤレスコントローラー「DualSense」の外観写真2枚と主な仕様、デザインの経緯等が公開された[15]
  • 5月12日 ‐ Epic Gamesは同社が開発中のゲームエンジン「Unreal Engine 5(UE5)」を発表し、PS5で動作するリアルタイムデモを公開した[16][17][18]
  • 6月9日 ‐ SIEは世界情勢を鑑み延期になっていたPS5に関する映像イベント「The future of gaming(ゲーム体験の未来)」の配信日時を太平洋標準時6月11日午後1時(日本時間6月12日午前5時)に決定したと発表。予定通り同日時に配信が開始され、28のゲームタイトルと、本体デザインが初披露された[19]
  • 9月17日 ‐ SIEは映像イベント「PLAYSTATION 5 SHOWCASE」を配信し、各国での発売日、価格、同時発売ソフトを含む新作ソフト群を発表[20]
  • 10月7日 - SIEはPS5本体の分解映像をYouTubeで公開した[21]
  • 11月11日 - 発売を記念してグローバルローンチイベントを世界各国で順次開催。日本では18時より24時(発売日を迎える瞬間)までの6時間、東京都千代田区外神田神田明神境内にて特別ライトアップが行われた[22]
  • 11月12日 - 日本やアメリカ、オーストラリアなど7か国で先行発売(#各国の発売日も参照)。

2021年[編集]

2022年[編集]

  • 6月4日 - 全世界累計販売台数が2,000万台を突破した[26]
  • 8月25日 - 世界中の物価上昇や為替の変動を理由として、世界の一部の国と地域においてPS5の本体価格を値上げすると発表。日本以外の地域においては同日から、日本においては同年9月15日から値上げされた。これによって、日本国内の本体価格は通常版が54,978円(税込)から60,478円(税込)に、デジタル・エディションが43,978円(税込)から49,478円(税込)に変更となった[27]

2023年[編集]

  • 1月5日 - 全世界累計販売台数が3,000万台を突破した[28]
  • 7月27日 - 全世界累計実売台数が4,000万台を突破した[29]
  • 9月28日 - SIE代表のジム・ライアンが2024年3月までに退任することが確定する。よってSIEの暫定CEOは十時裕樹氏となる[30][31]
  • 11月10日 - CFI-2000シリーズが発売。本体サイズが小型化され、SSD容量が825GBから1TBに拡大。ディスクドライブは取り外し式になった。価格は通常版が6万6,980円(税込)、デジタル・エディションが5万9,980円(税込)に値上げされた[32]
  • 11月15日 - PlayStation Portal リモートプレーヤーの発売。
  • 12月9日 - 全世界累計実売台数が5,000万台を突破した[2]

各国の発売日[編集]

2020年11月12日に以下の国で発売[20][33]。なお、事前予約分で完売となっており、発売当日は店頭販売を行わない[34]

また、翌週の11月19日には欧州中東南米アジア南アフリカ(いずれも一部の国・地域を除く)でも順次発売している[33]

以降発売された国・地域

ハードウェア[編集]

PS4の数倍のスペック
4K[40]60fps以上の解像度や、カスタムSSDによるロード時間の高速化などに対応するため、CPUGPUメモリなどの総合的な基本スペックは「前世代機であるPlayStation 4の数倍」の性能になっている[5]。グラフィック性能を左右するGPUについては、「PS4」の約5倍、「PS4 Pro」の約2倍以上の高速化が実現されており、CPU・メモリについてもGPU性能に合わせたスペックを持つと考えられている[41]
GPUにはAMDのRDNA 2をベースとしたマイクロアーキテクチャが使用されている[7]
ロード時間の短縮
ストレージに関してはカスタムSSDを採用[42]、メインチップと4レーンのPCIe 4.0で接続されたカスタムコントローラによって制御され、フラッシュメモリは12チャンネル構成になっている。一般的製品では2段階の所、カスタムコントローラでは6段階でアクセス優先度を制御可能で、ゲームの状況に応じたより柔軟な制御が可能。
カスタムSSDを搭載したことにより、ロード時間がPS4ではシーケンシャルアクセス速度が50 - 100MB/s(0.05 - 0.1GB/s)程度だったが、PS5では最大5.5GB/sへと高速化された。これはHDDを搭載したPS4と比較して約55 - 110倍となる[43]
PS5のリードアーキテクトを務めるマーク・サーニー曰く、「SSDの速度がどんなに高速になったとしても、今のゲームにおけるデータアーキテクチャには大きなボトルネックがある」が、PS5のSSDはこれがほぼ解消され、額面どおりPS4の100倍の速度を実現すると発言している[44]
SIEは、ロード時間の短縮については特に力を入れてアピールしており、レストモード(サスペンド状態)から電源を入れると2~3秒でシステムが起動完了し、ゲームの起動も数秒で行われる。ゲームプレイ中も、これまで1分近くかかっていたシーンでも数秒以内にロードが完了するため、ストレスの大幅軽減に繋がるという[注 3]
ただし、ロード時間は一瞬だとしてもコピーやダウンロードには時間がかかる[45]
SSDの増設
PS5はNVMe M.2 SSDスロットを有しており、性能要件を満たす市販NVMe M.2 SSDを装着することで本体ストレージ(標準搭載の内蔵SSD)同様に利用可能。
また、USB端子にSSD等のUSBストレージ(USB 3.0 - USB 3.2 Gen 2、容量250GB以上8TB以下)を外付け増設することも可能だが、PS5用ソフトのインストールに利用できるのは内部SSDだけで、USBストレージから起動できるのはPS4用ソフトのみである。バージョン3.00アップデート以降は、USBストレージへ退避したPS5用ソフトのインストールデータを利用して内部SSDへ再インストールすることが可能となった[注 4]
なお、PS5発売直後に実際のPS4ソフトで行われた検証では、内蔵HDDをSSDに換装したPS4 Proよりもロード時間の短縮が見られた一方で、PS5の内蔵SSDから起動するよりも外付けSSDの方がロード時間が僅かに短い結果となり、前述の内蔵SSDのデータ転送速度はPS4ソフトでは十分発揮できていないことが判明している[46]
2つのエディション
PS5には、ディスクドライブを備えた「通常モデル」とディスクドライブのない「デジタル・エディション」の2種類がある[11][47]。ディスクドライブを備えたモデルはプレイステーションシリーズでは初となるUltra HD Blu-ray(UHD BD)対応、デジタル・エディションはダウンロードソフト専用となる。光学ドライブ搭載の有無以外に性能差はない。2023年発売のCFI-2000シリーズでは、デジタル・エディションであっても別売りのディスクドライブを接続する事により「通常モデル」同様にディスク再生が可能となった。

