常楽寺 (徳島市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
常楽寺
Seijuzan Jorakuji 08.JPG
本堂(左)と大師堂(右)              ともに国の登録有形文化財
所在地 徳島県徳島市国府町延命606番地
位置 北緯34度3分1.2秒東経134度28分32.3秒座標: 北緯34度3分1.2秒 東経134度28分32.3秒
山号 盛寿山
宗派 高野山真言宗
本尊 弥勒菩薩
創建年 (伝)弘仁6年(815年
開基 (伝)空海(弘法大師)
正式名 盛寿山 延命院 常楽寺
札所等 四国八十八箇所14番
テンプレートを表示
あららぎ大師

常楽寺(じょうらくじ)は、徳島県徳島市国府町延命に位置する寺院四国八十八箇所霊場の第十四番札所。盛寿山(せいじゅさん)、延命院(えんめいいん)と号す。宗派高野山真言宗本尊弥勒菩薩である。四国八十八箇所で本尊弥勒菩薩とするのは本寺だけである。

本尊真言:おん まいたれいや そわか

ご詠歌:常楽の 岸にはいつか いたらまし 弘誓の船に 乗り遅れずば

歴史[編集]

草創伝承[編集]

寺伝によれば、空海(弘法大師)がこの地で修行をしていた際に、弥勒菩薩が多くの菩薩を連れた姿を感得した。そこで霊木に弥勒菩薩を刻み堂宇を建立して本尊として安置したという。空海の甥に当る真然僧正が金堂を建立、祈親上人が講堂、三重塔などを建立し七堂伽藍の大寺院となったと伝える。

中世以降[編集]

天正年間(1573年 - 1592年)に長宗我部元親の兵火によって焼失。万治2年(1659年)に徳島藩蜂須賀光隆によって再興された。文化15年(1815年)に溜池構築のため低地の谷から石段を50段ほど上った現在地に移転した。

境内[編集]

  • 本堂
  • 大師堂:大師像を拝顔できる。
  • 鐘楼
  • あららぎ大師:あららぎ(イチイ)の巨木の枝の間に弘法大師像が祀られている。
  • 流水岩の庭園:境内は断層が剥き出しとなった自然の岩盤の上にあり、その形状から流水岩といわれている。

山門はなく石柱門を通って50段の石段を上ると起伏のある流水岩の境内に入る。左手に手水場があり、その奥に鐘楼がある。一番奥に本堂が建ち、その手前右側に大師堂がある。本堂と大師堂の間にアララギの巨木があって、その木の俣にはちいさな大師像が安置されている。納経所は石段を背にして右手にある。

  • 宿坊:なし
  • 駐車場:20台。無料

文化財[編集]

市指定文化財
  • 絹本着色 降三世明王像(2001年12月26日指定)[1]
  • 絹本着色 薬師三尊十二神将像(2001年12月26日指定))[1]
国の登録有形文化財
  • 本堂(2011年7月25日指定)[2]
  • 大師堂(2011年7月25日指定)[3]

交通案内[編集]

鉄道
バス
道路

奥の院[編集]

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
13 大日寺 -- (2.3km) -- 14 常楽寺 -- (0.8km) -- 15 国分寺

参考文献[編集]

  • 四国八十八箇所霊場会 編 『先達教典』 2006年
  • 徳島新聞『四国霊場の旅』徳島新聞 1977年
  • 宮崎建樹 著 『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろ道保存協力会 2007年(第8版)

脚注[編集]

  1. ^ a b 徳島市ホームページ(文化財の保護と活用)
  2. ^ 文化遺産オンライン
  3. ^ 文化遺産オンライン

外部リンク[編集]