首藤奈知子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
しゅどう なちこ
首藤 奈知子
プロフィール
愛称 なっち[1]、なちこ、ナチコ
出身地 日本の旗 日本 愛媛県松山市
生年月日 1979年12月3日(34歳)
最終学歴 日本女子大学家政学部被服学科卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 松山→東京アナウンス室
活動期間 2003年
配偶者 有り
公式サイト NHK
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照
その他 松山局で地上デジタル放送推進大使

首藤 奈知子(しゅどう なちこ、1979年12月3日 - )は、NHKアナウンサー

人物[編集]

愛媛県立松山東高等学校を経て日本女子大学を卒業後、2003年入局[2]。大学時代はジャズダンスサークルに所属していた。初任地は松山で、近年は女性アナウンサーでも珍しくなった“ふるさと配属”であり[3]地上デジタル放送推進大使デジタルマドンナ』のメンバーの一員も務めた。また、当時は地の松山弁を使った寸劇も担当していた。

両親は地元の民放・南海放送に勤務(父親は同社の常務取締役を務めて2012年6月退任し[4]、現在は関連子会社のRNBコーポレーション株式会社代表取締役社長。母親の砂田京子は同社アナウンサーだったが結婚に伴って退社し、現在はフリー)。

3年間のふるさとでの勤務の後に東京へ栄転、現在に至る。2008年4月に、大学時代から交際していた大手映画会社に勤務する男性と結婚した[5]

故郷愛媛の愛媛経済同友会から「えひめ経済特使」に任命されている[6]

現在の出演番組[編集]

この他、番組ではないものの、住所変更手続き説明の動画にも登場している。

過去の出演番組[編集]

松山局時代

東京アナウンス室異動後

同期の女性アナウンサー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 一部の雑誌が表記しているに過ぎず、正式な愛称ではないとみられる。
  2. ^ 目の前のことに全力、そこには何かが見えてくる. (インタビュー). (2010年4月1日). 青春のころ vol.22, 帝京メイト.. http://teikyo.cc-town.net/modules/smartsection/item.php?itemid=68 2012年12月2日閲覧。  これによれば、高校卒業後に広島で一年浪人の経験がある模様。
  3. ^ なお、同郷で12年先輩の武内陶子も松山が初任地であった。
  4. ^ 第81期決算および新役員体制・人事異動のお知らせ 南海放送プレスリリース 2012年5月30日付
  5. ^ “NHK朝の顔・首藤奈知子アナ結婚していた”. 中日スポーツ. (2008年6月12日) 
  6. ^ えひめ経済特使・大使制度”. 活動内容. 愛媛経済同友会. 2012年12月2日閲覧。
  7. ^ この番組は、『プロジェクトX』の放送終了による定番化の前に、いわゆる「パイロット番組」(番組たまご)として一度だけ放送されたことがある。

関連項目・人物[編集]

外部リンク[編集]