原田武男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
原田 武男 Football pictogram.svg
名前
愛称 ミスターV・ファーレン
カタカナ ハラダ タケオ
ラテン文字 HARADA Takeo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1971-10-02) 1971年10月2日(45歳)
出身地 佐賀県鹿島市[1]
身長 174cm
体重 77kg
選手情報
ポジション MFDF
利き足 右足
ユース
早稲田大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1998 横浜フリューゲルス 137 (8)
1999-2000 セレッソ大阪 49 (0)
2000 川崎フロンターレ (loan) 23 (1)
2001 大分トリニータ (loan) 45 (0)
2002-2003 アビスパ福岡 56 (1)
2005-2010 V・ファーレン長崎 99 (10)
代表歴
1991 日本の旗 日本 0 (0)
監督歴
2012-2016 V・ファーレン長崎U-18
2017- ギラヴァンツ北九州
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月12日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

原田 武男(はらだ たけお、1971年10月2日 - )は、佐賀県出身の元サッカー選手・指導者(JFA 公認S級コーチ)。現役時代のポジションはMFDF

来歴[編集]

小学校3年生のときに兄二人の影響でサッカーを始める[1]。鹿島東部中学校[1]を経て、高校は長崎県国見高校に進む。1年次に全国高校サッカー選手権に優勝[1]、3年次はチームの主将を任される[1]。進学した早稲田大学では、4年次に第42回全日本大学サッカー選手権大会で優勝、原田は5得点をあげて最優秀選手賞を受賞した[1]。大学での同期に相馬直樹がいる[1]。大学時代にはユニバーシアード日本代表オリンピック日本代表に選出され[1]バルセロナ五輪アジア予選に出場。1991年には日本代表に召集され、試合出場はなかったが韓国代表との国際Aマッチにベンチ入りした[1][2]

大学卒業にあたっては9クラブが獲得に乗り出す中[1]、1994年に横浜フリューゲルスに加入。開幕前の怪我で出遅れた[1]ものの1年目から31試合に出場した。同じボランチ山口素弘セザール・サンパイオがいたため1996年には出場機会が減少したが[1]、1998年はリベロとして出番を得て[1]、横浜Fにとって最後の大会となった1998年度の天皇杯に優勝。横浜Fでは複数のポジションをこなし、「GK以外はすべてやった」[1]と自身も振り返る。

1998年シーズン限りで横浜Fが消滅した後はセレッソ大阪に移籍。その後、2000年途中に初のJ1シーズンで苦闘していた川崎フロンターレに期限付き移籍[1]。2001年はJ2の大分トリニータに期限付き移籍[1]、チームは最終節までJ1昇格争いを繰り広げたが結果6位で昇格を逃した。2002年にアビスパ福岡に完全移籍。2シーズン在籍後に自身初となる戦力外通告を受ける[1]

ザスパ草津の練習に参加したが契約には至らず[1]、2004年冬に国見高時代の恩師・小嶺忠敏の誘いを受け、翌年1月の九州各県リーグ決勝大会に出場する有明SC(2005年よりV・ファーレン長崎)に助っ人として参加[1]。その後も長崎に所属しクラブのステップアップに貢献、「ミスターV・ファーレン」と呼ばれた[3][4]。2010年限りで現役引退。2011年2月27日に故郷の小学校にて引退試合を行いスパイクを脱いだ[5][6]

2011年より長崎のフロントスタッフ入り[3]。2012年より新たに設立された長崎のU-18監督に就任[7][8]。2014年からはU-18監督を兼ねつつトップチームのアシスタントコーチに就任[9]。2015年にJFA公認S級コーチライセンスを取得[10]

2016年シーズンをもって選手時代から11年在籍した長崎を退団し、2017年シーズンからギラヴァンツ北九州の指揮を執ることが発表された[11]

