金剛福寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金剛福寺
Kongofukuji 15.JPG
境内
所在地 高知県土佐清水市足摺岬214-1
位置 北緯32度43分33.7秒東経133度1分6.8秒座標: 北緯32度43分33.7秒 東経133度1分6.8秒
山号 蹉跎山
宗派 真言宗豊山派
本尊 三面千手観音
創建年 (伝)弘仁13年(822年
開基 (伝)空海(弘法大師)
正式名 蹉跎山 補陀洛院 金剛福寺
札所等 四国八十八箇所38番
文化財 愛染明王坐像、高野大師行状図画五巻(県有形文化財)
テンプレートを表示

金剛福寺(こんごうふくじ)は、高知県土佐清水市にある寺院。蹉跎山(さだざん)、補陀洛院(ふだらくいん)と号す。宗派は真言宗豊山派本尊千手観世音菩薩四国八十八箇所霊場の第三十八番札所。境内には亜熱帯植物が繁っている。足摺岬の遊歩道付近には、ゆるぎ石、亀石、刀の石、亀呼び場、竜橙の松、竜の駒、名号の岩の「弘法大師の七不思議」の伝説が残されている。山号の文字「蹉」も「跎」もともに「つまづく」の意味で、この地が難所であったことを示している。

本尊真言:おん ばざら たらま きりく そわか

ご詠歌:ふだらくや ここは岬の 船の棹 取るも捨つるも 法のさだやま

沿革[編集]

寺伝によれば、弘仁13年(822年)に、嵯峨天皇から「補陀洛東門」の勅額を受けた空海(弘法大師)が、三面千手観世音菩薩を刻んで堂宇を建てて安置し開創したという。空海がから帰国の前に有縁の地を求めて東に向かって投げたといわれる五鈷杵は足摺岬に飛来したといわれている。

歴代天皇の祈願所とされたほか、源氏の信仰が篤く、源満仲多宝塔を寄進、その子頼光は諸堂を整備した。平安時代後期には観音霊場として信仰され、後深草天皇女御の使者や和泉式部なども参詣している。

鎌倉時代後期(建長から弘安期)には南仏上人が院主となって再興したと伝えられ、また阿闍梨慶全が勧進を行ったとも伝えられている。南仏を「南仏房」と記す史料もあり、南仏(房)は慶全の別名であったとみられる[1]

室町時代には尊海法親王が住職を勤め、幡多荘を支配していた一条家の庇護を受けた。戦国期に一時荒廃したが江戸時代に入っても土佐藩2代藩主山内忠義が再興した。

境内[編集]

山門を入ると左手に弁財天、不増不減の手水鉢、鐘楼がある。右手の納経所を過ぎ、正面奥に本堂が建てられている。本堂より右のほうに不動堂、多宝塔があり、その先に和泉式部の逆修塔がある。本堂左手の池の畔を行くと愛染堂、権現堂、行者堂があって大師堂に至る。本堂前の池の前には奉納された所願成就の亀の像が安置されている。

  • 宿坊:なし
  • 駐車場:40台、大型4台。

文化財[編集]

  • 木造(三面)千手観音立像及び両脇侍立像(不動明王・毘沙門天):高知県指定有形文化財 2000年3月28日指定
  • 木造二十八部衆立像:高知県指定有形文化財 2000年3月28日指定
  • 木造風神・雷神像:高知県指定有形文化財 2000年3月28日指定
  • 愛染明王坐像:高知県指定保護有形文化財
  • 高野大師行状図画五巻:高野山の僧、柘宝が応永22年(1415年)に描いた十巻のうちの五巻。高知県指定保護有形文化財

交通案内[編集]

鉄道
バス
道路

奥の院[編集]

白皇山の頂上にある祠
白皇権現

元は白皇山真言修験寺として白皇山山頂に白皇権現を祀っていた。明治初年の神仏判然令で明治4年(1871年)に佐田山神社となり、大正5年(1916年)に白山洞門白山権現と合祭される形で現在地に社殿を造営、白山神社と号するようになった。

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
37 岩本寺 --(80.7km:田ノ浦・市野瀬経由)-- 38 金剛福寺 --(50.8km:市野瀬・三原経由)-- 39 延光寺
足摺岬

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東近伸「土佐国幡多荘と中世金剛福寺の勧進活動」(市村高男 編『中世土佐の世界と一条氏』(高志書院、2010年) ISBN 978-4-86215-080-6

参考文献[編集]

  • 四国八十八箇所霊場会 編 『先達教典』 2006年
  • 宮崎建樹 著 『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会 2007年(第8版)
  • 同 解説編 2007年(第7版)
  • 幡多歴史文化道四国歴史文化道

外部リンク[編集]