繁多寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
繁多寺
50番繁多寺本堂P1010126.jpg
本堂
所在地 愛媛県松山市畑寺町32
位置 北緯33度49分41.3秒東経132度48分16.4秒座標: 北緯33度49分41.3秒 東経132度48分16.4秒
山号 東山
宗派 真言宗豊山派
本尊 薬師如来
創建年 (伝)天平勝宝年間(749年 - 756年
開基 (伝)行基
正式名 東山 瑠璃光院 繁多寺
札所等 四国八十八箇所50番
テンプレートを表示

繁多寺(はんたじ)は愛媛県松山市畑寺町32にある真言宗豊山派寺院。東山(ひがしやま)、瑠璃光院(るりこういん)と号す。本尊は薬師如来四国八十八箇所霊場の第五十番札所

松山市を見下ろす淡路山の中腹にあり、山門からの展望が素晴らしく、松山城瀬戸内海までが俯瞰でき背後には鬱蒼とした樹木が繁る。境内周辺は景観樹林保護地域に指定されており、サクラ紅葉の名所でもある。

本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

ご詠歌:よろずこそ 繁多なりとも 怠らず 諸病なかれと 望み祈れよ

歴史[編集]

寺伝によれば天平勝宝年間、孝謙天皇勅願により行基が開基し、孝謙天皇の勅願所となったという。その際行基が坐高三尺の如来像を彫り、本尊として、光明寺と号したが、弘仁年間に空海(弘法大師)が留まって修行し現存の山号、寺号である東山繁多寺に改称したという。

一時後衰退するが、源頼義により再興され、1279年弘安2年)には後宇多天皇のために聞月上人が、祈祷を行なっている。また、一遍上人も当寺で学問修行したと伝えられる。上人は後に「捨聖」として遊行し、1288年正応元年)亡き父である如仏を偲び三部経を奉納している。

1394年応永元年)には京都泉涌寺26世快翁師が後小松天皇の命を受け繁多寺第7世の住職に就き、以降1681年1684年天和年間)の寵湖など高僧が相継いで住職となるが、寵湖は徳川家帰依を得ることとなり、4代将軍家綱の念持仏三体の一つである歓喜天を祀られることとなった。将軍家の帰依を得たことで寺は一時は隆盛をきわめ66坊と末寺100余という大寺となる。

境内[編集]

  • 山門:1993年に老朽化していたが修復している。[1]
  • 本堂:現在の本堂は1972年から1973年である。[1]
  • 大師堂:大師像を拝顔できる。
  • 鐘楼元禄9年(1696年)に信者の寄進により建立。
  • 歓喜天堂:4代将軍家綱の念持仏三体の一つである歓喜天が祀られ、厄除けや商売繁盛、合格祈願などの参拝者が多い。
  • 地蔵堂
  • 弁財天
  • 毘沙門天

山門を入ると左手に地蔵堂庫裏納経所が、右手に手水場がある。石段を上って右側に鐘楼、正面奥に本堂が建ち、その手前左に歓喜天堂、毘沙門天弁財天が、本堂の右手に大師堂がある。

  • 宿坊:なし
  • 駐車場:5台、大型1台。無料。

交通案内[編集]

鉄道
バス
道路

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
49 浄土寺 -- (1.7km) -- 50 繁多寺 -- (2.8km) -- 51 石手寺

脚注[編集]

  1. ^ a b 愛媛新聞の月刊誌「accrate(アクリート)」・2009年1月号・ちょっと寄り道ぶらり遍路旅 その10・15P

参考文献[編集]

  • 四国八十八箇所霊場会 編 『先達教典』 2006年
  • 宮崎健樹 著 『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会 2007年(第8版)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]