役小角

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
役小角
舒明天皇6年(634年)伝 - 大宝元年(701年)6月7日伝
役行者像(五流尊瀧院)
役行者像(五流尊瀧院
幼名 小角、金杵麿
諡号 神変大菩薩
尊称 役行者、役優婆塞
生地 大和国葛城上郡茅原村
(現奈良県御所市
宗派 修験道
弟子 韓国広足

役 小角(えん の おづの /おづぬ /おつの、舒明天皇6年(634年)伝 - 大宝元年6月7日701年7月16日)伝)は、飛鳥時代から奈良時代の呪術者である。は君。 修験道開祖とされている。 実在の人物だが、伝えられる人物像は後世の伝説によるところが大きい。天河大弁財天社大峯山龍泉寺など多くの修験道の霊場に、役行者を開祖としていたり、修行の地としたという伝承がある。

出自[編集]

役氏(役君)は三輪氏族に属する地祇系氏族で、加茂氏(賀茂氏)から出た氏族であることから、加茂役君(賀茂役君)とも呼ばれる[1]。役民[注 1]を管掌した一族であったために、「役」の字をもって氏としたという[2]。また、この氏族は大和国河内国に多く分布していたとされる[1]

生涯[編集]

舒明天皇6年(634年)に大和国葛城上郡茅原(現在の奈良県御所市茅原)に生まれる。父は、出雲から入り婿した大角、母は白専女[3]。 生誕の地とされる場所には、吉祥草寺が建立されている。

17歳の時に元興寺孔雀明王の呪法を学んだ。その後、葛城山(葛木山。現在の金剛山大和葛城山)で山岳修行を行い、熊野大峰(大峯)の山々で修行を重ね、吉野金峯山金剛蔵王大権現を感得し、修験道の基礎を築いた。兵庫県西宮市甲山、六甲山系目神山で弁財天を感得したことと関連して、役行者は奈良の天河の洞川(どろかわ)に住む近縁者、四鬼氏に命じて、唐櫃に移住させ、吉祥院多聞寺奥の院とされる心経岩、六甲比命神社、雲が岩一帯を守護させた。(以後、四鬼氏は六甲修験の総元締めとして、六甲山西部を管理していた。) 20代の頃、藤原鎌足の病気を治癒したという伝説があるなど、呪術に優れ、神仏調和を唱えた。また、高弟にのちに国家の医療呪禁を司る典薬寮の長官である典薬頭に任ぜられた韓国広足(からくに の ひろたり)がいる。

文武天皇3年(699年5月24日[注 2]に、人々を言葉で惑わしていると讒言され、役小角は伊豆島流罪となる。人々は、小角が鬼神を使役して水を汲み薪を採らせていると噂した。命令に従わないときには呪で鬼神を縛ったという[4]

2年後の大宝元年(701年)1月に大赦があり、茅原に帰るが、同年6月7日箕面の天上ヶ岳にて入寂したと伝わる。享年68。

中世、特に室町時代に入ると、金峰山、熊野山などの諸山では、役行者の伝承を含んだ縁起や教義書が成立した。金峰山、熊野山の縁起を合わせて作られた『両峰問答秘鈔』、『修験指南鈔』などがあり、『続日本紀』の記述とは桁違いに詳細な『役行者本記』という小角の伝記まで現れた。こうした書物の刊行と併せて種々の絵巻や役行者を象った彫像や画像も制作されるようになり、今日に伝わっている。[5]

寛政11年(1799年)には、聖護院宮盈仁親王が光格天皇へ役行者御遠忌(没後)1100年を迎えることを上表した。同年、正月25日に光格天皇は、烏丸大納言勅使として聖護院に遣わして神変大菩薩(じんべんだいぼさつ)を贈った。

勅書は全文、光格天皇の御真筆による。聖護院に寺宝として残されている。

伝説[編集]

