讃岐国分寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国分寺
Sanuki-kokubunji kondou-ato and hondou.JPG
旧金堂跡(手前)と現本堂(重要文化財、奥)
所在地 香川県高松市国分寺町国分字上所2065番地
位置 北緯34度18分11.3秒
東経133度56分39秒
座標: 北緯34度18分11.3秒 東経133度56分39秒
山号 白牛山
宗派 真言宗御室派
本尊 千手観音
創建年 天平勝宝8年(756年)以前
開基 (伝)行基
正式名 白牛山 千手院 国分寺
札所等 四国八十八箇所80番
文化財 本堂、銅鐘、木造千手観音立像(国の重要文化財)
讃岐国分寺跡(国の特別史跡
テンプレートを表示

讃岐国分寺(さぬきこくぶんじ)は、香川県高松市国分寺町国分にある真言宗御室派寺院四国八十八箇所霊場の第八十番札所。札所寺院としては単に「国分寺」と称するのが通例である。

奈良時代聖武天皇の詔により日本各地に建立された国分寺のうち、讃岐国国分寺の後継寺院にあたる。本項では現寺院とともに、創建当時の史跡である讃岐国分寺跡(国の特別史跡)についても解説する。

本尊真言:おん ばさら たらま きりく

ご詠歌:国を分け 野山をしのぎ 寺々に 詣れる人を 助けましませ

概要[編集]

高松市西部、国分台丘陵の南に立つ。讃岐国府跡推定地の東方2kmに位置し、一帯は讃岐国の中心地であり多くの遺跡が発掘されている。

現在の境内は、創建当時の国分寺の伽藍と重複している。伽藍跡は全国に残る国分寺跡の中でも保存状態が良く、国の特別史跡に指定されている。なお国分寺跡で特別史跡であるのは、当寺の他に遠江国分寺跡常陸国分寺跡のみである。そのほか、本堂・本尊・銅鐘が国の重要文化財に指定されている。

歴史[編集]

国分寺は天平13年(741年聖武天皇が発した国分寺建立の詔により日本各地に建立されたとされ、当寺もその頃の創建と推測される。寺伝では、行基千手観世音菩薩本尊として開基したとされる(ただし現存する本尊像は当時のものではない)。史実としての具体的な創建年は定かでない。

続日本紀』には天平勝宝8年(756年)に「讃岐国を含む26か国の国分寺に仏具等を下賜」[1]との記載があり、この頃には整っていたと考えられる[2]

明徳2年(1391年)、の文献には当寺が西大寺の末寺である旨が記されており[3]、その他の文献から鎌倉末期までには西大寺末となっていたと推測されており現存本堂の建造も西大寺系の僧が関わっていたものと考えられる[2]

江戸時代には讃岐高松藩主から崇敬され、63石前後の寺領寄進を受けた[2]

境内[編集]

  • 山門(仁王門):創建時の中門を踏襲すると見られている[4]
  • 本堂:5間四方の入母屋造で、重要文化財に指定されている。奈良時代の講堂跡に立ち、その礎石を再利用している。
  • 大師堂(弘法大師礼拝殿万霊塔):大師像が拝顔できる。
  • 鐘楼:銅鐘(重要文化財)は、平安時代前期の鋳造。
  • 毘沙門堂
  • 千体地蔵堂
  • 閻魔堂

仁王門をくぐり八十八ケ所の石像が両脇にならぶ参道を進むと左に閻魔堂があり右に四国最古の釣鐘があり、さらに行くと礎石のならぶ間を行き小さな橋を渡ると正面に本堂が立つ。本堂の右手を進むと白い多宝塔があり、それが大師堂である。その右の門から遍路用品のならぶ店内に入るとそこが大師堂拝殿であり、納経所でもある。

  • 宿坊:なし
  • 駐車場:大型2台、普通車7台、山門前に無料であり

讃岐国分寺跡[編集]

