横浜フリューゲルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ASフリューゲルスから転送)
移動先: 案内検索
横浜フリューゲルス
原語表記 全日空佐藤工業サッカークラブ
呼称 横浜フリューゲルス
愛称 フリエ
クラブカラー     白、   
創設年 1964年
解散年 1998年
ホームタウン 神奈川県横浜市
1992年 - 1995年のみ「特別活動地域」として長崎県熊本県鹿児島県も指定(本文参照)
ホームスタジアム 三ツ沢公園球技場
横浜国際総合競技場(1998年のみ併用)
※特別活動地域のスタジアムは本文参照
収容人数 15,046(三ツ沢球)、70,000(横浜国際)
運営法人 全日空スポーツ株式会社
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

横浜フリューゲルス(よこはまフリューゲルス、Yokohama Flügels)は、かつて存在したプロサッカークラブ。1993年から1998年まで日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟していた。

歴史・概要[編集]

成り立ち[編集]

前身は横浜市にあった中区スポーツ少年団(後にFCゴールを経て横浜サッカークラブと改称)。その後、全日本空輸が援助を行い、横浜トライスターサッカークラブ、1984年にチームの運営会社「全日空スポーツ株式会社」を設立後は全日空横浜サッカークラブ全日空スポーツ)となった。ちなみに「トライスター」とは当時の全日空の主力機ロッキードL-1011の愛称であり、ユニフォームにも同様のロゴが使用されていた。

Jリーグ加盟[編集]

横浜フリューゲルスのホームスタジアムであった三ツ沢公園球技場

1991年にJリーグに加盟。Jリーグ開幕時の加盟クラブのひとつ。 ホームタウン神奈川県横浜市、ホームスタジアムは三ツ沢公園球技場(後に横浜国際総合競技場も追加)であり、横浜マリノスと同一のため両チームの対戦は「横浜ダービー」と呼ばれた。

練習会場は当初神奈川区にある全日空菅田総合グラウンドを使用していたが、1994年からは戸塚区保土ヶ谷大洋球場(大洋ホエールズの練習場)跡に建設されたフリューゲルス・東戸塚トレーニングセンターを使用するようになった。チームの合併後は横浜F・マリノスが練習場として使用したが、横浜みなとみらい21マリノスタウンへの移転後は横浜FCが使用するようになった(後述)。

「フリューゲル(Flügel)」はドイツ語で「翼」の意。英語圏でのサッカーの wing(翼)のポジションは、ドイツ語でもFlügel(翼)と呼ばれており、これに英語風に複数形 s を加えたものが、「フリューゲルス」の由来である。なお、 /l/ は有声音なので、英語で発音するなら語尾の s は、本来的には /s/ ではなく /z/ となる。

スタート当初は全日空(ANA)のAと、Jリーグ参戦にあたり共同出資した佐藤工業のSを取って「(横浜)AS(エイ・エス)フリューゲルス」と名乗っていた時期もあった。ちなみに読売新聞フジテレビプロ野球ニュース」(当時全日空が全国ネットスポンサーだった関係もあるとされている)では1992年と1993年はチーム名表記を「AS(フリューゲルス)」、スポーツ報知日本テレビも「AS横浜フリューゲルス」と紹介していたが、1994年から「横浜F(横浜フリューゲルス)」に統一された。

1992 - 1995年までは九州地方にJクラブがなかったこともあり、「特別活動地域」として長崎県熊本県鹿児島県で活動していたが、アビスパ福岡のJ参入に伴い1996年以降は本拠地を横浜市に一本化した(後述)。

1993年 - 1998年[編集]

1993年

Jリーグ発足前から監督を務めていた加茂周の下でゾーンプレスを採用し注目を集めた同年、チームはサントリー、ニコスシリーズとも7位に終わった。

天皇杯は、決勝でサントリーシリーズの王者鹿島アントラーズに終了間際に同点とされ延長戦となるも、延長戦で4ゴールを決め6-2で勝利、優勝した。

1994年

天皇杯の勢いそのままに、1stステージの第4節から第11節にかけ8連勝して一時は2位になるなどし、最終的に5位となった。 しかし、攻撃の要として活躍していたアマリージャがこのステージ限りで退団・引退するとチームは低迷。 2ndステージでは失速し、8位に終わった。 この年限りで、エドゥーフェルナンド・ダニエル・モネールバウベル・ダ・シルバ・コスタらもチームを去っている。

