三河国分寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国分寺
Kokubunji temple in Toyokawa (2012.08.26) 2.jpg
本堂
所在地 愛知県豊川市八幡町本郷31
位置 北緯34度50分18秒 東経137度20分31秒 / 北緯34.83833度 東経137.34194度 / 34.83833; 137.34194
山号 国府山
宗派 曹洞宗
本尊 薬師如来
創建年 741年
開基 聖武天皇(勅願)
文化財 梵鐘(重要文化財)
テンプレートを表示
梵鐘

三河国分寺(みかわこくぶんじ)は、愛知県豊川市にある仏教寺院である。宗旨は曹洞宗、山号は国府山。本尊薬師如来

現在の国分寺は旧三河国分寺の金堂跡に位置する。三河国分寺跡は国の史跡に指定されている。

沿革[編集]

741年天平13年)に聖武天皇により発せられた国分寺建立のに基づき建立された三河国の国分寺である。平安時代末期には衰退し、1506年永正3年)、近くの西明寺の援助により再興。この際、西明寺と同じ曹洞宗に改宗した。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)
  • 梵鐘 - 無銘。三河国分寺創建当時の梵鐘と伝承するが、実際の製作は平安時代と推定される。

所在地[編集]

  • 愛知県豊川市八幡町本郷37

交通アクセス[編集]

その他[編集]

  • 近くにある八幡宮は、奈良時代宇佐八幡宮より分祀したもので、三河国分寺内に祀られていたという。

関連項目[編集]