本山寺 (三豊市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本山寺
MotoyamaJi,Kagawa-01.jpg
五重塔・本堂と弘法大師像
所在地 香川県三豊市豊中町本山甲1445番地
位置 北緯34度8分22.8秒東経133度41分38.6秒座標: 北緯34度8分22.8秒 東経133度41分38.6秒
山号 七宝山
宗派 高野山真言宗
本尊 馬頭観音
創建年 (伝)大同2年(807年
開基 (伝)空海(弘法大師)
正式名 七宝山 持宝院 本山寺
札所等 四国八十八箇所70番
文化財 本堂(国宝
二王門(国の重要文化財)
鎮守堂・木造善女龍王像・木造金剛力士立像ほか(県指定有形文化財)
五輪塔(市指定有形文化財)
テンプレートを表示

本山寺(もとやまじ)は香川県三豊市にある高野山真言宗寺院山号は七宝山(しっぽうざん)。詳名は七宝山持宝院本山寺開山空海(弘法大師)と伝える。鎌倉時代再建の本堂は国宝に指定されている。本尊馬頭観音菩薩四国八十八箇所霊場第七十番札所

本尊真言:おん あみりと どはんば うん はった そわか

ご詠歌:もとやまに 誰が植えける 花なれや 春こそたおれ 手向けにぞなる

歴史[編集]

寺伝によれば、大同2年(807年)、平城天皇勅願寺として、空海(弘法大師)が自ら刻んだ馬頭観世音菩薩像を本尊として開創したという。

中世には寺領2000、24坊を持つ大寺となって栄えた。

天正年間(1573年 - 1593年)、長宗我部氏の戦により讃岐国の主要寺院の大半は兵火を受けた。当寺も例外ではなく諸堂を焼失したが、鎌倉時代建立の本堂(国宝)や仁王門(国の重要文化財)等は兵火を免れ現存している。江戸時代には領主の生駒氏京極氏により再興され、四国八十八箇所第70番札所に定められた。

伽藍[編集]

本堂
大師堂
  • 本堂:毎年7月の土用の丑の日にきゅうり加持があり、その時に本堂内陣まで入れる。
  • 二王門
  • 大師堂:2014年に大師像が開帳された。
  • 五重塔:明治29年着工43年完成、初層に明治期作の五智如来(檜材一木造り、彫眼、古色)が祀られているが、中尊の胎蔵界大日如来が光背を残し失われている。
  • 本尊前仏の馬頭観音:善通寺金堂本尊を造った仏師・北川運長が当寺に来て、本尊馬頭観音を横に置き、姿大きさを写したと云われる馬頭観音像が2014年に公開された。いつもは本堂宮殿の向って右横に秘仏として置かれている。江戸時代中期作。
  • 鎮守堂
  • 十王堂、奥は護摩堂
  • 赤堂(大日堂
  • 満州開拓慰霊堂
  • 鐘楼
  • 客殿: 江戸時代末期の嘉永5年(1852年)焼失後の再建
  • 庫裏: 江戸時代末期の嘉永5年(1852年)焼失後の再建

二王門をくぐると正面奥に本堂があり、その手前右に大師堂がある。納経所は本堂の左側を通過し奥に進み本坊の門をくぐり中に入って左にある。

宿坊:なし

文化財[編集]

二王門
鎮守堂
国宝
  • 本堂附厨子3基、棟木の部分1枚:正安2年(1300年)に京極氏と佐々木氏の寄進によって再建された。棟木と礎石に残された墨書から、正安2年の建立が裏づけられる。桁行五間、梁間五間の寄棟造、本瓦葺。円柱を用い、建築様式は純和様に近いが、側面と背面に桟唐戸(さんからど)を用い、外陣に渡した虹梁上に大瓶束(たいへいづか)を用いる点など、細部には禅宗様を取り入れている。内陣は大型厨子内にさらに3基の厨子を置き、中央に本尊馬頭観音、左右に薬師如来阿弥陀如来を安置する(いずれも絶対秘仏)。1955年に修復工事を実施。昭和30年6月22日指定
重要文化財
  • 二王門:室町時代中期建立の三間一戸八脚門[1][2]切妻造、本瓦葺。主柱、前後の控柱ともに円柱とする。建築様式は和様を基調とするが、柱の下部に礎盤を設ける点など細部に禅宗様を取り入れている。明治37年8月29日指定
香川県指定有形文化財
  • 鎮守堂:天文12年(1543)・16年の墨書、平成元・2・28指定
  • 木造善女龍王像 :檜の寄木造り、玉眼、像高47.5cm、南北朝時代作、彫像としては唯一、昭和63・2・26指定
  • 木造金剛力士立像:平成9・5・23指定
  • 木造愛染明王坐像:檜の寄木造り、彫眼、彩色や飾りは江戸時代のもの、本堂左奥に鎮座、平安後期作、平成9・5・23指定
  • 本山寺蔵経文板木 83枚:平成11・2・23指定
  • 本山寺蔵経文板木 4枚:平成22・3・30追加指定
三豊市指定有形文化財
  • 五輪塔 5基:昭和42.1.1指定
国の登録有形文化財(以下平成26年7月18日答申、近日登録予定)
冠木門
  • 大師堂:寛政7年(1795)建設、明治16年改修、入母屋造屋根の三間堂
  • 十王堂:宝暦9年(1759)建設、平成5年改修、五間堂
  • 大日堂:江戸時代中期建設
  • 宝蔵:天保4(1833)建設
  • 鐘楼:江戸時代中期建設
  • 大門:江戸時代後期建設、大正3年移築
  • 冠木門:明治43年建設

交通アクセス[編集]

鉄道
道路

奥の院[編集]

興隆寺遺跡の石塔群
七宝山 宝積院 妙音寺
  • 所在地:香川県三豊市豊中町上高野1986
興隆寺遺跡の石塔群

(県指定史跡)昭和51年6月29日指定

  • 所在地:香川県三豊市豊中町下高野(延寿寺から石仏を辿って谷沿いの道を登る)

鎌倉後期から室町末期の、約200年もの期間をかけて造立された石塔群。崖の上段には五輪塔や宝塔など70基、下段には磨崖仏を中心に五輪塔が30基残されている。

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
69 観音寺 -- (4.5km) -- 70 本山寺 -- (11.3km) -- 71 弥谷寺

脚注[編集]

  1. ^ 文化庁監修『国宝・重要文化財大全 12 建造物下巻』、毎日新聞社、2000、p.76
  2. ^ 文化遺産データベース、2012年9月4日閲覧

参考文献[編集]

  • 『週刊朝日百科』「日本の国宝 26」、朝日新聞社、1997
  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編、へんろみち保存協力会、2007年(第8版)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]