1995年

加茂が日本代表の監督に就任するため退任、ヘッドコーチであった木村文治が監督に就任した。 しかし、選手の入れ替わりが激しくチームは低迷、1stステージでは14チーム中13位に終わる。 木村は1stステージ第14節で監督を辞任、後任のアントニオ・カルロス・シルバもチームを上位に押し上げることが出来なかった。 大量失点しまうことが多く、両ステージを合わせた失点数がリーグワーストであった。 しかし、シルバの若手起用の下、三浦淳宏楢崎正剛吉田孝行波戸康広といったこの年入団した選手が台頭した。

1996年

オタシリオが監督に就任。 前年度チームに加入したブラジルトリオ(ジーニョセザール・サンパイオエバイール)がチームにフィットし、三浦淳、前園、山口素などの活躍もあり、開幕8連勝(うち開幕6試合無失点記録を樹立)するなど、リーグ前半を首位で折り返す。 しかし、アトランタ五輪後のリーグ後半では失速してしまい、最終的に3位でシーズンを終える。

1997年

前年度活躍したエバイールが退団し、得点力ダウンが懸念されたものの、1994年以来再入団したバウベル服部浩紀が見事穴埋めし、1stステージでは最終節まで優勝争いを繰り広げる(勝ち点差2で2位)。 しかし、1stステージ限りでチームの躍進を支えたジーニョが退団すると、得点力が低下し、2ndステージは11位と低迷した。 この年限りで、オタシリオ監督が退任。

1998年

カルロス・レシャックが監督に就任。船橋市立船橋高等学校3年西紀寛をクラブ史上唯一の強化指定選手(現在の特別指定選手)として受け入れたがJ公式戦出場皆無だった。3-4-3スタイルを取ったチームは1stステージは序盤低迷したものの後半盛り返し、10勝7敗の成績を残した。 しかし、2ndステージに入ると守備が破綻して敗戦を重ね、J1参入決定戦[1]がちらつく事態となり、レシャックは2ndステージ第8節をもって不振の責任を取って辞任した。後任監督にはコーチだったゲルト・エンゲルスが昇格した。

チーム合併消滅と天皇杯優勝[編集]

第78回天皇杯決勝 vs清水エスパルス戦(1999年1月1日国立霞ヶ丘競技場)の布陣。数字は背番号、Captain sports.svgはキャプテン。

後半途中からFW吉田に替えてFWアンデルソン英語版(背番号29)が出場。DFのレギュラーメンバー・薩川了洋(背番号3)は累積警告のため出場停止。

1998年10月29日、記者発表前にマスコミから出し抜かれる形で横浜マリノスと横浜フリューゲルスの合併が突然発覚。出資会社の一つであった佐藤工業が本業の経営不振(後に経営破綻)のためクラブ運営からの撤退を表明し、もう一つの出資会社の全日空も赤字に陥っており、単独でクラブを支える余力がなかったことが原因であった。その為、横浜マリノスの親会社日産自動車との協議の結果、両クラブは合併の上、実質的には主導権を持つマリノスにフリューゲルスが吸収合併されることになり、クラブは事実上消滅することになった。そして、両クラブの合併はその日のJリーグ理事会で正式に承認された。

だが、選手に対しても含め、事前に何の説明もなく決定したことから多くのサポーターの反感を買い、合併発表後で初の試合となった10月31日セレッソ大阪戦では試合後にサポーター各団体が合同でスタジアム前の広場に座り込み、合併撤回を求めてクラブフロントとの話し合いを要求した。全選手も街頭での活動に加わった合併反対署名運動等は全国で起こり、Jリーグの他クラブサポーターを交えた62万を超える署名が集まった。11月7日のホーム最終戦(三ツ沢)では試合後のセレモニーでエンゲルス監督がクラブの存続と救済を訴えるアピールを日本語で行い、フリューゲルスファンとしても知られていた川平慈英が存続支援を明言するなど、マスメディアでも連日社会問題として取り上げられる事態となった。しかし、合併の凍結を求めるサポーター団体に対しフリューゲルスの運営会社である全日空スポーツは「親会社による決定事項」への当事者能力を持てず、交渉が膠着する中の12月2日、電撃的な形で両クラブ合併の調印式が行われた。

