大窪寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大窪寺
Iozan-okuboji-main.JPG
本堂
所在地 香川県さぬき市多和兼割96番地
位置 北緯34度11分29.1秒東経134度12分24.3秒座標: 北緯34度11分29.1秒 東経134度12分24.3秒
山号 医王山
宗派 真言宗大覚寺派
本尊 薬師如来
創建年 (伝)養老年間(717年 - 724年
開基 (伝)行基
正式名 医王山 遍照光院 大窪寺
札所等 四国八十八箇所88番
テンプレートを表示

大窪寺(おおくぼじ)は、香川県さぬき市にある寺院医王山(いおうざん)遍照光院(へんじょうこういん)大窪寺と号する。本尊は薬師如来。宗派は真言宗大覚寺派

四国八十八箇所霊場の第八十八番札所であり、納経印は「結願所」(けちがんしょ)となっている。本寺では結願証明書(賞状)を有料で書いてもらうことができる。

本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

ご詠歌:南無薬師 諸病なかれと 願いつつ 詣れる人は おおくぼの寺

歴史[編集]

寺伝によれば、奈良時代養老年間(717年 - 724年)に行基が開基し、弘仁年間 (810 - 823) に空海(弘法大師)が奥の院の岩窟で虚空蔵求聞持法を修し、薬師如来を刻んで安置したとされている。この時に空海が納めたとされる錫杖は、空海が唐から持ち帰った三国伝来のものと伝え、本尊とともに祀られている。

伽藍[編集]

  • 山門(二天門):楼門
  • 仁王門:二重層
  • 本堂:礼堂、中殿、奥殿(多宝塔)から成る。
  • 大師堂:1階には通常姿の大師像が、地下殿には剣を持った大師像を祀る。
  • 阿弥陀堂
  • 宝杖堂

山門は南側から石段を上がった所にある木造の二天門と平成2年(1990年)に完成した西側から入る鉄筋の仁王門の2つがある。本堂は二天門の正面にあり、大師堂は仁王門の正面上にある。納経所は本堂の左手にある。

境内の「宝杖堂」(ほうじょうどう)には、結願した遍路の金剛杖が奉納され、毎年春分の日と8月20日に柴灯護摩供の焚き上げが行われる。また、宝杖堂の手前には、原爆の火が灯されている。

宿坊:なし

文化財[編集]

県指定有形文化財
  • 木造薬師如来坐像

本尊で、本堂奥殿(多宝塔)に日光・月光菩薩と共に厨子に収納され、総高170.8cm、像高89.3cmで、本体はカヤ材蜾髪はヒノキ材、一木造り、彫眼である。製作年代は八世紀半ばを上限とみて大過ない作風である。[1] 手には薬瓶でなく法螺貝を持っていたが、傷みが激しく法螺貝の形に造られた水晶に差し替えられている。改装された奥殿と修繕された本尊は2014年に開帳された。平成18・2・10指定。

  • 鉄錫杖 平成19・3・30指定。


交通アクセス[編集]

鉄道
バス
道路

奥の院[編集]

胎蔵峯寺

胎蔵峯寺は女体山の登山道の途中から分岐した先にあり、阿弥陀如来を祀る祠が設けられている。境内の上り口から8丁 (0.9km) である。

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
87 長尾寺 --(15.1km:相草・助光経由)-- 88 大窪寺 --(38.8km:大坂峠経由)-- 1 霊山寺

外部リンク[編集]

  1. ^ 御開帳のとき配布された、大窪寺作成のパンフレット 松田誠一郎氏・平成16年・著から抜粋