ディスク版

PS5以降は、供給されるディスク作品のディスク規格がBD-ROMからUltra HD Blu-rayに変更されたが、ディスクケースはPS4のローンチ時と全く同じものである。これによりリージョンは完全に廃止し、一枚のディスクに最大100GBの容量を入れるようにでき、ディスクの物理的なセキュリティを向上させた。
また、ディスク版パッケージの表面のUIがPS4のジャケットからすべて変更され、「FOR JAPAN ONLY」のフォントもPS1~PS4までずっと使用され続けたものから変更された。「安全のために」の説明文の同梱方法も変更。PS4ではディスクパッケージに使う用紙の裏面に安全用の注意事項を記載していたが、この方法はメーカーごとに無駄な負担を強いるものであったため、PS5ではすべてのディスク版ソフトの中に注意事項のパンフレットを同梱させる形式となり、ディスクジャケットの裏面に何も印刷する必要がなくなったが、ニンテンドースイッチのジャケットのようにイラストを裏に記載する場合がある。なお、サラウンドに対応したかどうかにかかわらず、全作品のディスクからDOLBYDTSの表記が廃止されている。
CFI-2000シリーズの本体にディスクドライブを接続した場合は、AACSなどの問題のために必ず一回オンライン認証を通す必要がある。[48]また、UHDBDなどに内蔵されるドルビービジョンはPS5に対応していない。

仕様[編集]

仕様 備考
CPU
  • x86-64-AMD RyzenZen 2"[注 5]
    • 8 コア/16 スレッド
    • 最大3.5GHz(可変クロック)
    • 製造プロセス 7nm
GPU
  • AMD Radeon™ RDNA 2-based graphics engine[7]
    • 36CU, 最大2.23GHz(可変クロック)[5][8], 10.3 TFLOPS[7]
    • レイトレーシング アクセラレーション
システムメモリ
  • GDDR6 16GB
    • インターフェース:256bit
    • バンド幅:448GB/s
ストレージ 内蔵SSD
  • カスタムSSD (CFI-1000系モデルは825GB[6]、CFI-2000系モデルは1TB)
    • PCIe 4.0×4レーン接続
    • 交換不可(マザーボード直付け)
  • 実効空き容量 667GB
  • Read: 5.5GB/s[49](非圧縮時)
  • Read: 8 - 9GB/s(圧縮時)
拡張SSD
  • NVMe M.2 SSDスロット×1
    • Type 2230/2242/2260/2280/22100 対応
    • SATA端子無し
2021年9月配信のシステムソフトウェアにて市販NVMe M.2 SSDに正式対応。
主な要件を以下に示す。[50]
  • PCIe Gen4x4 M.2 NVMe SSD
  • 容量:250GB~4TB
  • シーケンシャル読み込み速度:5,500MB/秒以上を推奨
  • ヒートシンク必須 (高さ制限あり)
保存可能な

データの種類

  • 各ストレージに保存可能なデータの種類を以下に示す[51]
  • クラウドストレージはPS Plus加入者のみ利用可能
内蔵SSD 拡張SSD

(NVMe M.2)

USB 3.0以上の外付けHDD/SSD クラウド USBマスストレージ
PS5用ゲーム ×(*注) × ×
PS4用ゲーム
PS5のセーブデータ × ×
PS4のセーブデータ
スクリーンショット
ビデオクリップ
×

(*注) インストール済みのPS5ゲームを内蔵SSD/拡張SSDから待避することは可能。但し拡張HDD/SSDから起動不可のため、再プレイの際は内蔵SSD/拡張SSDに書き戻す必要がある。

  • 外付けUSBストレージの容量は、250GB~8TBに収める必要がある。USBの転送速度はUSB3.2まで。
映像
  • 対応解像度:480p(セーフモード時のみ),720p, 1080i, 1080p, 1440p, 2160p
  • HDMI 2.1 出力対応
    • 4K/120Hz
  • HDR10(設定するとどの場面でも常時HDR出力になる)
  • VRR[52] (1080p, 2160p)[53] 

