八坂寺 (松山市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
八坂寺
Yasakaji 02.JPG
本堂
所在地 愛媛県松山市浄瑠璃町八坂773
位置 北緯33度45分28.6秒東経132度48分46.3秒座標: 北緯33度45分28.6秒 東経132度48分46.3秒
山号 熊野山
宗派 真言宗醍醐派
本尊 阿弥陀如来
創建年 (伝)大宝元年(701年
開基 (伝)役行者文武天皇勅願
正式名 熊野山 妙見院 八坂寺
札所等 四国八十八箇所47番
文化財 阿弥陀如来像(県文化財)
宝篋印塔(市文化財)
テンプレートを表示
山門
大師堂
いやさか不動

八坂寺(やさかじ)は、愛媛県松山市にある真言宗醍醐派寺院。熊野山(くまのざん)、妙見院(みょうけんいん)と号する。本尊は阿弥陀如来四国八十八箇所霊場の第四十七番札所であり、伊予十三仏霊場第十番札所である。

本尊真言:おん あみりた ていぜい からうん

ご詠歌:花を見て 歌読む人は 八坂寺 三仏じょうの 縁とこそ聞け

沿革[編集]

寺伝によれば役行者によって開基され、大宝元年(701年)に、伊予の国司越智玉興が、文武天皇の勅願を受けて堂宇を建立したという。一時荒廃するが、弘仁6年(815年)に来錫した空海(弘法大師)が再興したとされる。

熊野権現を勧進して十二社権現とともに祀り、修験道の根本道場として栄え、12坊、84の末寺を持ち多くの僧兵を抱える大寺となった。天正年間(1573年 - 1592年)には兵火によって焼失してからは寺域も縮小し、現在の境内となっている。

境内[編集]

  • 山門:屋根付き橋のようになった単層小型の門で、天井には絵が描かれている。
  • 本堂:2034年が次回本尊開帳の年であるが、2014年に特別開帳された。
  • 大師堂:大師像を拝顔できる。
  • 鐘楼
  • 権現堂
  • 閻魔堂:極楽の途、地獄の途に分れそれぞれの様子が描かれている。
  • 宝篋印塔:鎌倉時代のもので寺宝とされている。
  • 不動明王像
  • 熊野十二社権現堂

わずかな石段を上がって山門をくぐると右に手水場と庫裏・納経所が、左に宝篋印塔が、その先に鐘楼がある。正面奥に本堂が建つ。本堂右手には権現堂、十二社権現堂があり、左に大師堂がある。本堂と大師堂の間に閻魔堂がある。

  • 宿坊:なし
  • 駐車場:50台。無料。

文化財[編集]

愛媛県指定有形文化財
  • 阿弥陀如来坐像:本尊で50年に1度の秘仏。像高84cm、重さ18kgの寄木造、鎌倉時代後期作。昭和10年(1935年)に金泥塗替の修理が行われている。昭和40年.4.2指定[1]
松山市指定有形文化財
  • 宝篋印塔:高さ約2m、笠の四隅の馬耳型突起(ばじけいとっき)が直立しており、鎌倉時代の特色を示している。昭和43年.10.25指定
  • 層塔:6重の石造の供養塔、総高2.7m、安山岩製で鎌倉時代末期、昭和43年10.25指定

交通案内[編集]

鉄道
バス
道路

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
46 浄瑠璃寺 --(0.9km)-- 47 八坂寺 --(4.4km)-- 48 西林寺

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 松山市ホームページ→観光イベント→松山市観光ガイド→松山の歴史・文化→指定文化財

参考文献[編集]

  • 四国八十八箇所霊場会編 『先達教典』 2006年
  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会 2007年(第8版)

外部リンク[編集]