備前国分寺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
備前国分寺跡

備前国分寺跡(びぜんこくぶんじあと)は岡山県赤磐市馬屋にある国分寺の遺跡である。国の史跡

概要[編集]

赤磐市南西部、岡山市との境に近い場所に位置する。

天平13年(741年聖武天皇による国分寺・国分尼寺建立の詔勅により、8世紀後半に建造された。西大寺の寺伝によれば平安時代後期の11世紀に大規模な火災にあったと伝えられている。その後、規模を縮小し戦国時代に焼失するまで存在していたようである。

昭和49年(1974年)に発掘調査が行われた。この結果、南北200メートル・東西180メートルの敷地に、南門・中門・金堂・講堂・僧坊が一直線に配され、南門と講堂を結んだ回廊の中に金堂と塔があり、塔は金堂の南東に配された典型的な東大寺(国分寺)式伽藍配置となっていることが確認された。ただし、中門が南門に非常に接近していることが、他の国分寺に見られない特徴である。寺院の礎石は加工の痕跡があまり見られず、礎石に適した石をそのまま利用していたようである。調査翌年の昭和50年(1975年)に国の史跡に指定された。

石塔[編集]

石塔

塔跡に塔心礎が一つ残っており、その上に総高約3メートルの石塔が建っている。これは鎌倉時代に建造されたと推定されており、平成2年(1990年)に赤磐市指定文化財(指定当時は山陽町)となった。

参考文献[編集]

  • 岡山県高等学校教育研究会社会科部会歴史分科会/編 『新版 岡山県の歴史散歩』 山川出版社 1991年 52-53ページ
  • 湊哲夫・亀田修一/編 近藤義郎/編集協力 『吉備の古代寺院 -吉備考古ライブラリィ13-』 吉備人出版/刊 2002年
  • 現地説明板

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度44分19.0秒 東経133度59分59.3秒 / 北緯34.738611度 東経133.999806度 / 34.738611; 133.999806