石造復元模型
手前に金堂、奥に七重塔。

発掘調査で明らかとなった奈良時代の寺域は南北240メートル、東西220メートルで、現在の国分寺や東隣にある宝林寺を含んでいる[4]。伽藍は大官大寺式伽藍配置で、中門・金堂・講堂が南北一直線上に並び、中門と金堂を回廊で結んだ内側の区画の東側に塔が建てられていた[4]

遺構の保存状況はよく、金堂、七重塔などの礎石が原位置に残っている。現国分寺の本堂は奈良時代の講堂跡に建ち、現本堂はこの礎石を再利用している。他に、回廊・僧房・鐘楼・掘立柱建物・築地塀の遺構が発掘で確認されているほか、中門・南大門があったと推定される。

旧伽藍跡は遺跡公園として整備され、奈良時代の伽藍が縮尺10分の1の石造模型で再現されているほか、築地塀の一部が実物大で復元されている。また、僧房跡は残存状況が良好であったため遺構を覆屋で覆い、建物の一部が復元されている。

  • 金堂礎石 - 正面7間・側面4間。
  • 講堂跡 - 現本堂の位置で、礎石は本堂に使用されている。正面7間・側面4間と推測される[4]
  • 塔 - 3間(約10メートル)四方の七重塔と推測される[4]
  • 僧房 - 一部は覆屋内で発掘状況を展示する。
  • 鐘楼 - 東西2間・南北3間。
  • 掘立柱建物跡 - 南北7間・東西4間。建物の用途はわかっていない。

文化財[編集]

重要文化財
銅鐘(重要文化財)
  • 本堂 - 鎌倉時代後期の建立。明治37年8月29日指定[5]
  • 木造千手観音立像 - 彩色、彫眼、十一面四十二臂、像高524cm。平安時代末期作。本堂内陣の須弥壇上の厨子内に安置。明治37年8月29日指定[6]
  • 銅鐘 - 昭和19年9月5日指定[7]
国の特別史跡
  •  讃岐国分寺跡 - 昭和3年3月24日指定(国の史跡)、昭和27年3月29日指定変更(国の特別史跡)[8]
讃岐国分尼寺の金堂跡礎石
(参照)国の史跡
  •  讃岐国分尼寺跡 - 国分寺より約2km北東にある国分尼寺の後継寺院と云える法華寺の境内に礎石が残っている。昭和3年2月7日指定

現地情報[編集]

所在地

関連施設

  • 讃岐国分寺跡資料館
    • 入館料:大人100円、中学生以下無料
    • 開館時間:午前9時-午後4時30分
    • 休館日:月曜日(月曜日が祝祭日のときは翌日)、年末年始

交通アクセス

周辺

  • 法華寺位置) - 讃岐国分尼寺跡。
  • 府中・山内瓦窯(やまのうちがよう)跡(位置) - 国の史跡。国分寺・国分尼寺の瓦の窯跡とされる[9]
  • 讃岐国府跡(位置

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
79 天皇寺 -- (6.9km) -- 80 国分寺 -- (6.5km) -- 81 白峯寺

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『続日本紀』天平勝宝8年12月20日条。
  2. ^ a b c 『香川県の地名』国分寺項。
  3. ^ 明徳2年9月28日の『西大寺諸国末寺帳』(『香川県の地名』国分寺項より)。
  4. ^ a b c d e 『特別史跡 讃岐国分寺跡 史跡ガイドブック』(公式ガイドブック)。
  5. ^ 国分寺本堂(高松市ホームページ)。
  6. ^ 木造千手観音立像(高松市ホームページ)。
  7. ^ 銅鐘(高松市ホームページ)。
  8. ^ 讃岐国分寺跡(高松市ホームページ)。
  9. ^ 府中山内瓦窯跡(高松市ホームページ)。

参考文献[編集]

  • 『特別史跡 讃岐国分寺跡 史跡ガイドブック』(公式ガイドブック)、讃岐国分寺跡資料館公式パンフレット、史跡内説明板
  • 『日本歴史地名体系 香川県の地名』(平凡社)綾歌郡国分寺町 国分寺項
  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編、へんろみち保存協力会、2007年(第8版)

外部リンク[編集]