オイディポデイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オイディポデイア』(ギリシャ語Οἰδιπόδεια, Oedipodea)とは、テーバイ圏という叙事詩サイクルに含まれる叙事詩。現存しているのは、わずかに3つの断片と1つの証拠(テスティモーニウム)だけである。

作者[編集]

スパルタのキナイトーン(Cinaethon of Sparta)とされるが、おそらくスパルタに住んでいたのだろう、ということしかわかっていない[1]

キナイトーンの文章のスタイルについて、プルタルコスは『ピューティアーの神託について』の中でこう言っている。「彼は必要のない壮麗さとドラマを神託に加えた」[2]

内容[編集]

6600行の韻文だったらしい。

スフィンクスオイディプースの話が語られ、オイディプース神話に関しては、従来のものと違う見方だったらしい。パウサニアスによると、キナイトンのものは、オイディプースと実の母親イオカステーは結婚したが子供はいなかったということである。オイディプースの子供たちはヒュペルパースの娘エウリュガネイアとの間に生まれた[3]。この話は後世のアポロドーロスビブリオテーケー』でも取り上げられている[4]

参考文献[編集]

  • Martin L. West, Greek epic fragments, Cambridge and London, Harvard University Press, 2003, pp. 4-6, 38-42 and 250-1.

脚注[編集]

  1. ^ IG 14.1292 2.11; Euseb. Chron. Ol. 4.1
  2. ^ Plutarch, "On the Pythia's Oracles", 407b
  3. ^ Pausanias, 9.5.10-1 = Fr. 1 West
  4. ^ アポロドーロス『ビブリオテーケー』摘要.v.9