VRR,HDR10は対応テレビが必要。HDR10はDeep Color出力に対応したテレビが必要。

音声
フォーマット 主なch数
Dolby Digital 5.1ch,2ch
Dolby Digital Plus 7.1ch
Dolby TrueHD 7.1ch
Dolby Atmos 7.1.4ch
DTS 5.1ch
DTS-HD High Resolution Audio 7.1ch
DTS-HD Master Audio 7.1ch
AAC 5.1ch
Linear PCM 7.1ch,5.1ch,2ch
  • S/PDIF端子は非搭載であるため、サラウンド音源はHDMIの直接接続に対応したアンプ・ホームシアター・テレビが必要である。
  • AACはメディアプレイヤーなどのごくわずかな場面下でしか使用しない。
  • ほとんどのPS4製ゲームはドルビーデジタルが採用。一部作品は未表記で7.1chのサラウンドやLPCM製サラウンドが採用。
  • PS5製ゲームではドルビーの表記が一切行われなくなった。これはドルビーデジタルの商標が2017年にすべて無効になったことが原因である上、ほとんどのソフトがLPCM 5.1chまたはLPCM 7.1chによるサラウンド音源のみを搭載しているためである。
  • Blu-ray、Ultra HD Blu-rayにおいてDolby AtmosおよびDTS:Xの出力が可能、2023年9月以降はすべての場面でDolby Atmos出力に切り替えることが可能となった。ただし、非Dolby Atmos音源にオブジェクトデータ付与ができるプラグイン(Windows11でいうDolby Access)は導入されていない。
  • “Tempest” 3Dオーディオ技術搭載
光学ドライブ Ultra HD Blu-ray(読み出し専用)[54]
  • Ultra HD Blu-ray(66G/100G)~10xCAV
  • BD-ROM(25G/50G)~8xCAV
  • BD-R/RE(25G/50G)~8xCAV
  • DVD-ROM/DVD±R/DVD±RW ~3.2xCLV
  • PAL規格のDVD(480iの映像)はリージョンコードが一致していれば再生可能。
  • DVD-VRおよびCRPM,AVCHDは対応。
  • PS5のみ光学ドライブ搭載
    • PS5 デジタル・エディションは光学ドライブ非搭載
  • 下記ディスクフォーマットに非対応
入出力端子
CFI-1000シリーズ
仕様 数量 位置
USB 2.0 Type-A[55] 1 本体前面
USB 3.1 Gen 2 Type-C[55] 1
USB 3.1 Gen 2 Type-A[55] 2 本体背面
有線LAN RJ45 1
HDMI 2.1 Standard A 1
CFI-2000シリーズ
仕様 数量 位置
USB 3.1 Gen 2 Type-C[55] 2 本体前面
USB 3.1 Gen 2 Type-A[55] 2 本体背面
有線LAN RJ45 1
HDMI 2.1 Standard A 1
通信 有線 10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T
無線 IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax (Wi-Fi 6)
Bluetooth 5.1
最大消費電力 350W (PS5)
340W (PS5デジタル・エディション)
外形寸法 幅390mm×高さ104mm×奥行260mm (PS5)
幅390mm×高さ92mm×奥行260mm (PS5デジタル・エディション)
左記はベースを除く横置き時の外形寸法
質量 約4.5kg [CFI-1000A (PS5)]
約4.2kg [CFI-1100A (PS5)]
約3.9kg [CFI-1200A (PS5)]
約3.9kg [CFI-1000B (PS5デジタル・エディション)]
約3.6kg [CFI-1100B (PS5デジタル・エディション)]
約3.4kg [CFI-1200B (PS5デジタル・エディション)]
パッケージ内容
  • 製品本体
  • DualSense ワイヤレスコントローラー1台
  • DualSense ワイヤレスコントローラー用 充電ケーブル (USB Type-C to A)
  • HDMIケーブル (HDMI 2.1規格によるUltra High Speed互換)
  • 電源コード
  • ベース (製品本体の縦置き・横置きに使用)
  • クイックスタートガイド/セーフティガイド

以前のPSとの互換性、修正点など[編集]

PS4との互換性[編集]

PS5は、PS4のソフト(一部を除く)をプレイすることができる。

PlayStation 5の本体が後方互換性を持ち、前世代機のパッケージソフトウェアをソフトウェアによるOS互換やライブラリ互換により[5]、PS4のソフトが遊べる後方互換を持っている[56][57]

詳しく言うと前世代機であるPS4が採用していたAMD Jaguarコアとの互換性を実現することであり、ハードウェア互換ではないため全てのソフトには対応できないが、発売日時点で99%のPS4ソフトが動作可能である。なお互換性がとれなかった一部のゲームについてはそのリストが公開されている[12]。非対応作品はほとんどが版権的・法律的事情によるものである。リストに公開されていない非対応作品はP.T.THE PLAYROOMなど。

ゲーム側のアップデートが必要になる可能性があるが、ハードウェアの違いを前提としたOSやライブラリによる機能拡張により、多くのソフトでフレームレートの安定や向上、高解像度等の恩恵が期待できる[12]。また標準でHDRがオンとなる[12]。 ただし、SHAREメニュー(PS5ではクリエイトメニューで代替)や“Live from PlayStation”、セカンドスクリーン機能やPS4用のシステム画面テーマなどPS4が採用していた一部のシステムは使用できない[12]。また、ディスク媒体のPS4ソフトについては当然ディスクドライブ搭載のモデルでしかプレイできない[12]。 PS4とPS5のダブルプラットフォームで発売されるソフトの中には、パブリッシャー側の判断でPS4版を所持していれば個別の条件(有償・無償・期間限定など)でPS5版にアップグレード可能なタイトルも存在する。日本国内においては発売当初に表示が無かった機種へのアップグレードを無償で行うことが「不当景品類及び不当表示防止法」で規制される可能性があるため、日本国外のPS5版と日本を含めたXbox Series X/S版で別ハード向けデータの配布が行われていても、低額の有償アップグレードとなる[58][59][注 6]

なおパッケージソフトをアップグレードするためにはPS4版のディスクの認識が必要になるため、ディスクドライブがないデジタル・エディションではアップグレードできない[60]

セカンドスクリーンとコンパニオンアプリとの連携、3DテレビへのHDMI経由の投影、トーナメント機能(PS4ゲーム向け機能のみでPS5向けゲームは可能)、2014年ごろに「アップグレードプログラム」で購入したダウンロード版PS4向けゲームをPS3ディスクの挿入で起動させることも不可能である。

なお、PS1PS2PS3タイトルとの互換性はないが、PS1・PS2・PS3タイトルの一部についてはPlayStation Plusでエミュレータ及びクラウドストリーミングにより遊ぶことができる(前世代機『PlayStation 4』も同様)。日本地域ではPS PlusのPCを利用したストリーミングは不可能であるが、アメリカ合衆国などのリージョンでは可能である。

DUALSHOCK 4の使用
PS5で前世代機であるPS4のDUALSHOCK 4のワイヤレスコントローラを使用することは可能である。ただし、「PS5」版のゲームでは使用できない。PS向けライセンス品のコントローラーも大半はDualsenseの挙動を想定していないため、PS4向けコントローラーの場合は同様にDUALSHOCK 4として扱われる。

モーションコントローラー・ナビゲーションコントローラー・PS VRシューティングコントローラーの使用

PS VR対応作品などのごく一部の環境下で使用が可能になるPS4向け作品で対応。

決定ボタン[編集]