葛飾北斎北斎漫画』より、前鬼・後鬼を従えた役小角

役行者は、鬼神を使役できるほどの法力を持っていたという。左右に前鬼と後鬼を従えた図像が有名である。ある時、葛木山と金峯山の間に石橋を架けようと思い立ち、諸国の神々を動員してこれを実現しようとした。しかし、葛木山にいる神一言主は、自らの醜悪な姿を気にして夜間しか働かなかった。そこで役行者は一言主を神であるにも関わらず、折檻して責め立てた。すると、それに耐えかねた一言主は、天皇に役行者が謀叛を企んでいると讒訴したため、役行者は彼の母親を人質にした朝廷によって捕縛され、伊豆大島へと流刑になった。こうして、架橋は沙汰やみになったという。

役行者は、流刑先の伊豆大島[注 3]から、毎晩海上を歩いて富士山へと登っていったとも言われている。富士山麓の御殿場市にある青龍寺は役行者の建立といわれている。

また、ある時、日本から中国へ留学した道昭が、行く途中の新羅の山中で五百の虎を相手に法華経の講義を行っていると、聴衆の中に役行者がいて、道昭に質問したと言う。

続日本紀[編集]

小角の生涯は伝承によるところが大きいが、史料としては『続日本紀』巻第一文武天皇三年五月丁丑条の記述がある。日本の公式な歴史書にある唯一のものであるが、執筆の時期は役小角が亡くなってから約100年も後の頃と考えられる。

丁丑。役君小角流于伊豆島。初小角住於葛木山。以咒術稱。外從五位下韓國連廣足師焉。後害其能。讒以妖惑。故配遠處。世相傳云。小角能役使鬼神。汲水採薪。若不用命。即以咒縛之。[6]

(大意)文武天皇3年5月24日、役君小角を伊豆大島に配流した。そもそも、小角は葛城山に住み、呪術で称賛されていた。のちに従五位下の韓国連広足が師と仰いでいたほどであった。ところがその後、ある人が彼の能力を妬み[注 4]、妖惑のかどで讒言した。それゆえ、彼を遠方に配流したのである。世間は相伝えて、「小角は鬼神を使役することができ、水を汲ませたり、薪を採らせたりした。もし鬼神が彼の命令に従わなければ、彼らを呪縛した」という。

文武天皇3年5月24日は、西暦699年6月26日7月1日説もあり[7])。

解釈として、句末を示す助字の焉を抜かして文を繋げ、「外従五位下の韓国広足は小角を師としていたが、その後に師の能力を妬んで讒言した」とする説もある[8]。広足が正六位上から外従五位下に昇進したのは、役小角が没したとされる時期から約30年後の天平3年(731年)である[9]。さらには、広足の氏が韓国であることからか、朝鮮半島からの渡来人系呪術師が、日本古来の呪術師を妬んで起きた事件と解釈する説もある[8]が、韓国氏は物部氏の分流であり、渡来人ではない[注 5]

この記録の内容の前半の部分は事実の記録であるが、後段の「世相伝テ云ク…」の話は、すでになかば伝説のような内容になっている。役小角に関する信頼される記録は正史に書かれたわずかこれだけのものであるが、後に書かれる役行者の伝説や説話はほとんどすべてこれを基本にしている[10]

日本霊異記[編集]

役小角にまつわる話は、やや下って成立した『日本現報善悪霊異記』に採録された。後世に広まった役小角像の原型である。荒唐無稽な話が多い仏教説話集であるから、史実として受け止められるものではないが、著者の完全な創作ではなく、当時流布していた話を元にしていると考えられる。

『日本霊異記』が書かれたのは弘仁年間(810年 - 824年)であるが、説話自体は神護景雲2年(768年)以降につくられたものであろうとされている[11]

『日本霊異記』で役小角は、仏法を厚くうやまった優婆塞(僧ではない在家の信者)として現れる。上巻の28にある「孔雀王の呪法を修持し不思議な威力を得て現に仙人となりて天に飛ぶ縁」の話である。

役の優婆塞は大和国葛木上郡茅原村の人で、賀茂役公の民の出である。若くして雲に乗って仙人と遊び、孔雀王呪経の呪法を修め、鬼神を自在に操った。鬼神に命じて大和国の金峯山と葛木山の間に橋をかけようとしたところ、葛木山の神である一言主が人に乗り移って文武天皇に役の優婆塞の謀反を讒言した。優婆塞は天皇の使いには捕らえられなかったが、母を人質にとられるとおとなしく捕らえられた。伊豆大島に流されたが、昼だけ伊豆におり、夜には富士山に行って修行した。大宝元年(701年)正月に赦されて帰り、仙人になって天に飛び去った。道昭法師新羅の国で五百の虎の請いを受けて法華経の講義をした時に、虎集の中に一人の人がいて日本語で質問してきた。法師は「誰ですか」と問うと「役の優婆塞」であると答えた。法師は高座から降りて探したがすでに居なかった。一言主は、役の優婆塞の呪法で縛られて今(『日本霊異記』執筆の時点)になっても解けないでいる。

