與田寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
與田寺
Yodaji22s3872.jpg
本堂
所在地 香川県東かがわ市中筋466番地
位置 北緯34度14分30.1秒東経134度19分18.1秒座標: 北緯34度14分30.1秒 東経134度19分18.1秒
山号 醫王山
宗派 真言宗善通寺派
寺格 別格本山
本尊 薬師如来
創建年 (伝)天平11年(739年
開基 (伝)行基
正式名 醫王山虚空蔵院與田寺
別称 與田薬師、薬王寺
札所等 四国八十八箇所総奥の院
さぬき七福神寿老人
文化財 木造不動明王立像及び童子坐像2躯
絹本着色地蔵曼荼羅図1幅
絹本著色仏涅槃図1幅(重要文化財
テンプレートを表示

與田寺(よだじ)は、香川県東かがわ市にある仏教寺院。山号は醫王山、院号は虚空蔵院。真言宗善通寺派別格本山さぬき七福神の一つ(寿老人)、四国八十八箇所総奥の院。

沿革[編集]

寺伝によれば、奈良時代天平11年(739年)に行基を開山として醫王山薬王寺薬師院の号で法相宗の寺院として創建され、後に空海により宗派を真言宗、寺号を神宮寺に改められたという。

嵯峨天皇の時代に勅願寺となり、応長元年(1311年)には国内談議所の―つに定められ、13世紀後期から始まる増吽による中興の時代は後小松天皇より虚空蔵院の院号を下賜されて、1,000を越す末寺を有する讃岐国屈指の大寺院となった。

安土桃山時代豊臣秀吉長宗我部氏攻めの兵火を受けて堂塔伽藍の大半を焼失したが、江戸時代初頭に高松藩初代藩主松平頼重の帰依により復興される。明治時代になってから、神宮寺から現在の寺号に改められた。

「厄除けの寺」、「四国八十八箇所総奥の院」として広く知られ、年間約20万人の参拝者を集める。

境内[編集]

本殿、大師堂
山門
鐘楼堂(鐘門)
多宝塔
  • 本堂 - 本尊薬師如来像安置
  • 本殿 - 室町時代建立、庭園では春と秋に野天茶会が開催される
  • 山門(仁王門)
  • 鐘楼堂(鐘門)
  • 多宝塔 - 高さ13m、1984年建立
  • 大師堂
  • 奥の院
  • 宝物館
  • 厄除石段
  • 四国八十八箇所写し霊場
  • 西国三十三所写し霊場

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 木造不動明王立像及び童子坐像 2躯
  • 絹本着色地蔵曼荼羅図 1幅
  • 絹本著色仏涅槃図 1幅

香川県指定有形文化財[編集]

行事[編集]

利用情報[編集]

  • 境内自由
  • 宝物館は、開館時間9:00 - 16:00 、年末年始休館

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]