決定ボタンを「×」に修正
PS5からは、「“○”ボタンで決定」「“×”ボタンでキャンセル」ではなく、世界標準方式である「“×”ボタンで決定」「“○”ボタンでキャンセル」と修正した[61]。ただし、PS4作品は必ずしもそのルールに沿うわけではなく、変更される場合と変更されない場合がある。
発端
1994年12月3日に日本で発売した初代PlayStationのコントローラーの仕様は他社と同じことはしたくないソニーのデザイナーの精神を反映し、誰でも覚えやすいアイコン『○と×はYESとNOで色は赤と青、△は頭や視点を表し色は信号機にならって緑、□は紙でメニュー・文書を示すもの、色は全体のバランスからピンク[62]』であった。
1995年9月1日に発売された欧米版PlayStationでは割り当てが逆になった。単に押しやすい事が挙げられ、元からAボタンを一番右に置く伝統にある任天堂を除いてもセガドリームキャストセガサターン)やマイクロソフト(サイドワインダー)も90年代では「×」の位置に決定が入るように「ABXY」のロゴを決定していた。[注 7]欧米で肯定(YESやOK)を意味するチェックマークは「✓」マークだけでなく「✗」マークもあり、「✗」と「X」は酷似しているので自然と「X」を肯定ボタンと捉える人が多い。
以降、PS1~PS4/PSP/PS Vitaまでのシリーズで、日本と一部の国や地域では「“○”ボタンで決定」「“×”ボタンでキャンセル」のコマンドが割り当てられ、欧米版では逆に「“×”ボタンで決定」「“○”ボタンでキャンセル」が割り当てられるという状況になり、国境を超えて遊ばれるPSゲームソフトを開発する世界の開発者らは、ソフトのローカリゼーション(各地域向けバージョンを制作)する中で、日本版を制作する段階になってボタン割当の違いがあることに驚き、しばしばかなり悩まされることになった。ボタンルールの厳守はPS5の登場までずっと続けられ、このルールを破った作品は非公式の改造ウェア以外存在しなかった。この問題を省略するために、〇×ボタン両方を「決定」、△□ボタンを「キャンセル」にする作品も存在したが、ごくわずかである。(サルゲッチュグランツーリスモなど。)
なお、PS1~PS2の時代まではソフトリージョンが分れていたため、一本のソフトにボタンの対応表を一つ入れるだけで済んでいたことから、この問題に悩まされるリスクが少なかったが、PSP/PS3以降はリージョンロックがほぼ完全に削除。そして一本のゲームデータにマルチリージョンの言語に対応させたシステムを導入する必要が常に存在したため、ゲームデータを別のリージョンのハード間で引っ越し作業を行わせたりすると、ボタンの判定が変更される仕様がすべてのゲームに隠し搭載される必要があった。
ゲーム内の決定ボタンについて
ソフト側は統一されておらず「“×”ボタンで決定」のタイトルと従来通り「“○”ボタンで決定」のタイトル(『アサシン クリード ヴァルハラ』『イモータルズ フィニクス ライジング』など)が両方存在する。
PS4のゲームをPS5で遊ぶときはゲーム内では今まで通りの操作のため“○”ボタンで決定が標準となる。一部のPS4用ソフト(『新サクラ大戦』『ゴッドイーター3』『英雄伝説 創の軌跡』『ドラゴンクエストX オンライン』など)は「“×”ボタンが決定、“○”ボタンがキャンセル」になるよう変更が加えられている。
「操作感は変わらない」と説明されているが、デモンズソウルのように「“○”ボタンで回避/ダッシュ」「“×”ボタンでアクション」のコマンドが割り当てられ、従来のものと操作感が変わってしまったゲームもある。とはいえ、「○」「☓」が欧米方式で世界統一されたことで、今後は欧米で開発された有名ソフトが日本でも世界のプレーヤーと同一の操作感で遊べるようになってゆくという大きなメリットがある。

バリエーション[編集]

CFI-1000系[編集]

PlayStation 5(CFI-1000A01)
PlayStation 5 デジタル・エディション(CFI-1000B01)
日本国内用 スタンダードモデル
型番 名称 発売日
CFI-1000A01 PlayStation 5 2020年11月12日
CFI-1000B01 PlayStation 5 デジタル・エディション 2020年11月12日
CFI-1100A01 PlayStation 5 2021年8月24日
CFI-1100B01 PlayStation 5 デジタル・エディション 2021年7月20日
CFI-1200A01 PlayStation 5 2022年9月
CFI-1200B01 PlayStation 5 デジタル・エディション 2022年9月
日本国内用 限定モデル
型番 名称 発売日
CFIJ-10000 PlayStation 5 “Horizon Forbidden West” 同梱版 2022年9月15日
CFIJ-10001 PlayStation 5 デジタル・エディション “Horizon Forbidden West” 同梱版 2022年9月15日
CFIJ-10002 PlayStation 5 “グランツーリスモ7” 同梱版 2022年10月20日
CFIJ-10003 PlayStation 5 デジタル・エディション “グランツーリスモ7” 同梱版 2022年10月20日
CFIJ-10004 PlayStation 5 “ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク” 同梱版 2022年11月9日
CFIJ-10005 PlayStation 5 デジタル・エディション “ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク” 同梱版 2022年11月9日
CFIJ-10007 PlayStation 5 “FINAL FANTASY XVI” 同梱版 2023年6月22日
CFIJ-10008 PlayStation 5 デジタル・エディション “FINAL FANTASY XVI” 同梱版 2023年6月22日
CFIJ-10011 PlayStation 5 DualSense ワイヤレスコントローラー ダブルパック 2023年8月9日
CFIJ-10012 PlayStation 5 デジタル・エディション DualSense ワイヤレスコントローラー ダブルパック 2023年8月9日
CFIJ-10013 PlayStation 5 “Marvel's Spider-Man 2” Limited Edition 2023年9月1日
CFIJ-10014 PlayStation 5 “Marvel's Spider-Man 2” 同梱版 2023年10月20日
CFIJ-10015 PlayStation 5 デジタル・エディション“Marvel's Spider-Man 2” 同梱版 2023年10月20日
CFIJ-10016 PlayStation 5 “EA SPORTS FC 24” 同梱版 2023年9月29日
CFIJ-10017 PlayStation 5 デジタル・エディション“EA SPORTS FC 24” 同梱版 2023年9月29日

