藤井寺 (吉野川市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤井寺
Fujiizenji 03.JPG
本堂(正面)と大師堂(右)
所在地 徳島県吉野川市鴨島町飯尾1525
位置 北緯34度3分6秒東経134度20分54.6秒座標: 北緯34度3分6秒 東経134度20分54.6秒
山号 金剛山
宗派 臨済宗妙心寺派
本尊 薬師如来
創建年 (伝)弘仁6年(815年
開基 (伝)空海(弘法大師)
中興年 延宝2年(1674年
中興 南山国師
正式名 金剛山 藤井寺
札所等 四国八十八箇所11番
文化財 木造釈迦如来坐像(重要文化財)
テンプレートを表示
境内の藤棚

藤井寺(ふじいでら)は徳島県吉野川市鴨島町飯尾にある臨済宗妙心寺派の寺院。四国八十八箇所霊場の第十一番札所。金剛山(こんごうざん)と号する。本尊は薬師如来。なお、四国八十八箇所霊場のうち、寺号の「寺」を「じ」でなく「てら」と読むのは本寺だけである。

本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

ご詠歌:色も香も 無比中道の 藤井寺 真如の波の たたぬ日もなし

歴史[編集]

草創伝承[編集]

弘仁6年(815年)に空海(弘法大師)がこの地で自らと衆生の厄を祓い、薬師如来像を刻んで堂宇を建立、山へ2町入ったところの八畳岩に金剛不壊といわれる護摩壇を築き一七日(7日間)の修法を行ったのが開創であると伝えられる。このとき空海が堂宇の前にを植えたことから藤井寺と号したという。

中世以降[編集]

真言密教の道場として七堂伽藍を持つ寺に発展したが、天正年間(1573年 - 1592年)に長宗我部元親の兵火によって焼失した。延宝2年(1674年)に臨済宗の南山国師が再興したことから臨済宗に改められたが、天保3年(1832年)に火災によって本尊以外は全焼、その後万延元年(1860年)に再建されたのが現在の伽藍である。

境内[編集]

  • 山門仁王門
  • 本堂
  • 大師堂
  • 鐘楼
  • 不動堂
  • 白龍弁財天堂:八本の手を持つ白龍弁財天が祀られている。
  • 水掛地蔵
  • 藤棚(弘法大師お手植えの藤)
  • 山門を入ると右側に弘法大師お手植えと伝えられている藤の藤棚があり、その後に鐘楼がある。参道は先で右に折れ左側に手水場、水掛け地蔵、不動堂、白龍弁財天堂が並び、最奥に本堂が建つ。本堂手前右側に大師堂がある。納経所は手水場の向かいにある。
  • 宿坊:なし。
  • 駐車場:なし(門前に民間有料駐車場(1回あたり普通車200円)がある)

文化財[編集]

重要文化財
  • 木造薬師如来坐像(本尊) - 像高86.7cm。秘仏であり通常は公開されていない。像内の銘文から、久安4年(1148年)、仏師経尋の作と判明し、元来釈迦如来像として造立されたことがわかる。重要文化財指定の正式名称も「木造釈迦如来坐像」である。平安時代末期の、制作年・作者が明らかな基準作として貴重である。

交通案内[編集]

鉄道
バス
道路

奥の院[編集]

大日如来祠
大日如来祠
焼山寺への遍路道に入ると八十八箇所本尊を祭った祠が、空海(弘法大師)が修行したといわれる八畳岩まで続く。この先に祠があって大日如来を祀りここを奥の院としている。

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
10 切幡寺 -- (9.3km) -- 11 藤井寺 -- (12.9km) -- 12 焼山寺

参考文献[編集]

  • 四国八十八霊場会 編 『先達教典』 2006年
  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編、へんろみち保存協力会、2007年(第8版)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]