仕事ハッケン伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仕事ハッケン伝
ジャンル 情報ドキュメンタリー番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
出演者 首藤奈知子中山秀征、他
外部リンク 公式サイト
ファーストシーズン
放送時間 木曜日 20:00 - 20:43
(再)翌週木曜24:45 - 25:28(43分)
放送期間 2011年5月12日 - 7月7日(全9回)
セカンドシーズン
放送時間 同上
(再)翌週水曜深夜(木未明)原則25:40 - 26:23(4-8月)→原則1:15-1:58(9月)(43分)
放送期間 2012年4月12日 - 9月13日(全17回)
プロデューサー 水高満
サードシーズン
放送時間 木曜日 22:00 - 22:48
(再)翌週水曜16:05 - 16:53(48分)
放送期間 2013年4月4日 - 9月26日(全20回)
プロデューサー 川畑美緒、早乙女裕子

特記事項:
セカンドシーズン、沖縄局では土曜10:05 - 10:47。
テンプレートを表示

仕事ハッケン伝』(しごとハッケンでん)とは、NHK総合テレビジョンで放送されている情報ドキュメンタリー番組である。

概要[編集]

「もし今と違う仕事についていたら、どんな人生を送っていたのだろう」をコンセプトに、各界の著名人が「今アツイ企業」におよそ1週間入社。通常の社員と同等の扱いで特別待遇は一切無し。そこから企業の経営哲学や会社の流儀を知り、著名人も「ありえたかもしれないもう1つの人生」を疑似体験する番組である。司会・ゲスト・入社した著名人が仕事を振り返るトーク部分はファーストシーズン・セカンドシーズンは入社した会社内で行われたが、サードシーズンはスタジオ収録となり[1]、VTR中でファーストシーズンではNHKが独自に集計した会社員1000人に聞いたYES・NOアンケートの結果が出され、セカンドシーズンでは仕事先の業種にまつわるクイズが出される。セカンドシーズンに出ていた番組キャラクターの名前は「よしを」。

本来は2011年3月31日からの放送予定だったが、東日本大震災特別編成のため無期限延期となっていた。その後同5月12日から開始。7月までの9回シリーズ(木曜20時から20時45分)。再放送は放送次週の金曜未明(木曜深夜)0時45分から1時30分。

番組誕生の背景[編集]

『仕事ハッケン伝』誕生の元となったのが、2009年にNHK総合テレビで放送されたバラエティ番組『地頭クイズ ソクラテスの人事』である。番組の企画として、同年9月17日の放送で劇団ひとりGoogleに1日体験入社し、Google社内でのプレゼンテーションを行う模様が放送された[2][3]

その後、2010年8月24日番組たまごの一環として同企画のパイロット番組『人材ハッケン伝』が放送されている。この番組では優木まおみアマゾンジャパンに、田中卓志アンガールズ)が清水建設に体験入社しており、そのダイジェスト版が後述の特別番組内で放送された。

番組のレギュラー放送の再開[編集]

2012年度の番組改編で、2012年4月からセカンドシーズン(全17回)を放送。ただし、沖縄局は『NHKが映した沖縄』を放送するため、土曜10:05 - 10:50に振替放送。再放送は放送次週水曜深夜(木曜未明)1:40 - 2:25(原則、9月からは1:15 - 1:58)。7月下旬から8月下旬にはロンドンオリンピック放送のため、放送休止期間があった。

2013年度の番組改編で、2013年4月からサードシーズン(全20回)が放送された[4]。放送翌日から期間限定でNHKオンデマンドでも配信した。なお、2013年度は九州沖縄ブロックでは『ガチアジア』が放送される場合があるため、その場合同地区では翌金曜日0:40(木曜24:40)からの振り替えになる。

出演者[編集]

進行役
ナレーション
過去のゲスト
  • 宋文洲(ファーストシーズンのレギュラーゲスト)

スタッフ[編集]

SEASON3
  • ディレクター:田中、長友、新宮、伊集院、影嶋、外園、上野、井川、藤村、捧、松久、神保
  • プロデューサー:川畑美緒、早乙女裕子

過去のスタッフ[編集]

  • ディレクター
    • ファーストシーズン:佐々木、宇野、真野、谷口
    • セカンドシーズン:斎藤、加茂、成瀬、荒井、角野、城
  • プロデューサー:水高満

テーマ曲・エンディング曲[編集]

