清瀧寺 (土佐市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
清瀧寺
Iozan Kiyotakiji 03.JPG
境内
所在地 高知県土佐市高岡町丁568-1
位置 北緯33度30分45秒東経133度24分34.2秒座標: 北緯33度30分45秒 東経133度24分34.2秒
山号 醫王山
宗派 真言宗豊山派
本尊 薬師如来
創建年 (伝)養老7年(723年
開基 (伝)行基
正式名 醫王山 鏡池院 清瀧寺
札所等 四国八十八箇所35番
文化財 薬師如来立像(国の重要文化財)
楼門天井画(市文化財)
テンプレートを表示

清瀧寺(きよたきじ)は、高知県土佐市にある真言宗豊山派寺院。醫王山(いおうざん)、鏡池院(きょうちいん)と号す。本尊は薬師如来。四国八十八箇所霊場の第三十五番札所である。

本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

ご詠歌:澄む水を 汲むは心の清滝寺 波の花散る 岩の羽衣


沿革[編集]

寺伝によれば養老7年(723年行基が本尊薬師如来を刻み、寺を開創し、景山密院繹木寺と称したという。その後空海(弘法大師)が巡錫、五穀豊穣を祈願して山中で一七日(7日間)の修法を行い、満願の日に金剛杖で前の壇を突くと清水が湧き出て鏡のような池になったことから醫王山鏡池院清瀧寺と改めたという。

平城天皇の第3皇子である高岳親王薬子の変に連座したことから仏門に入り空海の弟子となり、貞観3年(861年)に本寺に来錫し逆修塔(生前墓)を建てた。


境内[編集]

  • 山門仁王門):明治33年(1900年)の久保南窓の筆による八方にらみの龍が描かれている。
  • 本堂
  • 大師堂
  • 仏像収蔵庫:本堂裏の斜面にあり、本尊・薬師如来立像および日光菩薩立像と月光菩薩立像と十二神将の全15躰が収められている。平成26年11月12~16日に一般公開された。
  • 護摩堂:本堂と大師堂は元は別々の建物であったが、その間に、先代住職(平成8年遷化)が護摩堂を設置し継ながった状態になった。当初は現在本堂前立仏の前に祀られている大日如来坐像を祭壇中央に祀っていたが、現在は修行大師立像が祀られ毎月旧暦20日の夜に護摩焚きが行われる。
  • 地蔵堂:大師堂左にあり、地蔵石像を祀る。
  • 観音堂:そのさらに左にあり。観音立像(小型木造、舟形光背)を祀る位牌堂になっている。
  • 瀧:本堂の右斜面に流れる、奥之院の閼伽井を水源として流れていると云われているが定かでない。
  • 厄除け薬師如来像:像高15m、台座の中に入り戒壇巡りをすると厄除けのご利益があるという。
  • 子安地蔵祠:石像を祀る
  • 水子地蔵:瀧の所にあり。
  • 接待所:中に大師像が祀られている。
  • 鐘楼堂:本坊エリアにある。
  • 琴平神社:本殿祠は高知県保護有形文化財、当寺の管理ではない。
  • 高岳親王逆修塔(たかおかしんのうぎゃくしゅうとう):入らずの山と云われ、入山禁止である。

山門の先にも石段が続き境内に至る。参道の右に赤い消防車、さらに庭園があって中に鐘楼が、その奥に客殿・納経所がある。正面先の右手に手水場、左には大きな厄よけ薬師如来像が立ち。さらに石段を上ると本堂が建っている。本堂右手には子安地蔵尊、琴平社祠、裏手には瀧と池があって水子地蔵尊が祀られている。本堂左の回廊続きに大師堂があり、その左に地蔵堂、観音堂が、大師堂の石段を下ると両脇に観音像、修行大師像があり、この南西に高岳親王逆修塔のある入らずの山がある。

  • 宿坊:なし
  • 駐車場:境内に数台。道路修繕志納金:普通車で200円。

文化財[編集]

重要文化財
  • 木造薬師如来立像:平安時代後期の作、檜の一木造、彩色、153.4cm、明治44.8.9指定
県保護有形文化財
  • 線刻虚空蔵菩薩銅造鏡像:懸仏、径22.9cm、平安末期作、以下4品は昭32.1.18指定
  • 阿弥陀坐像の懸仏: 径15.9cm、藤末鎌初の作
  • 阿弥陀坐像の懸仏: 径30.3cm、僧観円の刻銘、鎌倉前期作
  • 薬師如来坐像の懸仏: 径18.5cm、室町時代作
県指定史跡
  • 高岳親王塔
土佐市有形文化財
  • 楼門天井画:久保南窓によって描かれた龍の絵、

交通案内[編集]

鉄道
バス
道路

奥の院[編集]

閼伽井の泉
閼伽井の泉

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
34 種間寺 -- (6.3km) -- 35 清瀧寺 -- (9.8km) -- 36 青龍寺

参考文献[編集]

  • 四国八十八箇所霊場会編『先達教典』 2006年
  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会 2007年(第8版)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]