甲山寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
甲山寺
甲山寺 中門と本堂
中門と本堂
所在地 香川県善通寺市弘田町1765番地1
位置 北緯34度13分59.5秒
東経133度45分56.75秒
座標: 北緯34度13分59.5秒 東経133度45分56.75秒
山号 医王山
宗派 真言宗善通寺派
本尊 薬師如来
創建年 (伝)弘仁12年(821年
開基 (伝)空海(弘法大師)
正式名 医王山 多宝院 甲山寺
札所等 四国八十八箇所74番
テンプレートを表示

甲山寺(こうやまじ)は、香川県善通寺市にある真言宗善通寺派寺院。詳しくは医王山 多宝院 甲山寺と号する。本尊薬師如来四国八十八箇所霊場の第七十四番札所

本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

ご詠歌:十二神 味方に持てる 戦には おのれと心 甲山かな

歴史[編集]

伝説では、壮年期の空海が寺を建立しようと幼きとき遊んだこのあたりを探索していると老翁が現れ、この地にお寺を建立すべしとお告げをした。この地の岩窟に住む毘沙門天の化身と悟った空海はこの岩窟に毘沙門天を祀った。 その後、嵯峨天皇の勅命を受け別当として満濃池の修築を命じられた空海は、この地で薬師如来を刻み修法すると数万の人々が集まり、無事に築造を完成に導いた。弘仁12年(821年)その功績に対して朝廷から二万銭が与えられ、その一部によって堂を建立したのが当寺の始まりであるという。

伽藍[編集]

  • 山門:2008年落慶
  • 中門:旧山門と同型。
  • 本堂:本尊を拝顔できる(脱履物)。
  • 大師堂:2014年に大師像が開帳された。
  • 護摩堂

山門をくぐり右に手水舎を越え、左に曲がり中門をくぐると右手に納経所、わずかな石段を上がると本堂その右の続に護摩堂、左に数段上がると大師堂があり、鐘楼がその先にあり、その向こうに毘沙門窟入口があり、中に毘沙門天の石像が祀られている。

  • 宿坊:なし
  • 駐車場:無料大駐車場が山門前にあり

交通アクセス[編集]

鉄道
道路

奥の院[編集]

毘沙門堂
毘沙門堂

境内左奥に毘沙門堂があり、岩窟内に毘沙門天が祀られている。

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
73 出釈迦寺 -- (2.2km)-- 74 甲山寺 -- (1.6km)-- 75 善通寺

参考文献[編集]

  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会 2007年(第8版)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]