そんな合併消滅劇の中、第78回天皇杯が開幕し、フリューゲルスは調印式後の12月13日に初戦を迎えた。同大会においては出場機会に恵まれず翌年の所属先が決まっていなかった選手たちを出場させて他クラブへのアピールの場にしようとも考えられていたが、当時ベンチ入りの機会すら少なかった桜井孝司らの「強いフリューゲルスを見せよう」という一言でクラブがさらに一丸となった。負ければその時点でクラブ消滅という状況下で、準々決勝でジュビロ磐田、準決勝で鹿島アントラーズと当時のJリーグで突出した強さを持っていた2クラブを破り決勝まで勝ち進んだ。

1999年1月1日の決勝では、奇しくも1993年の開幕戦の対戦相手であった清水エスパルスを逆転で破って優勝(2-1、得点者:久保山由清吉田孝行)。合併発表後、リーグ戦・カップ戦の9試合を通じて1度も負けることがなかった。

合併発表前後の試合結果[編集]

開催年 月日 時期 会場 勝敗 得点 相手 備考
1998 10月24日 Jリーグ
2ndステージ
第13節 鴨池 2 - 3 京都 合併発表直前
10月31日 第14節 横浜国 7 - 0 C大阪 合併発表直後 球場最多得点記録
11月3日 第15節 広島ビ 2 - 1 広島
11月7日 第16節 三ツ沢球 2 - 1 福岡 本拠地最後の試合
11月14日 第17節 札幌厚別 4 - 1 札幌 リーグ戦最後の試合
12月13日 天皇杯 3回戦 博多球 4 - 2 大塚FC
12月20日 4回戦 鳥取 3 - 0 甲府
12月23日 準々決勝 神戸ユ 2 - 1 磐田
12月27日 準決勝 長居 1 - 0 鹿島
1999 1月1日 決勝 国立 2 - 1 清水 クラブ最後の試合

その後[編集]

各クラブへの影響

1999年2月1日、横浜マリノスと正式合併して消滅[2]。マリノスはチーム名をフリューゲルス由来の「F」を加えた「横浜F・マリノス」へと改称した。練習場はフリューゲルスの東戸塚トレーニングセンターを引き継いで「戸塚トレーニングセンター」とし、2007年のマリノスタウン完成まで使用した。

一方、横浜フリューゲルス存続を願うサポーターの一部はこれが困難になった現実に対応すべく、代替案として新クラブ結成に動き、1999年1月、「株式会社横浜フリエスポーツクラブ」[3]を運営会社として横浜FCが設立され、特例として日本フットボールリーグ(JFL)への参加が認められた。横浜FCは1999年に設立されていた「フリューゲルス再建基金」からも2500万円の融資を受けてチームを運営し、JFLで2年連続優勝した2000年のシーズン終了後には翌2001年からのJリーグ(J2)参加が認められたが、その際にフリューゲルスとは別の存在であると明確にしたため、元フリューゲルスサポーターの中には横浜FCから離反する動きも見られた。以後、横浜FCはフリューゲルスとは異なる、新しいクラブとしての歴史を重ねて、クラブの歴代成績にもフリューゲルスの記録は加算されない事になった。2007年にはJ1に昇格してF・マリノスとの間で9年ぶりに横浜ダービーを実現させたが、1年で降格し、以後はJ2に所属している。

また、「フリューゲルス再建基金」は2009年8月29日に拠出者総会を行い、2000万円分を横浜FCの観戦チケットとして返済を受け、残る3800万円分は横浜市が進めていたニッパツ三ツ沢球技場の観客席の増設(約2200席分)へ寄付する事になり、それに合わせて同球技場の一般客メインゲート脇の柱に再建基金についての銘板が設置された[4]

「フリューゲルス」の名称を含む諸権利は現在も横浜マリノス株式会社が保有している。2004年2月、マスコットの「とび丸」をはじめとした横浜フリューゲルス関連グッズが日本サッカー協会ビル(JFAハウス)内の「日本サッカーミュージアム」に寄贈された。

