神恵院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神恵院
Jinnein 02.JPG
本堂
所在地 香川県観音寺市八幡町一丁目2番7号
位置 北緯34度8分2.35秒東経133度38分50.4秒座標: 北緯34度8分2.35秒 東経133度38分50.4秒
山号 琴弾山
宗派 真言宗大覚寺派
本尊 阿弥陀如来
創建年 大宝3年(703年
開基 日証上人
正式名 琴弾山 神恵院
札所等 四国八十八箇所68番
テンプレートを表示

神恵院(じんねいん)は、香川県観音寺市にある真言宗大覚寺派寺院四国八十八箇所霊場の第六十八番札所

本尊真言:おん あみりた ていぜい からうん

ご詠歌:笛の音も 松吹く風も 琴弾きも 歌うも舞うも 法のこえごえ

歴史[編集]

法相宗日証琴弾山で修行をしていたところ、琴を弾く老人が乗る舟を海上に見た。この老人は八幡大明神であることを知った上人は、その琴と舟を祀り琴弾八幡宮と名付けた。行基養老6年(722年)に訪れた後、大同2年に空海(弘法大師)が阿弥陀如来を描き本尊として安置し、琴弾山神恵院(じんねいん)として第68番札所に定めた。

以来明治初期までは神宮寺として琴弾八幡宮が第68番札所であった。しかし明治政府による神仏分離令により琴弾八幡宮は琴弾神社と神恵院とに分離されることになり、神恵院は麓にある観音寺境内に移され、阿弥陀如来図も移転に伴い観音寺境内の西金堂に移された。近年、神恵院本堂が鉄筋コンクリートで新築され、その西金堂は薬師堂に戻され、西金堂の横にあった神恵院大師堂は台風で失われたので、十王堂の右半分が大師堂になっている。

伽藍[編集]

  • 山門仁王門):観音寺と共通。
  • 本堂
  • 大師堂:大師像を拝顔できる。
  • 回遊式日本庭園「巍巍園」:第45世太政大僧正道尊の作庭

仁王門をくぐり参道を進むと石段があり上り切ると右に鐘楼があるが、左に折れまた右を見るとお堂の向こうにコンクリート打ちっぱなしの建造物があり、その中の石段を登ると本堂がある。大師堂は戻って降りた右手にあり、納経所は本堂と反対側の門をくぐり右に進むとある。庭園は観音寺の方であるが、神恵院の本堂に上がった左側から眺めることができるのでここで紹介する。

  • 宿坊:なし
  • 駐車場:山門前に無料であり。

交通アクセス[編集]

鉄道
道路

奥の院[編集]

琴弾八幡宮(かつての第68番札所)

隣の札所[編集]

四国八十八箇所
67 大興寺 -- (8.7km) -- 68 神恵院 -- (0.1km) -- 69 観音寺

参考文献[編集]

  • 宮崎建樹 著 『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会 2007年(第8版)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]