CFI-2000系[編集]

日本国内用 スタンダードモデル
型番 名称 発売日
CFI-2000A01 PlayStation 5 2023年11月10日
CFI-2000B01 PlayStation 5 デジタル・エディション 2023年11月10日
日本国内用 限定モデル
型番 名称 発売日
CFIJ-10018 PlayStation 5 DualSense ワイヤレスコントローラー ダブルパック 2023年11月10日
CFIJ-10019 PlayStation 5 デジタル・エディション DualSense ワイヤレスコントローラー ダブルパック 2023年11月10日
CFIJ-10020 PlayStation 5 “Marvel's Spider-Man 2” 同梱版 2023年12月20日

周辺機器[編集]

コントローラー[編集]

DualSense
DualSense コントローラー

DualSenseと呼ばれるコントローラーではPlayStation 4までのDUALSHOCK系列の既存のコントローラーとは外観の基本デザインが異なることもあり、ナンバーリング(DUALSHOCK 5)ではなく新たな名称として、五感に訴えかけるゲーム体験の実現を強調して、DualSenseと名付けられた[63]

  • ハプティック技術搭載[64][65]
  • PSボタンが初めて円型以外になる
  • L2・R2ボタンに抵抗力を感じさせるアダプティブトリガーを採用[64][65]
  • USB Type-C(有線)/Bluetooth(無線)接続
  • マイク内蔵
  • DUALSHOCK 4で動画やスクリーンショットを撮ることのできた「SHARE」ボタンを、「Create」ボタンに変更[66][67]。簡単にユーザーのプレイしている映像をSNSや動画配信サイトに投稿することができる[66]。X(旧Twitter)への投稿機能は2023年11月13日をもって終了した[68]

PlayStation Portal リモートプレーヤー[編集]

2023年に発売された、PS5とのリモートプレイをスマートフォン・Windows上のリモートプレイ用アプリケーションよりも快適にプレイすることができる端末。PS3/PS4のリモートプレイはPS本体側のスペックが不足しやすいことからこのような端末が実現しなかったが、PS5は本体をLANケーブルで有線接続することで、常時画質が1080/60pかつ十分な環境でリモートプレイができるようになったことから開発された。Bluetoothを搭載していないため、無線接続できるデバイスは2024年現在でPULSE Explore,PULSE Eliteといった「PlayStation Link」に対応した無線オーディオデバイスのみである。販売価格は発売直後で29980円(税込)。[69]

  • 内蔵OSはFreeBSDではなくAndroid
  • 2024年現在ではPS VRPS VR2、およびメディアアプリのプレイ、PS Plusのコンソール経由・PS Portal単体でのストリーミングプレイは不可能。
  • PS Portal単体でできることはWifiの接続、PSNアカウントのサインイン、システムアップデート、リモートプレイに使用するPS5本体の選択のみ。
  • 充電端子はUSB Type-C(急速充電は非対応)。

純正機器[編集]

日本国内用
型番 名称 発売日 備考
CFI-Y1000 PlayStation Portal リモートプレーヤー 2023年11月15日
CFI-ZAA1 PlayStation Cameraアダプター 2020年11月12日 PS VR利用時に必須[70]
CFI-ZAC1J Accessコントローラー 2023年12月6日
CFI-ZCP1J DualSense Edgeワイヤレスコントローラー 2023年1月26日
CFI-ZCT1J DualSenseワイヤレスコントローラー 2020年11月12日 本体に1つ同梱。
CFI-ZCVL1 PlayStation VR2 Senseコントローラー (L) 2023年2月22日
CFI-ZCVR1 PlayStation VR2 Senseコントローラー (R)
CFI-ZDD1J ディスクドライブ 2023年11月10日 CFI-2000シリーズ専用。
CFI-ZDS1J DualSense充電スタンド 2020年11月12日
CFI-ZEY1G HDカメラ
CFI-ZMR1J メディアリモコン
CFI-ZSS1J PlayStation VR2 Senseコントローラー充電スタンド 2023年2月22日
CFI-ZVR1 PlayStation VR2
CFI-ZVS1P 縦置きスタンド 2023年11月10日 CFI-2000シリーズ専用。
CFI-ZWA2J PlayStation Link USBアダプター 2023年12月6日 PULSE Explore ワイヤレスイヤホン、PULSE Elite ワイヤレスヘッドセットに同梱。
CFI-ZWD1J ワイヤレスアダプター 2020年11月12日 PULSE 3Dワイヤレスヘッドセットに同梱。
CFI-ZWE1J PULSE Explore ワイヤレスイヤホン 2023年12月6日
CFI-ZWH1J PULSE 3Dワイヤレスヘッドセット 2020年11月12日
CFI-ZWH2J PULSE Elite ワイヤレスヘッドセット 2024年2月21日
CFIJ-16000 PlayStation 5用カバー 2022年1月27日
CFIJ-16002 デジタル・エディション用。

ソフトウェア[編集]

DualSenseでの操作デモも兼ねたアクションゲーム『ASTRO's PLAYROOM英語版』がプリインストールされている[71]

メディアアプリ[編集]

本項目では、PS5のメニュー内の「メディア」タブで配信されているアプリを表記していく[72][73]

配信日 タイトル 発売元 販売方式 備考
2020年11月12日 Apple TV Apple 無料
2020年11月12日 Amazon Prime Video Amazon.com, Inc. 無料
2020年11月12日 Spotify Spotify 無料
2020年11月12日 DAZN DAZNグループ 無料
2020年11月12日 Twitch Amazon.com, Inc. 無料
2020年11月12日 DMM.com DMM.com 無料
2020年11月12日 Netflix Netflix 無料
2020年11月12日 Hulu HJホールディングス 無料
2020年11月12日 YouTube Google 無料
2020年11月12日 U-NEXT U-NEXT 無料
2021年10月27日 Disney+ ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション 無料 2022年10月よりPS4/PS5版からPS5版が独立して別アプリに[74]
2021年10月28日 Apple Music Apple 無料
2021年11月24日 torne ソニー・インタラクティブエンタテインメント 無料
2023年10月5日 Sony Pictures Core ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 無料
2023年11月30日 FOD フジテレビ 無料