一方、横浜FCが横浜Fの影響を色濃く残している事も確かである。横浜FCの運営会社である「横浜フリエスポーツクラブ」は株主が一新され、クラブの性格も設立時とは大きく変化したが、横浜Fの略称である「フリエ」を冠したその会社名は現在まで変更されていない。2007年には初の常設練習場としてF・マリノスが去った後の戸塚トレーニングセンターに入り、「横浜FC LEOCトレーニングセンター」として2010年7月まで使用した[5]。横浜FCの公式ソングは、横浜Fでも歌ったTHE ALFEEが担当している。横浜FCのホームスタジアムも横浜Fと同じ三ツ沢球技場[6]で、横浜F時代からの横浜FCサポーターの間では「聖地・三ツ沢」と称えられている。

各スポンサーの対応

横浜F(全日空スポーツ)最大の出資者で、合併を主導した全日空は、合併後のF・マリノスも運営した「横浜マリノス株式会社」に30%資本参加したが、主要株主は引き続き株式の70%を所有する日産自動車だった上、全日空は2002年2月には全株式を日産自動車に売却した[7]。2011年にはユニフォームでの社名掲示位置が背中から袖に変更、さらに2013年を以てユニフォームスポンサーから撤退した。よって全日空の関与度は低下傾向にあるが、依然として同社はF・マリノスの大口スポンサーである。国際線航空便のエコノミークラス割引運賃制度として使われていた「とび丸航空券」は1999年2月から「GET」に改変され、現在は「エコ割」となっている。

横浜Fの共同出資者で、合併劇のきっかけとなった佐藤工業の経営不振は改善せず、2002年3月に会社更生法の適用を申請したが、2009年9月にはその手続きを終えて会社再建を完了した。横浜F解散後もサッカーに対する同社の積極的な姿勢は残り[8]2011年1月21日には日本サッカー協会と協定書を交わし、同協会が進める「JFAこころのプロジェクト」(ユメセン)に協賛企業としての支援を開始した。[9]。同社の本社がある富山県では2007年11月に設立されたカターレ富山が2009年からJ2に参入し、佐藤工業は出資はしなかったものの、カターレの主催試合ではベンチ広告のスポンサーとなっている。

1993年からユニフォームの背中スポンサーだったバンダイにもこの合併は事後連絡で、同社を中心とした横浜F継承クラブ設立の動きも全日空側の反対で実らなかった[要出典]。バンダイは2005年の経営統合でバンダイナムコグループの一員となったが、サッカー界との関係は続き、2006年からは同社の人気商品であるガンプラガンダムシリーズのプラモデル)で川崎フロンターレとの合同企画を開始し、 [10]、2011年まで公式スポンサーとして等々力競技場での特製モデル展示などを継続していた(2012年は休止)。

所属選手の動向

チームの合併発表時にフリューゲルスへ在籍していた23選手[11]は、関係者の尽力や天皇杯の活躍もあって、翌年も大久保貴広本田技研、JFL)以外は全員Jリーグクラブ(J2を含む)との契約を果たした[12]。フリューゲルスを吸収したF・マリノスには永井秀樹佐藤一樹三浦淳宏波戸康広吉田孝行など、天皇杯決勝での先発4人を含む5選手が加入し、新チームでの融合と活躍が期待された。合併2年目の2000年には三浦らの活躍で第1ステージ優勝も果たしたが、元フリューゲルス選手の定着率は悪く、2001年には波戸のみが在籍していた。波戸は2004年シーズン途中に移籍した後、2010年にF・マリノスへ復帰し、2011年限りで現役を退いた。F・マリノスにとって重要になったのは、むしろ合併によって加わった旧フリューゲルスユースの選手[13]で、坂田大輔田中隼磨はその後のF・マリノスで中心選手となり、共に日本代表まで選出された。