『続日本紀』との大きな違いは役小角を告訴したのが一言主の神となっていることで、この一言主神が後々のいろいろな説話や物語などに登場してくる。また、道昭が新羅の国で役小角に会う話が初めて出てくる。この『日本霊異記』にある説話は『続日本紀』の記録とともに、その後の役行者の伝記や説話の根幹になっている[12]

信仰[編集]

役行者信仰の一つとして、役行者ゆかりの大阪府奈良県滋賀県京都府和歌山県三重県に所在する36寺社を巡礼する役行者霊蹟札所がある。また、神変大菩薩は役行者の尊称として使われ、寺院に祀られている役行者の像の名称として使われていたり、南無神変大菩薩と記した奉納のぼりなどが見られることがある。

役行者像(金峯山寺

肖像[編集]

修験道系の寺院で役行者の姿(肖像)を描いた御札を頒布していることがあるが、その姿は老人で、岩座に座り、(すね)を露出させて、頭に頭巾を被り、一本歯の高下駄を履いて、右手に巻物、左手に錫杖(しゃくじょう)を持ち、前鬼・後鬼と一緒に描かれている。手に持つ道具が密教法具であることもあり、頒布している寺院により差異がある。

文芸作品[編集]

※作品により、「役小角」「役行者」「役の行者」といった表記の違いがある。

注釈[編集]

  1. ^ 律令制下の租税の一種として、無償労働にかり出された者のこと。
  2. ^ ユリウス暦699年6月26日
  3. ^ 東京都大島町泉津地区に、都旧跡指定の役行者屈が現存し前面の海岸も大島町地図に行者浜と記載されている。
  4. ^ 日本国語大辞典』「害する」に3つ目の意味として、「そねむ。ねたむ。いむ。」 出典は『史記屈原伝「争寵而心害其能
  5. ^ 延暦9年(790年)11月10日に韓国源らが「韓国氏は、かつて物部塩児が先祖代々朝鮮半島への外交官を務めていることを記念して改氏した氏族で、純粋な日本人であるのに、名前のせいで最近増えてきた渡来人と間違えられて困る」と訴え、居住地の名をとって高原氏に改氏している(『続日本紀』巻第四十延暦九年十一月壬申条)

出典[編集]

  1. ^ a b 太田亮『姓氏家系大辞典』角川書店、1963年
  2. ^ 続日本後紀承和10年正月27日条
  3. ^ 生地は「茅原郷矢箱村」とも。『役行者本記』修験道の最初の開祖伝で、その内容と奥書から文亀元年(1501年)伊豆国分寺沙門慈雲か、天正8年(1580年)天木先達弘潤坊か、といった伊豆の修験者が作者と考えられている。(宮瀧交二「役行者」 / 小野一之・鈴木彰・谷口榮・樋口州男編 『人物伝小辞典 古代・中世編』 東京堂出版 2004年 45ページ)
  4. ^ 『続日本紀』文武天皇3年5月24日条
  5. ^ 宮瀧交二「役行者」 / 小野一之・鈴木彰・谷口榮・樋口州男編 『人物伝小辞典 古代・中世編』 東京堂出版 2004年 45ページ
  6. ^ 第1次『国史大系
  7. ^ 『役行者伝記集成』P12
  8. ^ a b 国史大辞典』「役小角」
  9. ^ 『続日本紀』巻第十一天平三年春正月庚戌朔丙子条
  10. ^ 『役行者伝記集成』P14
  11. ^ 『役行者伝記集成』P15
  12. ^ 『役行者伝記集成』P18
  13. ^ a b c d e 『役行者伝記集成』P199-200(文献においては『真幻魔大戦』は『幻魔大王』と誤記)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

投入堂

外部リンク[編集]