ラブダコス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラブダコス古希: Λάβδακος, Labdakos)は、ギリシア神話の人物で、テーバイの王である。カドモスの子ポリュドーロスニュクテウスの娘ニュクテーイスの子で、ラーイオスの父[1]

父ポリュドーロスはラブダコスが幼いときに死んだため、ニュクテウスはラブダコスの後見役となり、ニュクテウスが死ぬとその兄弟のリュコスが後見を引き継ぎ、ラブダコスは成人したときに王位を継いだ[2]アテナイパンディーオーンと国境をめぐって起こった戦争では、パンディーオーンがトラーキアテーレウスの協力を受けていたため敗北した[3]。その後ラブダコスはペンテウスと同様、ディオニューソスの信仰を拒んだため殺された。ラブダコスが死んだとき、王の子ラーイオスが幼かったためリュコスが王位を簒奪したとも[4]、リュコスがラーイオスの後見役になったともいわれる[5]


リビュエー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
テーレパッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒュプセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カドモス
 
ハルモニアー
 
エウローペー
 
アタマース
 
テミストー
 
キューレーネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュドーロス
 
イーノー
 
セメレー
 
アガウエー
 
アウトノエー
 
アリスタイオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラブダコス
 
 
 
 
 
ディオニューソス
 
ペンテウス
 
アクタイオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーイオス
 
イオカステー
 
 
メノイケウス
 
オクラソス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オイディプース
 
 
 
 
 
 
クレオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エテオクレース
 
ポリュネイケース
 
アンティゴネー
 
イスメーネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーオダマース
 
テルサンドロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻5・5。
  2. ^ パウサニアス、2巻6・2、9巻5・4、5・5。
  3. ^ アポロドーロス、3巻14・8。
  4. ^ アポロドーロス、3巻5・5。
  5. ^ パウサニアス、9巻5・5。

参考文献[編集]