一方、生え抜きの中心選手として現場・サポーター不在の合併を厳しく批判した山口素弘と、日本代表のGKをめぐってマリノスの川口能活と激しい競争をしていた楢崎正剛はマリノスには加わらず、[14]、1998年のW杯フランス大会にも日本代表へ選ばれていたこの2人は名古屋グランパスエイトへ移った。同大会のブラジル代表では大会初ゴールを挙げるなどで準優勝となったセザール・サンパイオはブラジルに帰国してパルメイラス復帰、選手会長として山口と共に合併反対の急先鋒だった前田浩二ジュビロ磐田原田武男セレッソ大阪、天皇杯決勝は出場停止だった薩川了洋柏レイソル、天皇杯決勝でゴールを挙げた久保山由清は決勝の相手だった清水エスパルス、ユース出身の井上雄幾は天皇杯優勝の実績でジェフ市原新監督に就任したエンゲルスとともに市原へ移籍と、ベテラン・中堅の主力選手はF・マリノス以外へと分散した。また、フリューゲルスのフロントから京都パープルサンガの統括部長に招かれた木村文治はフリューゲルスの若手6選手を京都に入団させたが、その中で高卒ルーキーだった遠藤保仁はその後ガンバ大阪へ再移籍した2003年から10年連続でJリーグベストイレブンに選ばれ、2014年にはJリーグ最優秀選手賞を受賞。W杯ドイツ大会南アフリカ大会の2大会では楢崎と共にW杯日本代表に選ばれた。

合併発表後の新チーム移籍が比較的順調に進んだ事もあり、急ごしらえで発足した横浜FCには直接フリューゲルスから移籍した選手はいなかったが、1993年のJリーグ開幕時にフリューゲルスで活躍していた高田昌明渡邉一平などが加入し、サポーターの人気を集めた。その後もモネールや佐藤一樹などの元フリューゲルス選手が入団していたが、2005年8月にはアルビレックス新潟に在籍していた山口が移籍し、話題となった。山口は2006年に主将となり、開幕前の各予想を覆して横浜FCをJ1昇格へ導いた後、2007年限りで引退した。なお、山口はF・マリノス使用時には近づかなかった旧東戸塚(LEOC)トレーニングセンターを横浜FCが引き継いだ際にはフリューゲルス時代と同じ場所に自分のロッカーを置き[15]、自らの引退試合でも「フリューゲルス」の名前を使おうとしたが、上記の通りに名称の権利を持つ横浜F・マリノス(横浜マリノス株式会社)からの許可が下りず、山口は引退試合の開催自体を取りやめた。なお、山口は2012年から2014年まで横浜FCの監督を務めた。

フリューゲルスのトップチーム在籍経験者のうち、2013年に現役選手として登録されているのは、楢崎(名古屋)・遠藤(G大阪)・大島秀夫[16]北九州)・永井(東京V)の4人である。フリューゲルス消滅時に移籍したクラブに残っているのは名古屋の楢崎のみで、海外クラブなどへの移籍を見送った理由として「移籍するとメンバー表の前所属のところに“横浜フリューゲルス”という文字がなくなってしまう」としている[17]

一方、指導者資格を取る元選手は増加し、2012年の開幕時にはJ2で反町康治松本山雅FC)と前田浩二(アビスパ福岡→2013年ガイナーレ鳥取)の2人がフリューゲルスOBの監督となり、更に4月には山口が横浜FC監督として加わった。この3人と大嶽直人ギラヴァンツ北九州コーチ)・佐藤一樹FC東京U-18コーチ)、それに埼玉県の中学校教員へ転身した岩井厚裕の6人がJFA_公認S級コーチライセンスを取得している。この他、上村崇士ジェフ千葉レディース監督)や薩川(FC琉球)監督)がB級ライセンスを取得した。

リーグ全体への影響

1995年を頂点にした観客数の急減、Jリーグ各クラブの赤字額の増大に起因する「Jリーグの危機」は、1997年のJリーグ準会員鳥栖フューチャーズの存続問題[18]に続くこのマリノス・フリューゲルス合併で誰の目にも明白となった。日本代表の周囲はフランスW杯出場で盛り上がっていたが、Jリーグはヴェルディ川崎からの読売新聞社撤退による大幅な経営縮小やベルマーレ平塚からのフジタ撤退による経営危機が重なり、前年のアジア通貨危機に端を発した不況の影響に苦しんでいた。