テーマ曲
  • Hilcrhyme「LAMP LIGHT」(セカンドシーズンまで)
  • 高橋優「同じ空の下」(サードシーズン)[5]
エンディング曲
  • SA.RI.NA「頑張りやさんのきみへ」(ファーストシーズン)
  • ケツメイシ「出会いは成長の種」(セカンドシーズン)

放送リスト[編集]

サードシーズン(2013年)
放送回 放送日 挑戦者 仕事 目標 ゲスト
第1回 4月4日 吉木りさ バスツアー企画 採算ラインである20人以上の客を集められる「特別な都内バスツアー」を企画・値段交渉・添乗員の全業務を行う。 東貴博
第2回 4月11日 冨永愛 左官 職人社 秀平組で)土壁塗りの技術を学び、最終的に国の重要文化財の日下部家住宅の茶室の土壁を塗る。 熊谷真美
第3回 4月18日 庄司智春 御茶ノ水ギター街 ギターや関連商品を売る営業マンとして楽器店回りを行う傍ら、ジュニアの女の子向けのギターのデザインをする。 マーティ・フリードマン
品川祐
第4回 4月25日 IMALU カフェ店員 笑顔で接客を行う傍ら、子育て中の母親向けのイベント「ママカフェ」内での企画の提案・当日のイベントを取り仕切る。 六平直政
第5回 5月9日 平山あや ファッションエディター ファッション誌「VOGUE JAPAN」のパリ・コレクション特集を担当、実際に現地へ行って取材を行い、記事を書く。 又吉直樹
第6回 5月16日 篠山輝信 別府温泉ホテルマン ホテルマンとしてロビーでの接客、レストランでの業務全般、温泉ショーでのフォグマシーンの操作の業務を行う。 しずちゃん南海キャンディーズ
第7回 5月23日 虻川美穂子 ウェディングプランナー 軽井沢ホテルブレストンコートで)最初に介添え人として技術を学び、最終的にウエディングプランナーとして、実際に挙式をするカップルの結婚式の演出を提案・結婚式での補佐を行う。 伊藤さおり北陽
第8回 6月6日 梶原雄太 イルカトレーナー イルカの飼育、体調管理、ショーなどの訓練を行い、最終的に白イルカショーに出演する。 田中律子
第9回 6月13日 小島よしお 食品スーパー デリカ(総菜)売り場で業務を行い、最終的に「販売チャレンジ」として新しい総菜の開発、売り場作り、対面販売を行う。 堀ちえみ
第10回 6月20日 川村エミコ 神戸 パン職人 (イスズベーカリーで)パンの製造を行う傍ら、新商品のパンの開発・製造を行う。 黒沢かずこ森三中
第11回 6月27日 中田敦彦 映画宣伝プロデューサー 7月に公開される最新映画の新聞広告のデザイン・広告の冒頭のコピーを考える。 藤森慎吾オリエンタルラジオ
第12回 7月4日 磯山さやか クリーニング店 (カラキヤ洗染で)通常業務の傍ら、アイロン掛けと染み抜きの技術を学び、最終的に常連客のワイシャツのアイロン掛けと、形見の帯揚げの染み抜きを行う。 ビビる大木
第13回 7月11日 村上健志 市役所職員 北九州市広報室フィルム・コミッション担当課に配属され、最新映画のロケ地探し、映画撮影時の市民エキストラのケアをする。 井筒和幸
亘健太郎(フルーツポンチ
第14回 7月18日 三浦奈保子 気象予報サービス (ウェザー・サービス株式会社で)予報部に配属され、ヘリコプターのパイロットへの予報作りと報告、その日の天気を解析・報告するブリーフィング等の業務全般を行い、合間に営業部で女性向けの新しいアプリを考案する。 石原良純
第15回 7月25日 堤下敦 酪農 中洞牧場で)牛追い・牧場内の木の間伐・搾乳の業務を行う傍ら、地元の食材を使った新しいアイスクリームの開発をする。 安めぐみ
第16回 8月1日 満島真之介 文具開発 開発本部に配属され、今までに無い新しいノートの開発を行い、重役が集まる開発会議でプレゼンする。 福田彩乃
第17回 8月29日 大野拓朗 引っ越し業 会社内の研修ハウスや現場で引っ越し作業の技術を学び、最終的にリーダー(作業責任者)として、現場の引っ越し作業の指揮を執る。 柴田理恵
第18回 9月12日 六角精児 渋谷巨大CDショップ バイヤーとして洋楽フロア担当となり、新人バンドのポップのコメント書き、バイヤー会議に出席し、最終的に新たな音楽の聴き方を提案する売り場作りを行い、インストアライブの出演者交渉をする。 YOU
第19回 9月19日 川田広樹 魚屋 (魚眞で)接客の傍ら、魚の捌き方や築地市場で魚の目利きを学び、最終的に自分で選んだ魚を捌いて刺し盛りを作り、客に販売する。 北斗晶
第20回 9月26日 福田充徳 京都老舗料亭 (近又で)下働きなどの通常業務の傍ら、包丁捌きの技術を学び、最終的にを捌いて焼き霜造りを作り、社長と調理長に試食させる。 徳井義実

