長尾寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
長尾寺
Nagaoji 04.JPG
境内
所在地 香川県さぬき市長尾西653番地
位置 北緯34度16分0.14秒東経134度10分18.19秒座標: 北緯34度16分0.14秒 東経134度10分18.19秒
山号 補陀洛山
宗派 天台宗
寺格 別格本山
本尊 聖観世音菩薩
創建年 (伝)天平11年(739年
開基 (伝)行基
正式名 補陀洛山 観音院 長尾寺
札所等 四国八十八箇所87番
文化財 経幢、木造伝池田八幡本地仏坐像3躯(国の重要文化財
公式HP 四国霊場第八十七番札所 長尾寺
テンプレートを表示

長尾寺(ながおじ)は、香川県さぬき市長尾西にある寺院四国八十八箇所霊場の第八十七番札所。本尊は聖観世音菩薩。宗派は天台宗(かつては真言宗だったが、天海により天台宗に改められた)。

本尊真言:おん あろりきゃ そわか

ご詠歌:あしびきの 山鳥の尾の 長尾寺 秋の夜すがら 御名を唱えて

歴史[編集]

寺伝によれば天平11年(739年)、行基が当地で霊感を得て聖観音菩薩像を刻み、堂宇に安置したのが始まりとされる。

空海(弘法大師)が渡唐前、当地に滞在し、年頭7日目の夜に護摩符を丘の上より人々に投げ与えたとの伝説があり、これは毎年1月7日の「福奪い」として今に伝わっている。天長2年(825年)、より帰朝した弘法大師によって霊場と定められた。幾度かの兵火により堂宇は失われたが、その都度歴代藩主によって再建されている。

なお、静御前源義経と別れた後、母の磯禅師と共に当寺を訪れ、得度したとの言い伝えもあり、静御前の位牌が本堂の左脇陣にある。

伽藍[編集]

日本三大名門の1つという。寛文10年(1670年)建立とされ、三つ棟木という珍しい工法で知られる。
  • 本堂:2014年5月18日だけ本尊が開帳された。
  • 大師堂
  • 護摩堂
  • 薬師堂
  • 自在天堂
  • 経幢2基
石造。西側のものが弘安6年(1283年)、東側のものが弘安9年(1286年)の建立。国の重要文化財
  • 宝物館

仁王門をくぐって正面に本堂、その右に大師堂がある。納経所は本堂の向かいにある。

交通アクセス[編集]

鉄道
バス
  • さぬき市コミュニティバス 志度 - 多和線・市内循環線 「東町」下車 (0.3km)
  • さぬき市コミュニティバス 志度 - 多和線・市内循環線 「大川バス本社前」下車 (0.3km)
  • 大川バス 引田線 「大川バス本社前」下車 (0.3km)
道路
駐車場
  • 境内の中にある。大型車は境内の入口道路脇にある。駐車料金は普通車で200円を納経所に払う。

奥の院[編集]

玉泉寺 

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
86 志度寺 --(7.0km)-- 87 長尾寺 --(15.1km:相草・助光経由)-- 88 大窪寺

参考文献[編集]

  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会 2007年(第8版)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]