Jリーグチェアマンとして事態の収拾に当たった川淵三郎は、「自分に話が来た時は両チームの合併は決定事項で覆せなかった」と釈明する一方、Jリーグの責任者として合併を認めた事はサポーター達や前田選手会長などから「サポーター無視」として多くの批判を浴び、後に「これが一番辛かった」と述懐した。この事態は親会社に依存した各クラブの経営体質に問題があると判断した川淵は経営監視体制の強化に乗り出し、各クラブの財務状況の公開を徐々に進めた。また、翌年から導入したJリーグ2部制では、より経営環境が厳しくなるJ2の各クラブに一層の地域密着を求めた。

マリノスとフリューゲルスは共に横浜市のクラブ[19]で、「地域からJリーグがなくなる」訳ではなかったが、合併によるチーム消滅がマスメディアなどで大きく扱われてサッカーファン全体からの猛反発を呼んだ事は、クラブ経営陣や地域社会への貴重な先例となった。その後もJリーグクラブの経営危機は各地で続いたが、運営会社の存続か新会社の発足によるクラブの存続・代替が解決策の大前提とされ、準会員を含めてJリーグクラブの合併・消滅はこの横浜フリューゲルスを最後に発生していない。ただし、準会員に認められなかったクラブで財政的に破綻し消滅したクラブは相当数存在する。

なお、翌1999年よりJリーグが2部制に移行する関係で、1997年・1998年の成績を元に下位5クラブによるJ1参入決定戦(トーナメントによる入れ替え戦)が行われることになったが、フリューゲルスの消滅により入れ替え戦の参加が下位4クラブに減少し、トーナメントも一部変更となった。

成績[編集]

主な成績[編集]

国内大会[編集]

国際大会[編集]

個人別[編集]

チームのマスコットキャラクター[編集]

とび丸
  • 当時、ホームゲーム等で試合を盛り上げていた横浜Fのマスコットキャラクター。
  • ムササビがモチーフになっており、ゴーグルとマントを使って空を飛ぶ事が出来る。好物は
  • 全日空の格安航空券「とび丸航空券」でも使用され、商標権は全日空が所持していた。
  • チーム消滅後、2004年2月に他の横浜F関連グッズと共に「日本サッカーミュージアム」に寄贈された。

オフィシャルテーマソング[編集]

THE ALFEEVictory」(1993年4月28日リリース)

作詞・作曲:高見沢俊彦 編曲:THE ALFEE

応援ソング[編集]

シャンティ・スナイダー 「Flying So High」1998年に発表された。

特別活動地域[編集]

特別活動地域の選定基準とその経緯[編集]

横浜Fが特別活動地域として使用したスタジアムの一つ・鹿児島県立鴨池陸上競技場

前述したように、横浜FはJリーグ発足当初は九州地方ホームタウンとするJクラブがなかったこと、また全日本空輸がクラブのメインスポンサーとなっていることから、横浜市と沖縄県を含む九州各県のダブルホームタウンを実施する予定にし、ホームゲームの半数程度を九州で行う方針にしていた。これは「全日空が乗り入れている空港のある地域全てを本拠地にする」計画を持っていたことも絡んでいる。ところが、そうしてしまうと各県につき1試合ずつしか割り当てられず、興業的にも不利であることから一部横浜Fの主催ゲーム開催を拒絶した県もあったため、結局九州での準本拠地は長崎県、熊本県、鹿児島県の3県に絞った。

また、Jリーグではホームタウンを原則1チームにつき1市区町村となっている(現在は同一都道府県内の複数市区町村にまたぐ広域ホームタウンが認められている)とした関係もあり、正式なホームタウンは横浜市としながら、これら3県は「特別活動地域」というカテゴリーを設けてホームタウンとほぼ同じ権限を持ち、横浜Fの主催ゲーム(天皇杯は除く)を優先的に開催することができた。このため、Jリーグ発足最初の4年(1992-95)はフリューゲルス以外のチームがこの3県で主管試合をすることはなかった。

Jリーグ発足時、同じ横浜にホームを置く横浜マリノスと同日に主催試合を行う事が珍しく無かったが、Jリーグが同一会場での複数試合開催をピッチコンディションや観客の入れ替え等の点で認めていない為、横浜Mが三ツ沢(球)、横浜Fが下記の九州3県か国立等の他会場を使うケースがあった。