特別番組[編集]

もう一つの人生、あったらスペシャル

2011年5月21日 19:30 - 20:45(滋賀県5月22日 1:43 - 2:58)に特別番組として放送。この番組ではアンガールズ優木まおみ(タレント)、磯野貴理(女優)、川崎希(元AKB48の女性起業家)、宋文洲(起業家)、山本一力(作家)、坂本冬美(歌手)をゲストに、ビール工場見学をしながら、アンガールズ・田中の建築業界や優木のIT企業体験のレポートを交えて、この番組の魅力を紹介したもの。

涙と笑いの“仕事始め”スペシャル

2012年1月4日19:30 - 20:45には、たんぽぽ白鳥久美子が動物園の飼育係として働いた。ビビる大木、宋文洲、岸田健作福田彩乃菊川怜平岳大Mr.マリックがゲストで、世界の意外な仕事や有名人の過去の意外な職業を紹介するコーナーがあった。

私が出会った”相棒”スペシャル

2012年3月29日19:30 - 20:43には、ファーストシーズンのダイジェストやその後などが紹介された。

ホンキ スイッチSP

2012年7月26日20:00 - 20:43には、セカンドシーズン第1・4・9・11回のダイジェストや、その回の出演者による対談や後日談などが放送された。

2013新春SP 大志を抱け!世界で仕事ハッケン伝

2013年1月5日19:30 - 20:43には、高橋光臣ニューヨークラーメン店店員しずちゃん南海キャンディーズ)がシェムリアップ日本語教師に挑戦した。スタジオゲストは高橋克実山里亮太(南海キャンディーズ)。

仕事に効く 魔法のコトバSP

2013年5月30日22:00 - 22:48には、「コトバ」をテーマにサードシーズンを振り返る。スタジオゲストは糸井重里吉木りさ篠山輝信

ミニ番組[編集]

仕事ハッケン伝ミニ「仕事に効く魔法のコトバ」

1分間の番組で、5パターンを不定期に放送。過去回の中から印象に残る言葉をピックアップしている。Eテレでも放送された。

イベント[編集]

NHKふれあいミーティング「”仕事ハッケン伝”」

出演者やスタッフが参加する、学生が対象のトークイベント。進行役を会場近隣NHK局のアナウンサーが務める。

スペシャルコラボステージ「仕事ハッケン伝」×「プロフェッショナル仕事の流儀」

2013年3月31日、イベント「NHK 春ナビ WONDER LAND@渋谷」内で行われ、押切もえ、茂木健一郎、首藤アナが出演。

書籍[編集]

『人生を面白くする!仕事ハッケン術』
著/宋文洲、協力/NHK「仕事ハッケン伝」制作班、出版/主婦と生活社、2012年5月25日、ISBN 978-4391141535

脚注[編集]

  1. ^ 2013年6月6日放送分の「梶原雄太×イルカトレーナー」では、従業員はイルカなどの動物の体調悪化などの万が一に備えており、スタジオではなく水族館内で収録を行った。
  2. ^ 劇団ひとり iGoogleテーマ"iGekidan"提供開始です。 - Google Japan Blog 2009年9月18日
  3. ^ 劇団ひとり Googleに1日入社でオリジナルテーマを作り上げる - ライブドアニュース 2009年9月18日
  4. ^ サードシーズンから、ロゴが六角形型にリニューアルされた。
  5. ^ 新テーマソングは高橋優「仕事ハッケン伝 サードシーズン」NHK どーがステーション 2013年3月27日
  6. ^ 編集が期日に間に合わなかったため、加藤本人の希望により延長という形で本業の傍ら2日間編集を行い、10日目に記事を完成させた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NHK総合 木曜20時台
前番組 番組名 次番組
仕事ハッケン伝
(2011年5月 - 7月)
仕事ハッケン伝
(2012年4月 - 9月)
NHK総合 木曜22時台
地球イチバン
仕事ハッケン伝
(2013年4月 - 9月)
地球イチバン