大日寺 (徳島市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大日寺
Ogurizan Dainichiji 02.JPG
本堂
所在地 徳島県徳島市一宮町西丁263
位置 北緯34度2分17.22秒東経134度27分45.66秒座標: 北緯34度2分17.22秒 東経134度27分45.66秒
山号 大栗山
宗派 真言宗大覚寺派
本尊 十一面観音
創建年 (伝)弘仁6年(815年
開基 (伝)空海(弘法大師)
正式名 大栗山 花蔵院 大日寺
別称 一の宮寺
札所等 四国八十八箇所13番、四国三十三観音5番
テンプレートを表示

大日寺(だいにちじ)は、徳島県徳島市一宮町に位置する寺院四国八十八箇所霊場第十三番、四国三十三観音霊場第五番札所。大栗山(おおぐりざん)、花蔵院(けぞういん)と号す。宗派真言宗大覚寺派本尊十一面観音

本尊真言:おん まか きゃろにきゃ そわか

ご詠歌:阿波の国 一の宮とや ゆうだすき かけてたのめや この世後の世

歴史[編集]

寺伝によれば、弘仁6年(815年)に空海がこの付近にある「大師が森」で護摩修行をしていると大日如来が現れてこの地が霊地であるから一寺を建立せよと告げた。そこでその大日如来の姿を刻み、堂宇を建立して本尊として安置したという。

天正年間(1573年 - 1592年)に長宗我部元親の兵火によってすべて焼失したが、徳島藩3代藩主蜂須賀光隆によって再建された。その後阿波一宮神社別当寺となり、江戸時代には一宮神社が札所とされていたようである。明治の神仏分離によって阿波一宮の本地仏であった行基作といわれる十一面観音を移して本尊とし、大日如来は脇仏とされた。

現住職の金昴先は八十八箇所霊場で唯一の外国籍住職(韓国籍)[1]

境内[編集]

山門
大師堂
鐘楼
  • 山門(四脚門):以前は石柱門だけであったが近年山門が新築された。
  • 本堂
  • 大師堂
  • 鐘楼
  • 地蔵堂
  • しあわせ観音:合掌している手を模した中に小形の観音像が入っている。

県道に面した山門を入ると向かいにしあわせ観音が見える。しあわせ観音を背にして右手に手水場があり、左に大師堂が建つ。右奥に入っていくと大師堂と向き合う形で本堂があり、その左手に地蔵堂がある。納経所はしあわせ観音の後にある。

  • 宿坊:定員150名
  • 駐車場:15台

交通案内[編集]

鉄道
バス
  • 徳島バス 神山線 「一宮札所前」下車 (0.1km)
道路

奥の院[編集]

奥の院・大滝山 建治寺
新奥の院・如意山 國中寺

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
12 焼山寺 -- (20.8km) -- 13 大日寺 -- (2.3km) -- 14 常楽寺

参考文献[編集]

  • 四国八十八箇所霊場会 編 『先達教典』 2006年
  • 宮崎建樹 著 『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会 2007年(第8版)

脚注[編集]

  1. ^ 徳島県大日寺の韓国人女性住職・韓日結ぶ金昴先(キム・ミョソン)さん 東洋経済日報 2009年8月28日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]