逆に福岡県では横浜Fの主催試合は行われず、横浜Mが1993年・1994年に各2試合ずつ東平尾公園博多の森陸上競技場で主催試合を行った。この他、同競技場ではヴェルディ川崎浦和レッドダイヤモンズなども主催試合を開催し、V川崎は福岡ブルックス(現在のアビスパ福岡)がJリーグ準会員となった1995年にも東平尾公園博多の森球技場で1試合を主催した。いずれの試合でも横浜Fはアウェーチームとして登場しなかった。

特別活動地域のスタジアム

各年度の開催試合数は横浜フリューゲルスの年度別成績一覧#年度別入場者数を参照のこと。

過酷な試合日程[編集]

上記の関係もあり、1か月以上も三ツ沢(球)でのゲームが組まれず、事実上の長期ロードに出たことがあった。特に1993年の11月から12月にかけての試合に至っては三ツ沢(球)の横浜F主催試合は1試合しか行われなかった。また7月から9月始めにかけても熊本と国立で1試合ずつ試合をしており、このステージのホームゲーム9試合で三ツ沢(球)で試合をしたのはわずか3分の1に当たる3試合だけだった。

1994年、三ツ沢(球)の芝生の張替え工事を行った関係で第1ステージ(サントリーシリーズ)の後半・5月14日以後の主催試合も鹿児島、長崎、国立、富山と転戦し(熊本・水前寺は当時改修工事中だったため第1ステージは行わず)、ワールドカップを挟んで8月20日に行った名古屋グランパスエイトとの対戦でようやく3か月ぶり(改修前最後の試合は5月7日のガンバ大阪戦)に三ツ沢(球)に帰ってきたという事例もある。

このため九州での試合では横浜Fのモチベーションやパフォーマンスは低くなってしまい、その結果横浜Fの九州でのホームゲームの結果はリーグ戦・カップ戦合計で5勝22敗、しかも1994年7月23日ヤマザキナビスコカップ1回戦(対セレッソ大阪、鹿児島)に1-0で勝利したのを最後に14連敗という成績であった。またスタジアム別では鹿児島で3勝7敗、長崎で2勝8敗、熊本は7戦全敗であった。

これは公式なホームタウンではないが、佐藤工業の創業の地が富山県にあるため、1994年から数年間は富山県総合運動公園陸上競技場でも毎年1試合程度の主催試合を開催していた。その他にも1993年のJリーグ開幕前に兵庫県神戸市東京都町田市に本拠地を誘致しようと交渉したが、条件面で折り合いが付かず見送られた事もある[要出典]

特別活動地域の縮小[編集]

1996年アビスパ福岡がJリーグに参入したのに伴って横浜Fの特別活動地域のカテゴリーは消滅し、各クラブが平等に主催できるようになったが、京都パープルサンガ等他クラブの主催試合も行われていた鹿児島県についてはその後も横浜Fの主催ゲームを年1-2試合程度開催した。

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) 白×青
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

チームカラー[編集]

  •     白、   

ユニフォームサプライの遍歴[編集]

  • 1992年 - 1996年:リーグ戦・ミズノ、カップ戦・プーマ
  • 1997年 - 1998年:リーグ・カップ戦ともプーマ

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 背中 パンツ サプライヤー
1992 ANA SATO - - - Mizuno /
PUMA
1993 出光 BANDAI
1994
1995 サンミッシェル
南青山
1996
1997 ANA PUMA
1998

ユニフォームに関しての特記項目[編集]

1st(主にホーム用)は白をベースに、2nd(主にアウェー用)は青ベースに製作された。

  • プーマ製の2ndは1995年まで殆ど使用されず、実際に使用されたのは天皇杯での試合や海外のクラブとの試合など、数試合にとどまっていた。ミズノ製の初代デザインの2ndは市販用のレプリカしか存在しなかった。
  • 1995年4月1日のサンフレッチェ広島戦(熊本・水前寺)で、対戦相手の広島は1stの紫を用意すべきであったが、アウェーということで間違えて2ndの白を持参。そのためサポーターから紫色のレプリカユニフォームを借り、選手によっては背番号をガムテープで貼りあわせて急ごしらえした。これに対し日本サッカー協会は、広島に制裁金を課した。一方で選手にユニフォームを貸したサポーターには、後日チームからオフィシャルのユニフォームを贈られた。
  • 1996年アビスパ福岡1997年ヴィッセル神戸が昇格し、それぞれ銀、白・黒のストライプが1stで使用されることとなったため、それ以後は2ndの登場機会が増えた。
  • またジュビロ磐田など1stが薄い水色ベースのクラブとのホームゲームでも、横浜Fが2ndを着用したことがあった。この場合、アウェー側も2ndを着用した。

