高岳親王塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高岳親王塔(たかおかしんのうとう)は、高知県土佐市清瀧寺の不入(いらず)山にある、五輪の塔。

沿革[編集]

高岳親王が入唐のため南海道を向かったとき、土佐国に立ち寄ったと伝えられ、その遺徳を慕って人々が建てたという。

時代[編集]

南北朝時代の頃

形状[編集]

石製の五輪塔

場所[編集]

高知県土佐市清瀧寺境内

備考[編集]

  • 1953年(昭和28年)に高知県指定の史跡になっている。
  • 現在不入山のため、非公開である。
  • 考古学的調査は未だ手付かずである。
  • 地元では「いらず」といって敬畏の念を持ち、子供らも入ってはいけないと教えられている。

関連項目[編集]