流通状況[編集]

ハードの供給不足と転売問題[編集]

前述の通り、新型コロナウイルスの世界的な蔓延によって主に半導体部品の製造が世界的に滞ったこと、同じ理由により巣ごもり娯楽の需要が増したこと、さらには動画配信サイトの普及によるゲーム実況の人気の高まりも追い風となって、膨れ上がった需要に対し供給がほとんど追い付かない事態となった。2021年1月30日にはヨドバシAkiba店で行われた店頭でのゲリラ販売に人が殺到し、カウンターが壊れるなどの被害が起きたため警察が出動する騒動となった[75]

さらには転売屋に買い占められることで、定価よりも高額な値段で転売される問題が発売から一年以上経っても続いた[76]。東洋経済の記者である菊地悠人によれば、ハードの売上台数に対して、ファミ通で発表されているソフトの売上本数はディスク版のみの集計ながら本体よりも大幅に少ない傾向があった[76]。2020年は一時は50万円以上の値が付くこともあり、Amazonでは売り出し直後即完売。多くの企業がオンライン抽選会を行った[65]

ソニー・インタラクティブエンタテインメント社長兼最高経営責任者(CEO)のジム・ライアンは、「特に転売屋ボット(ネット)に在庫を確保されてしまうのは、とても腹立たしく不快なことです」と、2021年6月にウェブニュースメディア「Axios」の記事で語った[77]

産経新聞の高木克聡は、2022年以降の記録的且つ長期的な円安によって日本国外の消費者にとって日本のPS5は「お買い得」になっており、日本国内で購入しておいて日本国外へ転売する勢いは収まる気配がなく、これがPS5の日本国内での普及を妨げ、国内のソフト販売も不振となり、その結果ソフト開発も滞りがちになり、おまけに世界的なインフレによって開発者の日本国外での賃金も上がっており、その結果 日本人開発者が国外に転職してしまう恐れもあり、「ゲーム機・ソフト・開発人材それぞれの不足による『三重苦』が日本市場の衰退を招きかねない事態となっている」と指摘した[78]日本経済新聞も円安での差益目的の日本国外転売を報じている[79]。CFI-1200モデルの発売から数か月後以降は流通難になることがほぼなくなったが、2023年11月に発売されたCFI-2000モデルでは、本体価格がCFI-1200のモデルよりも9000~10000円ほど値上げする事態が発生した。

供給状況の改善[編集]

2022年12月下旬から、日本におけるPS5の供給改善を示唆する声が寄せられていた[80]。また、買取価格の下落から供給改善を推測したメディアもいた[81]。2023年2月からは、それまで抽選販売でしか扱っていなかった家電量販店各社が「通常販売が行える在庫が確保できた」として予約・抽選無しでの店頭販売を行っている[82]。供給状況の改善によりハード売り上げ1位を記録する週が続いた。

2023年7月27日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは公式サイトにて、PS5の実売台数が4000万台を突破したことを発表し、供給について「現在は十分な在庫があり、累積されていた需要に応えられている」と発表した[29]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ PS5(471万3002台)とPS5 デジタル・エディション(74万6561台)の合算[3]
  2. ^ デジタル・エディションには非搭載[4]
  3. ^ 計算上は1秒未満でも、実際のプレイ上ではサーバー応答時間やwait時間などもあり、2~5秒かかることが多い。マップやシーン切り替え時にも、演出上あえて数秒のwait時間を設定することで「時間の経過」を表現したり、プレーヤーの緊張を解いたりするなどの演出的な意図もある。
  4. ^ USBストレージにインストールデータを退避することで内部SSDの容量が空き、再びプレイする際にはディスクメディアやPSストアからインストールするよりも短時間で再インストールが可能となる。退避したソフトがアップデートされた場合、内部SSDにインストールされているソフトと同様に、自動的にインストールデータがアップデートされる。
  5. ^ PS4の流れで「APU」と明記するメディアもあるが、APUと言う名称は使われていない。
  6. ^ Xbox Series X/Sでアップグレードに相当する「スマートデリバリー」はハードウェア自体が持つ機能であるため、ソフトウェアの販売価格規制とは直接関係しない。
  7. ^ ただし、PC-FXのみ1ボタンが一番右にくる仕様となっている。

出典[編集]