所属選手[編集]

主な記録[編集]

チーム名変遷[編集]

  • 1964年- 横浜中区スポーツ少年団(後に横浜サッカークラブに変更)
  • 1979年- 横浜トライスターサッカークラブ
  • 1984年- 全日空横浜サッカークラブ
  • 1988年- 全日空サッカークラブ
  • 1992年- 全日空佐藤工業サッカークラブ(呼称:横浜フリューゲルス)

余談[編集]

参照[編集]

  1. ^ 結果的には同年で7位、2年間の順位ポイントで6位となり、J1参入を果たせる位置だったが、吸収合併の発表により参入決定戦への参加を辞退した(合併調印は参入決定戦の開始後に実施)。
  2. ^ チームの公式活動は天皇杯決勝で終了。
  3. ^ 法人登記申請は1998年12月25日。
  4. ^ 出典:横浜市環境創造局 記者発表資料平成22年(2010年)3月12日付 「フリューゲルス再建基金管理委員会に市長から感謝状を贈呈します」、フリューゲルス再建基金管理委員会 「お知らせ(2010年2月22日)
  5. ^ 同月、保土ヶ谷区西谷浄水場の体育移設に移転し、名称はそのまま使用。
  6. ^ 2008年からは「ニッパツ三ツ沢球技場」。
  7. ^ 現在は一部の株式を日産自動車以外の企業が所有。
  8. ^ 会社更生法手続き完了時には、当時の同社社長が川淵や元フリューゲルス選手からの激励について謝意を述べ、今後もサッカーに関わる事を述べている。出典:夕刊フジ2009年9月24日付記事、[1](※サーバーからは削除済み、各種サイトで転記記事が確認可能)
  9. ^ 佐藤工業ホームページ「新着情報」、2011年1月21日付トピックス。
  10. ^ 川崎フロンターレ公式サイト「お知らせ」2006年07月21日(金)- 1 「「フロンターレmeetsガンプラ」企画スタートのお知らせ
  11. ^ 発表直前に退団を表明し、そのまま現役を引退したパウロ・フットレを除き、天皇杯の途中でレンタル元のスポルティング・デ・ヒホンへ復帰したイゴール・レディアコフを含む。他に川崎フロンターレ(ジャパンフットボールリーグ(旧JFL))へレンタル中だった服部浩紀は、1999年に清水へ入団した。
  12. ^ Jリーグクラブ退団後の進路では、そのまま現役引退をするか、アマチュアのJFLや地域リーグでプレーする選手が多く含まれるのが通例である。
  13. ^ 他に大橋正博なども該当する。
  14. ^ 楢崎は2010年12月にJリーグの最優秀選手賞を受賞したが、合併から12年を経たこの時点でも「横浜フリューゲルスへの思いも強い。『あんなことは2度おきてはダメなんです』と今でも話す」と紹介されている。 出典:zakzak 2010年12月7日付「楢崎、謙虚にスーパーセーブ「Jアウォーズ」最優秀選手賞受賞
  15. ^ 山口へのインタビューより。出典:ベースボールマガジン社『まるごとJリーグ完全版 栄光の記憶15年』、2007
  16. ^ 遠藤と同期の高卒ルーキーで、京都への移籍・退団(2000年限り)も同時期である。その後、2005-08年にはF・マリノスに在籍した。
  17. ^ zakzak 2010年12月7日付(上記)
  18. ^ 1998年1月の同クラブ解散決定を受け、新チームのサガン鳥栖が発足。
  19. ^ 既にフリューゲルスの特別活動地域(九州3県)は指定解除となっていた。
  20. ^ 辻野巨保著 ボクらが起こしたFの奇跡 p143

関連項目[編集]