エピソード[編集]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1993 早大 - - - 2 0 2 0
1994 横浜F - J 31 1 2 0 2 0 35 1
1995 25 4 - 2 0 27 4
1996 9 1 3 0 1 0 13 1
1997 19 20 2 9 0 4 0 33 2
1998 7 22 0 3 0 4 0 29 0
1999 C大阪 J1 30 0 4 0 2 0 36 0
2000 11 0 2 0 - 13 0
川崎 34 15 1 7 0 1 0 23 1
2001 大分 14 J2 40 0 2 0 3 0 45 0
2002 福岡 33 22 0 - 4 0 26 0
2003 8 27 1 - 3 0 30 1
2005 長崎 九州 18 5 - - 18 5
2006 14 13 2 - 1 0 14 2
2007 16 1 - 3 0 19 1
2008 17 2 - - 17 2
2009 JFL 21 0 - 0 0 21 0
2010 9 0 - 1 0 10 0
2011 三菱長崎 九州 - -
2012 - -
2013 - 0 0
通算 日本 J1 163 9 30 0 16 0 209 9
日本 J2 89 1 9 0 10 0 108 1
日本 JFL 30 0 - 1 0 31 0
日本 九州 64 10 - 4 0 68 10
日本 - - 2 0 2 0
総通算 346 20 39 0 33 0 418 20

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦
順位 勝点 試合 Jリーグカップ 天皇杯
2017 北九州 J3 - - 32 - - - - -

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 企画「原田武男物語 V・ファーレン長崎」(1)”. 龍〜なが 長崎新聞ホームページ. 長崎新聞社 (2008年6月25日). 2014年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月8日閲覧。
    企画「原田武男物語 V・ファーレン長崎」(2)”. 龍〜なが 長崎新聞ホームページ. 長崎新聞社 (2008年6月18日). 2014年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月8日閲覧。
    企画「原田武男物語 V・ファーレン長崎」(3)”. 龍〜なが 長崎新聞ホームページ. 長崎新聞社 (2008年7月2日). 2014年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月8日閲覧。
  2. ^ [1]
  3. ^ a b “原田と竹村がフロント入り、活躍誓う 「国体出場やユースなど指導に期待」と社長”. (2011年2月11日). http://www.nagasaki-np.co.jp/news/v-varen/2011/02/11115727.shtml 2016年12月8日閲覧。 
  4. ^ 宇都宮徹壱 (2014年9月12日). “幸野志有人、サッカー人生を懸けた古巣戦天皇杯漫遊記ラウンド16 千葉対長崎”. スポーツナビ. 2016年12月8日閲覧。
  5. ^ 佐賀初のJリーガー原田選手、母校浜小で引退試合 - 佐賀新聞 2011-02-27
  6. ^ 佐賀の母校で両親らに最後の雄姿 元V長崎のMF原田 - 長崎新聞 2011-02-28
  7. ^ “「U―18」設立 J参入条件、監督に元主将の原田氏”. 長崎新聞. (2012年6月20日). http://www.nagasaki-np.co.jp/news/v-varen/2012/06/20092200.shtml 2016年12月8日閲覧。 
  8. ^ V・ファーレン長崎U-18設立及び原田武男監督就任のお知らせ, , V・ファーレン長崎, (2012年5月18日), オリジナル2012年8月21日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20120821015941/http://www.v-varen.com/%EF%BD%96%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3%E9%95%B7%E5%B4%8E%EF%BD%95%EF%BC%8D%EF%BC%91%EF%BC%98%E8%A8%AD%E7%AB%8B%E5%8F%8A%E3%81%B3%E5%8E%9F%E7%94%B0%E6%AD%A6%E7%94%B7%E7%9B%A3 2016年12月8日閲覧。 
  9. ^ “長崎旋風”再び 2014シーズンに挑むV・ファーレン長崎を直前展望”. サッカーキング (2014年2月28日). 2016年12月8日閲覧。
  10. ^ 元日本代表DF大岩、元横浜Fの原田ら6名にJFA公認S級ライセンスを承認”. サッカーキング (2015年10月22日). 2016年12月8日閲覧。
  11. ^ “原田 武男氏 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), ギラヴァンツ北九州, (2016年12月12日), https://www.giravanz.jp/information/2016/1230146/ 2016年12月12日閲覧。 
  12. ^ 京王電鉄「あいぼりー」2009年11月号 沿線のすてきな人・村上てつやさん 4頁