  1. ^ PS5、11月12日に発売 通常版は4万9980円”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2020年10月10日閲覧。
  2. ^ a b 【PS5】累計販売台数が5920万台を突破”. ファミ通.com (2024年5月15日). 2024年5月16日閲覧。
  3. ^ 【ソフト&ハード週間販売数】『プリンセスピーチ』がV2! 好調な『ドラゴンズドグマ 2』、『ウイニングポスト10 2024』もトップ10入り【3/25~3/31】”. ファミ通.com (2024年4月4日). 2024年4月5日閲覧。
  4. ^ ソニー「PS5」、399ドルの価格設定に透ける余裕”. 日本経済新聞 電子版. 2020年10月10日閲覧。
  5. ^ a b c d e PlayStation5:ハードウェア技術仕様の追加情報”. PlayStation Blog. 2020年3月19日閲覧。
  6. ^ a b 半導体メモリー、ゲームで恩恵 サムスンやSK”. 日本経済新聞 電子版. 2020年10月10日閲覧。
  7. ^ a b c d 新デザインのPS5®をホリデーシーズンに向けて発表! ストレージは1TBに拡大し、Ultra HD Blu-rayディスクドライブが着脱可能に”. PlayStation.Blog (2023年10月11日). 2023年11月20日閲覧。
  8. ^ a b PlayStation 5の技術を徹底解説! 「SSD」と「サウンド」でゲーム体験を変える”. AV Watch (2020年3月19日). 2020年3月19日閲覧。
  9. ^ ソニーが「PS5」の仕様公開 「PS4」と互換性”. 日本経済新聞 電子版. 2020年10月10日閲覧。
  10. ^ 没入感を強く推す、PS5のコンセプト映像が公開 キャッチコピーは「遊びの限界を超える」になる模様”. IGN Japan (2020年8月20日). 2023年7月28日閲覧。
  11. ^ a b ソニー、PS5向け28ソフト公表 「スパイダーマン」など”. 日本経済新聞 電子版. 2020年9月11日閲覧。
  12. ^ a b c d e f 後方互換性:PS5でプレイできるPS4ゲーム”. 2020年9月18日閲覧。
  13. ^ PlayStation公式サイト「PlayStation VR2」
  14. ^ 次世代コンソールゲーム機 「プレイステーション5」に名称決定 2020年年末商戦期に発売”. ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2019年10月8日). 2019年10月9日閲覧。
  15. ^ PlayStation®5用 新ワイヤレスコントローラーDualSense™公開”. PlayStation.Blog 日本語 (2020年4月8日). 2023年12月20日閲覧。
  16. ^ Unreal Engine 5 初公開 - Unreal Engine 公式サイト (2020年5月13日)
  17. ^ 「PS5+Unreal Engine 5」驚異の画質とゲームに留まらない革新 - Impress Watch:西田宗千佳のイマトミライ 第52回 (2020年5月18日)
  18. ^ Unreal Engine 5インタビュー:機種の壁をぶち破るEpicの次世代開発環境 - GamesIndustry.biz Japan Edition (2020年5月14日)
  19. ^ PlayStation 5がいよいよ登場 - PlayStationオフィシャルサイト、2020年6月15日閲覧
  20. ^ a b “PlayStationR5 2020年11月12日(木)日本国内発売決定 9月18日(金)より順次予約開始”. ソニー・インタラクティブエンタテインメント. (2020年9月17日). https://www.sie.com/jp/corporate/release/2020/200917a.html 2020年9月17日閲覧。 
  21. ^ PlayStationR5本体の分解映像を公開!”. PlayStation.Blog (2020年10月7日). 2020年10月7日閲覧。
  22. ^ PS5発売記念のグローバルローンチイベントが順次開催! 日本では神田明神がライトアップ”. Game*Spark (2020年11月12日). 2023年12月20日閲覧。
  23. ^ 「PS5」、販売台数が1000万台を突破--ソニーのゲーム機で最速”. CNET Japan (2021年7月29日). 2023年12月20日閲覧。
  24. ^ PS5、国内累計販売数が100万台を突破!”. ファミ通.com (2021年9月9日). 2023年12月20日閲覧。
  25. ^ PlayStation®5がグッドデザイン賞「グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)」を受賞! - PlayStation.Blog 日本語”. PlayStation Blog. 2021年10月22日閲覧。
  26. ^ PlayStation 5全世界販売台数が2000万台を突破。増産についてもコメント”. AUTOMATON (2022年6月4日). 2023年12月20日閲覧。
  27. ^ プレイステーション 5、5,500円の値上げを発表”. PC Watch (2022年8月25日). 2022年8月26日閲覧。
  28. ^ PS5、累計販売台数3000万台に 品薄解消へ”. 日本経済新聞 (2023年1月5日). 2023年12月20日閲覧。
  29. ^ a b PS5の実売台数が4000万台を突破。「現在、PS5は十分な在庫があり、累積されていた需要にようやくお応えできるようになりました」”. ファミ通.com. KADOKAWA Game Linkage (2023年7月27日). 2023年7月27日閲覧。
  30. ^ SIEの社長兼CEOを務めるジム・ライアン氏が2024年3月に退任”. 2024年3月18日閲覧。
  31. ^ ソニー・インタラクティブエンタテインメント新経営体制”. ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2023年9月28日). 2024年3月19日閲覧。
  32. ^ 小型軽量化された「PlayStation 5」本日発売”. PC Watch. 2023年11月16日閲覧。
  33. ^ a b プレイステーション®5 11月12日(木)に発売決定 PS5™デジタル・エディション 希望小売価格39,980円+税、PS5™ 希望小売価格49,980円+税”. PlayStation.Blog (2020年9月17日). 2020年9月17日閲覧。
  34. ^ 【重要なお知らせ】PlayStation®5 発売日のご購入について”. PlayStation.Blog (2020年11月5日). 2020年11月5日閲覧。
  35. ^ 2020年12月11日にフィリピンでプレイステーション5が発売” (英語). PlayStation (2020年12月11日). 2020年12月11日閲覧。
  36. ^ PS5は12月11日にフィリピンで27,990ペソで発売されます売” (英語). Rappler (2020年11月11日). 2020年11月11日閲覧。
  37. ^ PS5は12月11日にフィリピンで発売され、SRPは27,990ペソです。” (英語). GMA Network (2020年11月11日). 2020年11月11日閲覧。
  38. ^ プレイステーション5の価格、フィリピンでの発売日発表” (英語). ABS-CBN News (2020年11月11日). 2020年11月11日閲覧。
  39. ^ プレイステーション 5、中国で5月15日発売決定 - GAME Watch (2021年4月29日)
  40. ^ 今、あらためてPS5の姿を想像してみる CPUとGPUはどうなる編”. ITmedia NEWS. 2020年3月19日閲覧。
