大興寺 (三豊市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大興寺
Daikoji 07.JPG
本堂
所在地 香川県三豊市山本町辻字小松尾4209番地
位置 北緯34度6分7.9秒東経133度43分9秒座標: 北緯34度6分7.9秒 東経133度43分9秒
山号 小松尾山
宗派 真言宗善通寺派
本尊 薬師如来
創建年 弘仁13年(822年
開基 空海(弘法大師)
正式名 小松尾山 不動光院 大興寺
札所等 四国八十八箇所67番
文化財 木造金剛力士像(県文化財)
テンプレートを表示
遠景

大興寺(だいこうじ)は、香川県三豊市にある真言宗善通寺派寺院である。小松尾山(こまつおざん)、不動光院(ふどうこういん)と号す。本尊は薬師如来。四国八十八箇所霊場の第六十七番札所

本尊真言 : おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

ご詠歌 : うえおきし 小松尾寺を ながむれば 法の教えの 風ぞ吹きける

沿革[編集]

天平14年(742年)に東大寺の末寺として建立され、嵯峨天皇勅願によって空海(弘法大師)が弘仁13年(822年)に開基し、本尊薬師如来を刻んで安置した。

天正年間(1573年 - 1592年)に長宗我部元親の兵火によって本堂以外を焼失。慶長年間(1596年 - 1615年)に現在地で再興される。

境内[編集]

小さい川をわたり仁王門をくぐると石段があり上り詰めると右に鐘楼左に手水舎、正面に本堂、本堂の左奥に弘法大師堂、右奥に天台大師堂がある。本堂の向って左側が納経所になっている。なお、本堂の裏側からなら階段を登らずに本堂に至ることができるが、納経をお願いすると仁王門から入り直しなさいと断られる。

  • 宿坊:なし
  • 駐車場:山門の横に無料で、普通車10台。大型5台。

文化財[編集]

香川県指定有形文化財
  • 木造薬師如来坐像(本尊):檜の寄木造り、像高84cm、平安時代作、昭和44・4・3指定
  • 木造天台大師坐像:像高77.2cm、檜の寄木造り、天台宗第三祖智顗の像、1276年法橋佐慶作、昭和44・4・3指定(なお、弘法大師像からも同じ年の銘文が見つかった)
  • 木造金剛力士像:3.14m、伝・運慶作、鎌倉時代、昭和51・6・29指定
  • 木造「大興寺」扁額:縦76.3cm、横45.4cm、厚さ5.2cmの桧材、文永四年(1267年)藤原経朝の書、昭和49・6・15指定
三豊市指定有形文化財
  • 梵鐘:貞享2年(1685)鋳造、昭和45.11.6指定
三豊市指定史跡
  • あみだ地:大興寺の草創期の仏堂跡、昭和4.11.3指定
香川県指定自然記念物
  • 小松尾寺のカヤ:樹高20m、胸高幹周3.92m樹齢およそ1200年、山門を入ってすぐ右にある。昭和51.3.23指定
香川県保存木
  • 大興寺の大クス :樹齢700年余、樹高25m、幹囲6.7m、昭和54.12.13指定

交通案内[編集]

鉄道
道路

隣の札所[編集]

四国八十八箇所
66 雲辺寺 -- (9.4km) -- 67 大興寺 -- (8.7km) -- 68 神恵院

参考文献[編集]

  • 四国八十八箇所霊場会 編 『先達教典』 2006年
  • 宮崎建樹 著 『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろ道保存協力会 2007年(第8版)

外部リンク[編集]