  41. ^ https://kakakumag.com/game/?id=15200
  42. ^ Inc, Aetas. “西川善司の3DGE:Mark Cerny氏のPS5技術解説プレゼンテーションを読み解く(前編)。ここまで分かったPS5のSSDとGPUの詳細”. www.4gamer.net. 2020年3月23日閲覧。
  43. ^ 週刊アスキー編集部(編)第1309巻、角川アスキー総合研究所、2020年11月17日。 
  44. ^ PlayStation 5の技術を徹底解説! 「SSD」と「サウンド」でゲーム体験を変える”. 2020年3月19日閲覧。
  45. ^ 家電批評 2021年2月号 2020, p. 114.
  46. ^ PlayStation 5内蔵の高速SSDでPS4用ゲームも速くなる?実機で試してみた!(AKIBA PC Hotline!、2020年12月23日)
  47. ^ 「ゲーム業界最大の世代交代」 年末商戦向けPS5公開:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2020年9月11日閲覧。
  48. ^ 「新型PlayStation 5」開封してみた。着脱式ディスクドライブはどうなった?”. 2023年12月22日閲覧。
  49. ^ ソニーが「PS5」の仕様公開 「PS4」と互換性”. 日本経済新聞 電子版. 2020年10月10日閲覧。
  50. ^ PS5にM.2 SSDを取り付ける方法 日本”. www.playstation.com. 2021年7月31日閲覧。
  51. ^ PS5のストレージ容量の管理方法”. www.playstation.com. 2021年3月21日閲覧。
  52. ^ PS5™は今週からVRR(可変リフレッシュレート)に対応!”. 2022年4月26日閲覧。
  53. ^ PS5™のシステムソフトウェアアップデートの配信を本日9月7日開始。1440p解像度への対応や、ゲームリスト、新しいソーシャル機能を全ユーザー向けに追加!”. PlayStation.Blog 日本語 (2022年9月7日). 2022年9月7日閲覧。
  54. ^ KADOKAWA Game Linkage (2020年11月5日). “【PS5情報まとめ】11月12日発売のプレステ5を連載特集で徹底解説。スタート企画では基本情報をおさらい - ファミ通.com”. ファミ通.com. 2020年11月7日閲覧。
  55. ^ a b c d e ゲームラボ年末年始2021 2020, p. 111.
  56. ^ ゲームラボ年末年始2021 2020, p. 113.
  57. ^ 家電批評 2021年2月号 2020, p. 115.
  58. ^ 『ウィッチャー3 ワイルドハント』の次世代版を発表!(CD Projekt RED・ウィッチャーシリーズ公式サイト、ニュース2020年9月4日)
  59. ^ 「ボーダーランズ3」の次世代機版へのアップグレードが可能に。Xbox One版は無料,PS4版からのアップグレードは税込100円”. www.4gamer.net (2020年11月12日). 2022年7月7日閲覧。
  60. ^ PS5のPS4後方互換機能について、プレイ方法やPS5版へのアップグレード方法、セーブデータの移行方法などの情報が公開”. ファミ通.COM (2020年10月10日). 2020年10月25日閲覧。
  61. ^ プレイステーション 5実機でプレイ体験! 高速読込と「DualSense」が変えるゲーム体験”. AV Watch. 2020年10月4日閲覧。
  62. ^ プレステのデザイナー・後藤禎祐氏 歴代プレステで貫かれた「直感的デザイン」を語る”. AV Watch. 2021年6月10日閲覧。
  63. ^ PlayStation5用 新ワイヤレスコントローラーDualSense公開”. PlayStation Blog. 2020年4月8日閲覧。
  64. ^ a b ゲームラボ年末年始2021 2020, p. 112.
  65. ^ a b c Mr.PC 2021年1月号 2020, p. 50.
  66. ^ a b ソニー、PS5のコントローラー発表 「触感」訴求”. 日本経済新聞 電子版. 2020年10月22日閲覧。
  67. ^ ソニー、プレステ5の新コントローラー「DualSense」を公開”. CNN.co.jp. 2020年10月22日閲覧。
  68. ^ PS5とPS4のX連携終了後、スクショ投稿はどうする?SNSアップ手順をそれぞれ調べてみた”. リアルサウンド テック. 株式会社blueprint (2023年11月7日). 2023年11月18日閲覧。
  69. ^ PS5用リモートプレイ専用機「PlayStation Portal リモートプレーヤー」希望小売価格29,980円で2023年内に発売決定”. 2024年3月18日閲覧。
  70. ^ PS5用「PS Camera アダプター」無料配布。PS VRに必須”. AV Watch (2020年10月29日). 2024年1月12日閲覧。
  71. ^ PS5『アストロプレイルーム』インタビュー。待望の“ASOBI!チーム”最新作とPS5について開発者に直撃!”. ファミ通.com (2020年10月6日). 2023年12月3日閲覧。
  72. ^ 西田宗千佳のRandomTracking | プレイステーション5、知ってると得する「AV関連機能」15の秘密 ウェブサイト:AV Watch 公開日:2020-11-12 閲覧日:2020-11-13
  73. ^ PS5「メディアリモコン」が編集部に! Disney+、Netflixボタンなどを搭載 ウェブサイト:AV Watch 公開日:2020-11-12 閲覧日:2020-11-13
  74. ^ ディズニープラスのPS5用アプリがリニューアル。4K HDRの映像品質で『スター・ウォーズ』シリーズやMCUなど、お気に入りコンテンツを楽しめるように”. ファミ通.com (2022年10月9日). 2023年3月2日閲覧。
  75. ^ ヨドバシアキバ、PS5店頭販売で警察が出動する騒ぎに”. GAME Watch (2021年1月30日). 2021年2月4日閲覧。
  76. ^ a b PS5の「高額転売」がいっこうにやまない実態”. 東洋経済オンライン (2021年2月3日). 2021年9月5日閲覧。
  77. ^ PS5が品薄の裏で暗躍する「転売屋」たち、その知られざる舞台裏 WIRED
  78. ^ 円安で加速、国内ゲーム市場「三重苦」PS5転売で不足、ソフト売れず、人材流出”. 産経ニュース (2022年8月19日). 2022年9月4日閲覧。
  79. ^ PS5の海外転売広がる 円安で割安感、差益狙う”. 日本経済新聞 (2022年9月2日). 2022年11月19日閲覧。
  80. ^ 年明けには「PS5」潤沢供給が見えてくる―『FF14』第75回PLLで吉田P”. Game*Spark (2022年12月24日). 2023年1月22日閲覧。
  81. ^ 「PS5」買取価格が定価割れも ネット業者の相場下落は品薄解消のサインか”. J-CAST トレンド (2022年12月25日). 2023年1月22日閲覧。
  82. ^ PS5フツーに買えそう ヨドバシに続きノジマ、ゲオも販売制限緩和”. J-CAST トレンド (2023年2月1日). 2023年2月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • Mr.PC編集部『Mr.PC 2021年1月号』、晋遊舎、2020年11月24日。 
  • 家電批評編集部『家電批評 2021年2月号』、晋遊舎、2020年12月28日。 
  • 三才ブックス「徹底比較 PS5 vs XSX」『ゲームラボ年末年始2021』、三才ブックス、2020年12月。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]